【最大48%オフ】新旧洋楽ヒッツ・プライスオフ・キャンペーン!

2022/10/19

名盤の宝庫「ユニバーサルミュージック」の珠玉の洋楽ヒッツを期間限定プライスオフ!
いつの時代も色褪せない名盤から最新のヒット作を年代別にご紹介致します。
是非この機会に「ユニバーサルミュージック」の洋楽の数々をハイレゾでお楽しみください!

【最大48%オフ】新旧洋楽ヒッツ・プライスオフ・キャンペーン!



■対象作品:以下で紹介の52アイテム >>作品一覧ページ
■実施期間:~2022年12月13日(火)

※プライスオフ後の価格が、各ページに表示されています。
※アルバム販売のみプライスオフが適用されます。


60's HITS!


3,7482,810

『Fresh Cream』
Cream



エリック・クラプトン、ジャック・ブルース、ジンジャー・ベイカーの3人で結成されたスーパー・グループの記念すべきファースト・アルバム。マディ・ウォーターズ、ロバート・ジョンソンやウィリー・ディクソンなどのブルース曲に新鮮なアプローチを示している。(1966年発表)


3,7482,810

『Disraeli Gears』
Cream



エリック・クラプトン、ジャック・ブルース、ジンジャー・ベイカーから成る史上最強のロック・トリオ、クリームのエポックメイキングな2ndアルバム。代表曲「ストレンジ・ブルー」「サンシャイン・ラヴ」他、テクニカルなブルース・ロックに強烈なオリジナリティが付加されたことで、ロック史に残る名盤となった。(1967年発表)


3,7482,810

『The Velvet Underground & Nico[45th Anniversary]』
The Velvet Underground, Nico


バナナのジャケットで有名な、衝撃のデビュー・アルバム。ストレートなロックン・ロールとノイズの饗宴。ルー・リードとジョン・ケイルという二人の天才のせめぎ合いが奇跡の名盤を生んだ!アンディ・ウォーホール・プロデュース。(1967年発表)



4,4512,810

『Music From Big Pink』
The Band


ボブ・ディランとの地下室での作業を経て制作された、ザ・バンド衝撃のデビュー・アルバム。カントリー、フォーク、ブルース、ソウルなどのルーツ・ミュージックに深く根差したアーシーで粘っこいサウンドは、カラフルなポップさが持て囃されたシーンの潮流を一瞬で変えてしまった。 (1968年発表)


3,7482,108

『Blind Faith』
Blind Faith


エリック・クラプトン/スティーヴ・ウィンウッド/リック・グレッチ/ジンジャー・ベイカーから成るスーパー・バンドの唯一のアルバム。(1969年発表)


 

 

70's HITS!


3,2592,445

『John Barleycorn Must Die』
Traffic


スティーヴ・ウィンウッドのソロ・アルバムのレコーディングに、クリス・ウッドとジム・キャパルディが参加したことにより一気に再編されることになったトラフィック。そんな彼らが復活をアピールするようにリリースした通算四作目となるアルバム。(1970年発表)


2,6482,445

『Innervisions』
Stevie Wonder


「汚れた街」「ハイアー・グラウンド」他、スティーヴィーのマルチな才能が遺憾なく発揮された名曲を全編に揃える、70年代黄金の3部作の2作目にして最高傑作との呼び声も高き作品。グラミー賞“最優秀アルバム賞”受賞。(1973年発表)


3,8712,445

『Band On The Run』
Paul McCartney, Wings


『バンド・オン・ザ・ラン』はビートルズ解散後のポールのアルバムとしては5作目、ウイングス名義では3作目にあたり、全英、全米とも1位に輝き、大ヒットを記録した。ビートルズ解散後、ポール・マッカートニーが最も成功したアルバムである。(1974年発表)



3,8712,445

『Fly Like An Eagle』
Steve Miller Band


全米チャート1位に輝いた「ロックン・ミー」や同2位の「フライ・ライク・アン・イーグル」などのヒット曲をフィーチャーした通算9作目。アルバムとしては全米3位。イギリスでも初のランク・インを果たして最高位11位を記録するなど、バンドが世界的に認められるきっかけにもなった名盤。(1976年発表)


3,7482,810

『461 Ocean Boulevard』
Eric Clapton


ソロ活動のレギュラー・グループを率いて全米1位に輝いたロック史上に残る名盤中の名盤。プロデューサーはトム・ダウド。ボブ・マーリーのカヴァー「アイ・ショット・ザ・シェリフ」収録。長い隠遁生活に終止符を打ったクラプトンが、本作で力強いカムバックを果たした。(1974年発表)


3,2592,445

『Slowhand』
Eric Clapton


全米2位を獲得した、クラプトンの代表作に数えられる名盤!!現在もコンサートで採り上げられる「コカイン」「ワンダフル・トゥナイト」「レイ・ダウン・サリー」など代表曲目白押し!(1977年発表)



3,8712,445

『My Aim Is True』
Elvis Costello


70年代UKパンク・ムーヴメントの最中、一際異彩を放った怒れる男=エルヴィス・コステロの記念すべきデビュー作。デビュー・シングル「レス・ザン・ゼロ」や、リンダ・ロンシュタットのカヴァーも有名なバラード「アリソン」他、ニック・ロウのプロデュースによるシンプルで小気味良いサウンドが魅力の1枚。(1977年発表)


3,7482,810

『Get The Knack』
The Knack


全米チャートで5週連続1位を獲得。世界中で500万枚以上のセールスを記録した衝撃のデビュー・アルバム。シングル・カットされた「マイ・シャローナ」は6週連続全米1位、その年の年間チャートでもナンバーワンになるなど泣く子も黙るロック・アンセム。(1979年発表)


 
 




80's HITS!


4,2782,445

『Reckless[Expanded Edition]』
Bryan Adams


売り上げ枚数1200万枚以上、80年代を代表しブライアンのキャリアを決定付けた名作が蘇る!(1984年発表)


3,7482,810

『Appetite For Destruction』
Guns N' Roses


伝説はここから始まった。圧倒的なパワーと完成度を誇るGN'R衝撃のデビュー・アルバム。彼らの代名詞でもある「ウェルカム・トゥ・ザ・ジャングル」、全米No.1シングル「スウィート・チャイルド・オブ・マイン」、ステージのハイライト「パラダイス・シティ」など、ロック史に堂々と聳える金字塔と呼ぶに相応しい作品。(1987年発表)


3,2592,445

『Permanent Vacation』
Aerosmith


エアロスミス史上最大のヒットとなった「エンジェル」「デュード」等を収録したゲフィン移籍第二弾。スタジオ第9作。全米11位。(1987年発表)



3,8712,445

『Slippery When Wet』
Bon Jovi


「リヴィン・オン・ア・プレイヤー」「禁じられた愛」他、ボン・ジョヴィを代表する大ヒット曲を多数収める3rdアルバム。8週連続で全米No.1をキープ、次作発表までに全米で800万枚、全世界で1700万枚を超えるセールスを記録した一大出世作。 (1986年発表)


3,8712,445

『New Jersey』
Bon Jovi


バンドのアイデンティティでもある故郷ニュージャージーの名を冠した4thアルバム。「バッド・メディシン」「ボーン・トゥ・ビー・マイ・ベイビー」という2曲の全米No.1ヒットを収め、全米では4週連続No.1を獲得。頂点の座を確固たる物とした。 (1988年発表)


 

 

90's HITS!


3,2592,445

『Nevermind』
Nirvana


「スメルズ・ライク・ティーン・スピリット」の大ヒットによってロックの潮流を完全に変え、全世界で累計3,000万枚のセールスを記録した歴史的名盤。リリース20周年を記念した最新リマスター盤。(1991年発表)


3,2592,445

『Odelay』
Beck


自身によるノイジーなギターと朴訥なヴォーカルに、ブレイクビーツやサンプリングなどをにコラージュしたサウンドで、一躍シーンの最先端へと躍り出たベックのメジャー2作目。フォーク、ロック、ヒップホップ、ワールドミュージックなど多彩なバックボーンに裏打ちされた高い音楽性は、20世紀を代表するアルバムの1つとして高い評価を得るに至った。(1996年発表)


3,7482,445

『Mutations』
Beck


BECKの“エモーショナルで、アナログな”新作が完成。コンピュータ排除、ライヴ録り……。テクノロジー時代に逆行するこだわりが、再びロック・シーンに一石を投じる。(1998年発表)


 

00's HITS!


3,2592,445

『Songs About Jane』
Maroon 5


ロック、ファンク、R&B、ヒップホップを融合させた独自のサウンドを生み出し、リリースから2年以上をかけて全米6位にランク・インするという空前のロング・セールスを記録し、グラミー賞の“最優秀新人賞”をもたらした記念すべきデビュー・アルバム。大ヒット曲“サンデイ・モーニング”“ディス・ラヴ”“シー・ウィル・ビー・ラヴド”“ハーダー・トゥ・ブリーズ”収録。(2002年発表)


 

 

10's HITS!


4,4812,445

『BORN THIS WAY THE TENTH ANNIVERSARY』
Lady Gaga


レディー・ガガの世界売上枚数1200万枚を誇る不朽の名作『ボーン・ディス・ウェイ』発売から10年を記念したスペシャル・アルバム!(2011年発表)


3,2592,445

『True Colors』
Zedd



EDMとポップ・ミュージックの架け橋として全世界が注目するDJ/プロデューサー=ゼッド、セカンド・アルバム!大ヒット・シングル ”アイ・ウォント・ユー・トゥ・ノウ feat. セレーナ・ゴメス”収録!(2015年発表)


3,8712,445

『Red Pill Blues[Deluxe]』
Maroon 5



ケンドリック・ラマーやエイサップ・ロッキー等アメリカを代表するラッパーを多数フィーチャリング・アーティストに迎え、プロデュースにはディプロやチャーリー・プースが参加。ジャンルを飛び越えて仕上げられたサウンドはまさにマルーン5が作るPOPS革命とも言える。(2017年発表)



3,2592,445

『ラ・ラ・ランド[オリジナル・サウンドトラック]』
ヴァリアス・アーティスト


心躍る夜のタップ・ダンス、現実に直面する一人芝居、最後と決めたオーディションなど、感動のシーンを彩る楽曲を収録。劇中のテーマのひとつでもあるジャズを中心に、主演のライアン・ゴズリングとエマ・ストーンが歌うあの曲もこの曲も網羅!ジョン・レジェンドの書き下ろし未発表曲も収録!(2017年発表)


3,2592,445

『Return To Ommadawn』
Mike Oldfield



正に原点回帰!70年代の「チューブラー・ベルズ」スタイルに戻った3年振りの新スタジオ・アルバムが登場!
Mike Oldfield自身がソングライティング、演奏、レコーディング、ミックス、プロデュースを自宅スタジオで手がけ、収録曲は共に20分を超えるインスト作品「Pt. I」と「Pt. II」の2曲という大作!(2017年発表)


2,6482,445

『Evolve』
Imagine Dragons



2014年のグラミー賞にて最優秀ロック・パフォーマンスを受賞し、全世界で1,400万枚近くのアルバムセールスを記録しているモンスターバンドの3枚目のアルバムがついに発売。
1stシングル「Believer」ではミュージック・ビデオに映画『ロッキー4』でおなじみ、ドルフ・ラングレンが出演。2ndシングル「Thunder」は1週間に全世界で140万回近くストリーミングサイトで試聴されているなど、その規格外な注目度は健在です!(2017年発表)


3,8712,445

『Origins[Deluxe Edition]』
Imagine Dragons



全米セールス数は200万を超え、発売後1年以上もビルボード・アルバム・チャートTOP 20入りした衝撃の大ヒット作『エヴォルヴ』(2017)に続くニュー・アルバムが、早くも登場!(2018年発表)


3,8712,445

『Gravity』
グリフィン



大ヒット曲「Tie Me Down」、世界最大級の音楽フェスティバル・コーチェラでAvicii「Wake Me Up」を始め今、最もEDM界で重宝されるヴォーカリスト=アロー・ブラックと共に披露した「Hurt People」等のヒット曲に加えて日本盤はデビューからのシングルを全て収録!デビュー・アルバムにして完全なるベスト・アルバムが完成!(2019年発表)


3,8712,445

『WHEN WE ALL FALL ASLEEP, WHERE DO WE GO?』
ビリー・アイリッシュ


今、世界で最も注目されるティーン・ポップアイコン=ビリー・アイリッシュ待望のデビュー・アルバムが発売!日本での初パフォーマンスとなった2018年サマー・ソニックでは16歳とは思えない圧巻のパフォーマンスで新世代のスターの登場を誰もが予感した。(2019年発表)


 

 

2020 HITS!


3,8712,445

『Chromatica』
レディー・ガガ


前作オリジナル・アルバム『ジョアン』から約3年半。全世界で大ヒットした『アリー/ スター誕生 サウンドトラック」を経て、“レディー・ガガ”名義としては6枚目となるオリジナル・アルバム!今作は、レディー・ガガの代名詞であるダンス・ポップなアルバム。原点回帰する一方で、アリアナ・グランデやエルトン・ジョン、BLACKPINKなど年齢・性別・国籍を問わない幅広いコラボ曲も収録!


3,8712,445

『Manic』
ホールジー


1st、2ndと全米アルバム・チャート1位を獲得してきたホールジーの3rdアルバム!全米1位を獲得し、リリース以降45週を超える今もなおBillboard HOT 100にランクインし記録を伸ばしている「ウィズアウト・ミー」を収録した、自身3作目となるスタジオ・アルバム。


3,8712,445

『After Hours』
ザ・ウィークエンド


メランコリックでエモーショナル、唯一無二の音楽性で世界を魅了する“新世代R&Bスター”、ザ・ウィークエンド。2018年12月の初来日公演も記憶に新しい彼が、オリジナル・アルバムとしては『スターボーイ』(2016年)以来となる待望の新作『アフター・アワーズ』を完成させた。

4,4812,445

『Changes』
ジャスティン・ビーバー


きっと逢える、新しいジャスティンに―。前作『パーパス』から5年、多くの苦難を経験しアーティストとして人間として、大きく成長したジャスティン・ビーバーが放つ全世界待望の5thアルバム。


3,8712,445

『Positions』
アリアナ・グランデ


「私の居場所(ポジション)は、私が決める。」 世界の歌姫アリアナによる、約2年ぶり6枚目となるオリジナル・アルバム。


3,8712,445

『Smile』
ケイティ・ペリー


1枚のアルバムから5曲を全米1位に送り込むという、マイケル・ジャクソン以降史上2人(女性唯一)の歴史的快挙を果たした“プリンセス・オブ・ポップ”による、約3年ぶりのニュー・アルバム!



4,4812,445

『Love Goes』
サム・スミス


アルバム『ラヴ・ゴーズ』は、リリース後1週間でアルバム・セールスは 350 万枚以上に達し、70億回を超えるストリーミング再生回数を記録することとなり、本国イギリスではアルバム・チャート2位、アメリカでも5位にランクインするなど、非常な滑り出しを見せ、現在もロング・セールスを記録中。


3,8712,445

『Wonder』
Shawn Mendes


握りたくても握れない手、君を想い続けて良いのだろうかー切ない心にまっすぐな想いを詰めたラブソングの数々。カナダ出身の22歳シンガー・ソングライター=ショーン・メンデス。過去のアルバム全て全米1位を獲得している彼が、自信作と呼ぶ待望の4thアルバム。


3,8712,445

『Tickets To My Downfall』
マシン・ガン・ケリー


Blink-182のドラマーであり音楽プロデューサーのトラヴィス・バーカーがプロデュース。ラッパーでありながらもルーツにロックが根付いているMGK初のポップ・パンク・アルバム!



4,4812,445

『Notes On A Conditional Form』
THE 1975


2013年のデビュー以降、計7回の来日を果たし(うち4度もサマーソニックに出演!)、ここ日本でもファンが多いバンドの待望のニュー・アルバム
今作は、2018年11月にリリースした『ネット上の人間関係についての簡単な調査』とセットの作品。『ネット上~』が前編で、今作がそれの後編の立ち位置となる作品。


 
 




2021 HITS!


3,8712,445

『Happier Than Ever』
Billie Eilish


ビリー・アイリッシュ全世界待望の2ndアルバム発売! 「マイ・フューチャー」「ゼアフォー・アイ・アム」「ユア・パワー」などヒットシングルを多数収録。


3,8712,445

『SOUR』
Olivia Rodrigo


彼女の物語に、世界中が共感!デビュー曲が前代未聞の大ヒットとなり、音楽業界が騒然の現役女子高生アーティスト=オリヴィア・ロドリゴ。デビューからわずか4カ月でデビュー・アルバムの発売が決定!リスナーの心に寄りそう繊細な作詞、感性豊かな作曲、透き通った歌声で、あなたを『甘酸っぱい』渦に巻き込んでいく・・・。そんなオリヴィアの魅力が詰まった貴重な一枚!


4,4812,445

『Love For Sale[Deluxe]』
Tony Bennett, Lady Gaga


トニー・ベネット&レディー・ガガによる初のジャズ・アルバム『チーク・トゥ・チーク』より7年。2人が再度タッグを組み、2枚目となる共作ジャズ・アルバムをリリース。今作は、コール・ポーター(アメリカの作曲家・作詞家 / 1891-1964年)の音楽の世界をトニーとガガが声で体現。


3,8712,445

『Dawn Of Chromatica』
Lady Gaga



レディー・ガガが昨年リリースし、世界的ヒットとなった最新アルバム『クロマティカ』のリミックス・アルバムが登場。チャーリーXCXやリナ・サワヤマ、ムラ・マサなどが参加。


3,4642,445

『 If I Can’t Have Love, I Want Power』
Halsey


大ヒット作『マニック』から約1年半ぶりにリリースとなるのが今作の4thアルバム。 アルバム・コンセプトは「キャリアvs家庭」や「女性の苦悩」。今年1月に自身のSNSで発表した通り、今夏第一子を出産することにより「母」になるホールジー。そんな彼女が、アーティストとして、一人の女性として、そして母として、今想うことを書き留めた作品。


4,4812,445

『The Highlights』
The Weeknd



記憶に新しい『アフター・アワーズ』(2020)からの楽曲はもちろんのこと、ダフト・パンクと制作し、全米一位を獲得した「スターボーイ」や、2015年7月25日付のビルボードR&Bチャートにおいて、1人で上位3位独占するという、同チャート史上初の快挙となった「キャント・フィール・マイ・フェイス」、「ザ・ヒルズ」、「アーンド・イット」など、全18曲を収録。


3,8712,445

『Justice』
Justin Bieber


レ全米1位に輝いた前作『チェンジズ』から約1年、パンデミックの最中に生まれた6作目となるスタジオ・アルバム。ヒット・シングル「エニワン」(米6位)、「ホーリー」(米3位)、「ロンリー」(米12位)などを収録。2021年第63回グラミー賞に参加楽曲含む4作でノミネートされ、触れるもの全てに魔法を掛ける21世紀のキング・オブ・ポップ最新作!


4,6852,445

『JORDI[Deluxe]』
Maroon 5


2002年のデビュー以来、最優秀新人賞を含む3度のグラミー賞を受賞し、シングル、アルバム共に全米英1位を幾度となく獲得している世界的ポップ・バンド:マルーン5の4年ぶり7作目となるスタジオ・アルバム。順風満帆なキャリアの最中、幼馴染でありマネージャーであったジョーダン・フェルドスタイン(通称:ジョーディ)が2017年に急逝。本作は共に歩んできた旧友を亡くして以来、初めてリリースするアルバムとなる。


3,8712,445

『Human[Deluxe]』
OneRepublic


今作は、2016年に4枚目のフルアルバム『オー・マイ・マイ』リリース後、5枚目となるファン待望のアルバム『ヒューマン』。5年間温めた作品で、再びワンリパブリック旋風を巻き起こす。



3,8712,445

『life's a beach』
easy life


英・レスター出身の5人組オルタナティヴ・バンド。マレー、サム、ルイス、オリバー、ジョーダンの5人から成るクインテット・グループ。2017年に地元のパブで結成。 バンド結成から僅か2年で、サム・スミスやアデルなどを輩出したUKの新人登竜門「SOUND OF 2020」で2位を獲得し、現在人気急上昇中の新星アーティスト。


4,2782,445

『weird!』
YUNGBLUD


今作は、世界中がコロナ禍になり「なんか変だ!でも頑張って生きよう!」と鼓舞する「Weird!」(意味:変/おかしい」をタイトルにした2ndアルバム。数々のライヴや世界的フェスティヴァルへの出演、一流アーティストとのコラボを経て、一回り大きくなったヤングブラッドによる待望のニュー・アルバム!


 

 | 

 |   |