ニュース

<  1 of 125 > 

◆◇◆さよなら平成◆◇◆ポイントアップキャンペーン

2019/04/18
“平成”も残すところあとわずか。という事でe-onkyo musicでは“平成”に生まれた名盤達をポイントアップいたします!

【162弾追加!】「THE IDOLM@STER」ハイレゾ

2019/04/17
プレーヤーが芸能事務所の新米“プロデューサー”となって、個性豊かな女の子達を一流のアイドルへと育て上げる育成ゲーム『THE IDOLM@STER』。もともとはアーケードゲームとしてスタートした『THE IDOLM@STER』だが、ゲームそのものの楽しさや面白さに加え、彼女らが歌う楽曲の素敵さも相まって、家庭用ゲームやCD、ライブイベント、ラジオ、そしてTVアニメと、様々なメディアへと展開。いくつかの派生シリーズも誕生するなど、いまや大勢のファンに支えられた、大人気シリーズとなっている。  そんな『THE IDOLM@STER』ならではの魅力、素晴らしい楽曲の数々が、このたびハイレゾバージョンとして新たに生まれ変わることとなった。スタジオマスターに近いクオリティを持つ、リアルさ満点のサウンドで、彼女たちの歌声の魅力を存分に楽しもう!

【連載】生形三郎の「学び直し! クラシック攻略基礎講座」 1時限目その6「現代」

2019/04/15
音元出版が発行するオーディオ雑誌「NET AUDIO」誌との連動企画【生形三郎の「学び直し! クラシック攻略基礎講座」】がスタート!本企画は、オーディオアクティヴィスト(音楽家/録音エンジニア)、そして評論家としての肩書を持ち、オーディオファンのみならず、録音愛好家や音楽ファンからも支持を得る、生形三郎氏を講師にお迎えし“クラシック音楽の頻出ワード”を1から分かりやすく解説。そして関連する音源を合わせてご紹介することで、クラシック音楽の魅力をより深く知っていただこう、という連載企画です。

「NET AUDIO」誌Vol.33掲載の、生形三郎の「学び直し! クラシック攻略基礎講座」とあわせてお楽しみください。

【インタヴュー】ジルデコが放つ新しい時代のJAZZ 『ジルデコ9~GENERATE THE TIMES~』

2019/04/15
JAZZ/FUNK/R&Bをベースに音楽性の高い現在のポップスを展開する、chihiRo(Vo) kubota(G) towada(Drs)の3人からなるJiLL-Decoy association。ここe-onkyo musicでも特に高い人気を誇った『Lovely』や『Lining』など、DSDネイティヴ・レコーディングをいち早く取り入れるなど、音にも格段のこだわりを持つ彼らの最新アルバム『ジルデコ9~GENERATE THE TIMES~』が遂にハイレゾで登場。

【スペシャル・インタヴュー】 オーディオファン必聴!伊東真紀『Eternal Love』待望のハイレゾ配信開始!

2019/04/12
2017年にリリースされたファースト・アルバム『Voyage』が、ここe-onkyo musicをはじめ、オーディオ雑誌など中心に高い評価を得た女性シンガー、伊東真紀待望の新作が遂にハイレゾ配信スタート。

【161弾追加!】「THE IDOLM@STER」ハイレゾ

2019/04/12
プレーヤーが芸能事務所の新米“プロデューサー”となって、個性豊かな女の子達を一流のアイドルへと育て上げる育成ゲーム『THE IDOLM@STER』。もともとはアーケードゲームとしてスタートした『THE IDOLM@STER』だが、ゲームそのものの楽しさや面白さに加え、彼女らが歌う楽曲の素敵さも相まって、家庭用ゲームやCD、ライブイベント、ラジオ、そしてTVアニメと、様々なメディアへと展開。いくつかの派生シリーズも誕生するなど、いまや大勢のファンに支えられた、大人気シリーズとなっている。  そんな『THE IDOLM@STER』ならではの魅力、素晴らしい楽曲の数々が、このたびハイレゾバージョンとして新たに生まれ変わることとなった。スタジオマスターに近いクオリティを持つ、リアルさ満点のサウンドで、彼女たちの歌声の魅力を存分に楽しもう!

【連載】ヴァイオリニスト寺下真理子の「音楽の神様に愛される音楽家になるために」 第3回

2019/04/12
『AVE MARIA』『ロマンス』の2作のソロ・アルバムがオーディオファンからも高い人気を誇るヴァイオリニスト、寺下真理子。ソロでの活動のほか、最近では「美少女戦士セーラームーン Classic Concert」への出演やテレビのバラエティ番組への出演などでも注目を集める彼女の新連載、ヴァイオリニスト寺下真理子の「音楽の神様に愛される音楽家になるために」がスタート。演奏家がどのようなことを考え、どのように音楽を捉えているか、など、演奏家視点でクラシックをご紹介します。

秋山和慶指揮✕中部フィルのブラームス・ツィクルス完結!

2019/04/12
日本を代表する名指揮者・秋山和慶が率いる中部フィルハーモニー交響楽団のブラームス・ツィクルス。昨年リリースされた第1弾(交響曲第1番&大学祝典序曲)、第2弾(交響曲第2番&悲劇的序曲)に続いて、このたび待望の第3弾&第4弾が配信開始となりました。第3弾は「交響曲第3番」、第4弾は「交響曲第4番」「ハイドンの主題による変奏曲」を収録。中部フィルが約1年をかけて取り組んだ「ブラームス・ツィクルス」が、ついに完結となりました。

【4/12更新】 印南敦史の名盤はハイレゾで聴く

2019/04/12
月間50本以上の書評を執筆する書評家であり、ベストセラー『遅読家のための読書術――情報洪水でも疲れない「フロー・リーディング」の習慣』の作家としても知られ、更にヒップホップなどのブラック・ミュージックからクラシックまでを幅広くフォローする異色の音楽評論家としての顔を持つ印南敦史による連載「印南敦史の名盤はハイレゾで聴く」。

配信予告

2019/04/12
<  1 of 125 > 

 | 

 |   |