Ozzy Osbourne『Patient Number 9』配信記念ポイント10%キャンペーン!

2022/09/09

HR/HMの帝王、オジー・オズボーンのニュー・アルバム『Patient Number 9』がハイレゾでも登場!ジェフ・ベック、エリック・クラプトン他、オジーのアルバム史上最も豪華なゲスト陣が参加。e-onkyo musicではこれを記念し、最新作『Patient Number 9』を含むオジー・オズボーンのカタログ作品のポイントアップキャンペーンを実施します!

Ozzy Osbourne『Patient Number 9』
配信記念ポイントアップキャンペーン


期間中、本キャンペーンの対象作品をアルバム購入でもれなく10%*にポイントアップいたします。

*シルバー会員様は10%、ゴールド会員様は11%、ダイヤモンド会員様は12%のポイントがそれぞれ付与されます。
楽天ペイ決済をご利用の場合、シルバー会員様は9%、ゴールド会員様は10%、ダイヤモンド会員様は11%のポイントがそれぞれ付与されます。


期間:2022年9月9日(金)~9月30日(金)23:59:59まで
対象アイテム:このページでご紹介の15作品
※ポイントアップは“アルバム購入”のみ対象となります
※ポイント付与は税抜き金額が基準となります


>>ポイントアップ対象作品一覧はこちら

New Release

【9月9日 Release】

Patient Number 9』
Ozzy Osbourne


オジー・オズボーンのニュー・アルバム『Patient Number 9』 ジェフ・ベック、エリック・クラプトン他、オジーのアルバム史上最も豪華なゲスト陣が参加!


Original Albums



『Blizzard Of Ozz (40th Anniversary Expanded Edition)』
Ozzy Osbourne


1980年作品。ブラック・サバスを脱退したオジーが新たにバンドを結成、自ら復活を確信づけた記念すべきソロ・ファースト・アルバム。ハードロックの伝統を受け継ぎ、ドラマチックかつダイナミックなサウンドを作り上げた。中でも今は亡きスーパー・ギタリスト、ランディ・ローズのプレイは圧巻!クワイエット・ライオット在籍後、参加したランディはこの1枚によって大注目を集め話題となる。完成度が高くメロディー・メーカーとしての才能が発揮されたハード・ロック史における不朽の名作。メタル最重要アルバムの一枚。
(オリジナル発売:1980年)



『Diary Of A Madman』
Ozzy Osbourne



オジー&ランディ、史上最高のコンビならではの名作が詰まっているオジーのセカンド・アルバム。静と動を巧みに使い分けるメロディアスでクラシックなランディのギター・プレイは当時広く注目され今作によってランディ・ローズの人気を決定付けた!ハード・ロックのスタンダード盤として永遠に生き続ける傑作。
(オリジナル発売:1981年)


 

『Bark At The Moon
(Expanded Edition)』
Ozzy Osbourne


“マッドマン”から“狼男”へ変貌をとげたオジーのソロ4枚目にあたるアルバム。ギターにジェイク・E・リーを迎え、新生オジー伝説が究極まで詰まった傑作!
(オリジナル発売:1983年)



『The Ultimate Sin』
Ozzy Osbourne



1986年作品。ジェイク・E・リーが初参加した前作から3年、ジェイク以外のレコーディングメンバーは一新。ベースにフィル・スーザン、ドラムにランディ・カステロが参加している。オジー自身の基本的な方向性には大きな変化はなく、ハード&ヘヴィなサウンドとドラマティックな曲調は健在。「暗闇にドッキリ!」は邦題のインパクトで当時物議をかもしたが、大ヒット!邦題の元になったのは有名な映画のタイトルからだったよう。
(オリジナル発売:1986年)



『No Rest for the Wicked
(Expanded Edition)』
Ozzy Osbourne


新生オジー・オズボーン復活の第一弾。オジー・バンドの鍵を握る重要パートのひとつであるギター・セクションには若きスーパー・ギタリスト、ザック・ワイルドが新加入。ピッキング・ハーモニクスやチキンピッキングにインパクトのある、ウルトラ・ギターが炸裂! このアルバムでザックの名が世界中に知れ渡った。オジーの復活をサポートするに相応しい絶妙のギター・プレイを披露してくれる。そしてベースには元ブラック・サバスのギーザー・バトラーが参加。ドラムはおなじみのランディ・カステロ。スピード感溢れた演奏がオジーのヴォーカルを盛り立てている。
(オリジナル発売:1988年)


 


『No More Tears
(Expanded Edition)』
Ozzy Osbourne


衝撃の引退宣言後リリースされた、オジー伝説第一章のラスト・アルバム。ザック・ワイルドのギターが冴え渡る今作は後のオジーの音楽性を示唆する名盤として生き続けるメロディアスで人間性溢れる一枚。オジー突如の引退宣言の後にリリースされたスタジオアルバムとしては6作目。圧巻なオーケストレーションがへヴィー感を演出する、サウンド作りが完璧なタイトル・トラック!ダブルプラチナを獲得した名盤.
(オリジナル発売:1981年)



『Ozzmosis (Expanded Edition)』
Ozzy Osbourne


1995年作品。オジー最後のアルバムとして当時発表された『No More Tears』、それ以来4年の月日を経て、その引退宣言を撤回してザック・ワイルド(G)、盟友ギーザー・バトラー(B)、ディーン・カストロノヴォ(Ds)を迎えて発表されたソロ7作目となるスタジオ作。名曲“Perry Mason”を始め、オジーならではなへヴィでリフの効いた楽曲が多数収録され、見事に復活を遂げた。ダブルプラチナ獲得!
(オリジナル発売:1995年)



『Down To Earth』
Ozzy Osbourne


前作『オズモシス』から6年ぶりとなる通算8作目のスタジオアルバム。プロデューサーはU2やTHE CUREなどを手掛けたティム・パーマー。復帰したザック・ワイルド(G)、ロバート・トルゥージロ(B)、マイク・ボーディン(Ds)をメンバーとし、前任ギタリストであったジョー・ホームズやフォリナーのミック・ジョーンズ、エアロスミスとの活動でも知られるマーティー・フレデリクセンも参加。
(オリジナル発売:2001年)



『Black Rain (Expanded Edition)』
Ozzy Osbourne


重さを超えた先に何が見える! 人類最年長で、最重量。 鋼鉄歴40年のOZZYが、還暦前に音楽界に9度目の熱き楔を打ち込む! ヘヴィ・ロックの源流、そして永遠の問題児、攻める漢OZZYが放つ予測不能の一撃!! ヘヴィ・ロック史を黒く塗り替える名曲揃いのアルバム遂に完成! 07年夏、新章の幕開けが告げられる・・・。
(オリジナル発売:2007年)



『Scream (Expanded Edition)』
Ozzy Osbourne


20年来のパートナー、ザック・ワイルド(g)と袂を分かち、新たにガス・Gを迎え新体制で制作された記念すべきソロ10作目がリリース!
今までのキャッチーなメロディはそのままに、よりアグレッシヴに、よりファストに、攻めて攻めて攻めまくる。
長き渡るソロキャリアの第2章とでも言うべき新たなスタイルは、全米No.1視聴率ドラマ「CSI ニューヨーク編」でのタイアップにより既に一部公開されている1st single”Let Me Hear You Scream”にその進化がはっきりと表れている。
(オリジナル発売:2010年)



『Ordinary Man』
Ozzy Osbourne


ブラック・サバスのデビューから50周年、そしてソロ・デビューから40周年を迎えた2020年、ついにヘヴィ・メタルの帝王が動き出した。オジーにとって実に30年ぶりの全米トップ10ヒットとなったポスト・マローンとのコラボ曲「テイク・ホワット・ユー・ウォント」で組んだプロデューサー/ギタリストのアンドリュー・ワットを迎えて制作された本作は、リズム・セクションにガンズ・アンド・ローゼズのダフ・マッケイガン(B)とレッド・ホット・チリ・ペッパーズのチャド・スミス(Dr)、さらにスラッシュ(G)、トム・モレロ(G)、エルトン・ジョン(Vo/Pf)、そして今をときめくポスト・マローン(Vo)という驚きの布陣で創り上げた。“非凡”な男が自身のマッドマン人生を総括するようなタイトルが並ぶ本作は、過去幾度となく死にかけてきたオジー復活劇の始まりか、それとも渾身のラスト一撃か!? 
(オリジナル発売:2020年)


 
 



Greatest Hits Albums & Live Albums



『The Essential Ozzy Osbourne』
Ozzy Osbourne


2022年「THE OSBOURNES」の大成功により一躍時の人として大注目を浴びた"HR/HM界の帝王"オジー・オズボーン。次女のケリーや長男のジャックは既に世界的にティーンエイジャーのアイドルと化し、特にケリーはソロ・デビューを果たす等まさに怖い物無しの史上最強の一家になり音楽ファン以外の一般層まで幅広く認知されている中、番組内で使用され特にヨーロッパで大ヒットを飛ばした”MAMA I'M COMINGHOME”や”DREAMER”を収録したベスト盤のリリース要望が殺到し急遽リリースされる事になった注目の2枚組ベスト・アルバムです。初期の名作からライヴの定番楽曲はもちろん最新作「DOWN TO EARTH」まで、オジーの音楽性の魅力がこのアルバムで改めて認識出来るマニアはもちろん初心者にとっても入門書となるべく待望のベスト・アルバムです。
(オリジナル発売:2003年)



『Memoirs of a Madman』
Ozzy Osbourne


80年(日本81年)にソロ・デビューして以来、数々の名曲と伝説を残してきたオジーの30年のキャリアを総括する最新リマスター・ベスト・アルバム登場!この最新ベストは1stアルバム『ブリザード・オブ・オズ~血塗られた英雄伝説』から現時点での最新となる10thアルバム『スクリーム』(10年)まで、オジーの鉄板代表曲を簡潔に網羅しており、オジー初心者から上級者まで満足させられる“オールタイム・ベスト”。
(オリジナル発売:2014年)


 

『Tribute』
Ozzy Osbourne


1987年作品。オジー・オズボーン・バンドの初代ギタリスト、ランディ・ローズが在籍していた時代の貴重なライヴ・アルバムで、81年のカナダ・ツアーを収録したものです。当時のバンド・メンバーはオジー、ランディの2人にルディ・サーゾ(B)、トミー・アルドリッジ(Ds)という最強の顔ぶれが揃っていました。13曲のライヴに加え、ファースト・アルバム『ブリザード・オブ・オズ』に収録されていた「ディー」の未発表スタジオ・ライヴも収められています。オジーの作品の中でも、ランディ人気によりロングセラーを続けるカタログのひとつになっています。
(オリジナル発売:2008年)

 | 

 |   |