Days of Delightレーベル最新作!テナーサックスの巨星・山口真文がピアノレスで臨む渾身のニューアルバム

2022/06/22

日本の現在進行形のリアルなジャズ紹介し、「日本のジャズのサウンド」にこだわったリリースを続けるDays of Delightレーベル。その最新作は、テナーサックスの巨星・山口真文がピアノレスで臨む渾身のニューアルバム


半世紀にわたって日本ジャズ界を牽引する
山口真文の野心的な新録音!
Trinity
山口真文



”コードレス”ゆえに立ち現れる広い空間に山口真文の音像が造形されていく

山口 真文にとって5年ぶりの新譜となる『Trinity』は、あえてピアノを排して臨んだ意欲作。信頼する小牧 良平(b)と本田 珠也(ds)が脇を固めるコードレス・トリオという編成です。“コードレス”ゆえに立ち現れる広い空間に、山口 真文の音像が造形されていく様はじつにスリリング。高純度かつ高濃度のサウンドが上質な緊張感を生み出します。

【演奏者】
山口 真文 tenor & soprano sax
小牧 良平 bass
本田 珠也 drums

【収録曲】
1. Stella by Starlight
2. Round Midnight
3. Summertime
4. Someday My Prince Will Come
5. Solar
6. Everything Happens To Me
7. The Night Has a Thousand Eyes
8. Yearnin’
(2021年12月11日東京録音)


「録音当日、3人の音をコントロールルームで聴いていたぼくが立ち会ったのは、粛然とひらかれた空間に真文さんの音が象徴的・立体的に造形されていく様でした。三次元のなかに威厳をもって立ち現れる、生命感を湛えた有機的な音の造形。“スケルトン空間”のなかで瞬間瞬間に姿を変える“音の動態彫刻”です」


―――Days of Delight ファウンダー&プロデューサー 平野暁臣




 




山口 真文トリオ



本田 珠也(drums)



小牧 良平(bass)




■Days of Delightレーベル 配信作品一覧⇒

 | 

 |   |