中部フィル創立20周年記念!ライブ音源配信スタート!「秋山和慶のブラームス・ツィクルス」 も期間限定20%オフで配信中

2022/07/08

秋山和慶が率いる中部フィルハーモニー交響楽団の創立20周年ライブ音源、配信スタート


 指揮者・秋山和慶が率いる、中部圏を代表するオーケストラ「中部フィルハーモニー交響楽団」。
 2000年に小牧市交響楽団としてスタートした同団は、定期演奏会や特別演奏会にとどまらず、小中学校巡回演奏や各施設でのボランティア演奏などを行い、地域に根ざしたプロオーケストラとして活動。愛知県芸術文化選奨新人賞受賞などの評価を経て、2020年に創立20周年を迎えました。
 その記念年を祝して、翌2021年8月7日に開催された「中部フィルハーモニー交響楽団創立20周年記念コンサート」のライブ音源が、このたび配信開始されました。

 この記念コンサートで収録されたのは、ショスタコーヴィチの「祝典序曲 Op. 96」、サン=サーンスの「交響曲第3番 ハ短調『オルガン付き』」、そしてアンコールの「エニグマ変奏曲 Op. 36 - ニムロッド」。さらに、2018年4月19日開催の定期演奏会のライブ録音であるシューベルトの「未完成交響曲」を加えた、記念年にふさわしい華やかで充実したアルバムとなりました。

指揮者は、同団の芸術監督・首席指揮者をつとめる秋山和慶。サン=サーンスの交響曲のオルガン演奏は、愛知県芸術劇場コンサートホールの劇場専属オルガニスト都築由理江がつとめました。劇場と楽器の特性を熟知した奏者による、バランス感と風格のある演奏を堪能できます。


収録トラック
01 ショスタコーヴィチ: 祝典序曲 Op. 96
02-05 サン=サーンス: 交響曲第3番 ハ短調「オルガン付き」 Op. 78 
06 エルガー: エニグマ変奏曲 Op. 36 - 第9変奏「ニムロッド」
07-08 シューベルト: 交響曲第8番 ロ短調「未完成」 D. 759




「秋山和慶のブラームス・ツィクルス」20%オフ配信中


さらに、7月1日よりe-onkyo musicで好評開催中の「2022年サマーキャンペーン」にて、中部フィルの人気シリーズ「秋山和慶のブラームス・ツィクルス」(I~IV)全4作を20%オフで配信中です。

 このシリーズは、2017年から2018年にかけて定期演奏会で録音された、ブラームスの全4作の交響曲のライブ録音。「ハイドン・モーツァルト・ベートーヴェンを経て至る、ロマン派の岩山のような存在」と秋山が語るブラームスの傑作を、まだ若いアーティストも多い中部フィルのメンバーが、秋山の指導のもと真摯に奏でています。


三井住友海上しらかわホールでのブラームス・ツィクルス 演奏風景



録音が行われたのは、同団の名古屋での活動拠点である三井住友海上しらかわホール。しらかわホールは、「オーケストラの中に自分が入ったような一体感を味わえる」豊かでまとまりの良い音響に定評がありながら、惜しくも2024年2月末の閉館が発表されました。長江和哉が率いるレコーディング・チームが、このホールの魅力を存分に活かした質の高い録音を手掛けています。

愛知県芸術劇場コンサートホールで録音された『中部フィルハーモニー交響楽団 創立20周年記念コンサート』との聴き比べもおすすめです。




しらかわホールでのマイクセッティング




◆◇◆




期間限定 20%オフで配信中!(2022/8/22まで)






過去の特集記事

【秋山和慶インタビュー記事】秋山和慶指揮中部フィルのブラームス・ツィクルス配信開始

秋山和慶指揮✕中部フィルのブラームス・ツィクルス第2弾配信開始

秋山和慶指揮✕中部フィルのブラームス・ツィクルス完結!

 


 

 | 

 |   |