“だけじゃない”クラシック「女性作曲家」期間限定10%ポイントアップキャンペーン

2022/05/10

MUSIC BIRD「ハイレゾ・クラシック」連動企画!e-onkyo musicにてクラシック音楽を紹介する、その名も“だけじゃない“クラシック。本連載は、クラシック関連の執筆を中心に幅広く活躍する音楽ライターの原典子が、クラシック音楽に関する深い知識と審美眼で、毎月異なるテーマに沿った作品をご紹介するコーナー。注目の新譜や海外の動きなど最新のクラシック事情から、いま知っておきたいクラシックに関する注目キーワード、いま改めて聴きなおしたい過去の音源などを独自の観点でセレクト&ご紹介します。過去の定番作品“だけじゃない“クラシック音楽を是非お楽しみください。

"だけじゃない" クラシック 5月のテーマ


女性作曲家



このコラムと連動しているMUSIC BIRDの番組『ハイレゾ・クラシック』は、放送の約2ヶ月前に収録されている。ちょうど5月放送分の収録が3月8日の「国際女性デー」の頃だったので、それにちなんで「女性作曲家」をテーマにアルバムを選んでみた。

ご存じの通り、クラシック音楽の歴史に名が残っている作曲家に女性はほとんどいない。知られているのはクララ・シューマンやファニー・メンデルスゾーンぐらいだろうか。しかし、決して女性作曲家が存在しなかったわけではない。「女性が作曲すること」「女性が職業をもって自立すること」に対する風当たりが強かった時代、それでも作曲することを手放さなかった女性たちの存在に、近年、光が当てられはじめている。



 

“だけじゃない”クラシック「女性作曲家」期間限定10%ポイントアップキャンペーン


本企画掲載の8作品を期間限定ポイントアップ!対象アイテムをアルバム購入でもれなく10%*にポイントアップいたします。是非この機会に、過去の定番作品“だけじゃない“クラシック音楽を、ハイレゾでお楽しみください!

*1 シルバー会員様は10%、ゴールド会員様は11%、ダイヤモンド会員様は12%のポイントがそれぞれ付与されます。
楽天ペイ決済をご利用の場合、シルバー会員様は9%、ゴールド会員様は10%、ダイヤモンド会員様は11%のポイントがそれぞれ付与されます。


期間:2022年5月10日(火)~6月2日(木)23:59:59まで
対象アイテム:このページでご紹介の8作品 >>作品一覧ページはこちら
※ポイントアップは「アルバム購入」のみ対象となります。





★☆★



『エネルゲイア』
エミリー・ダンジェロ(Ms)


このところ、女性作曲家の作品を集めたコンセプト・アルバムが立て続けにリリースされている。世界のオペラハウスで活躍中のメゾ・ソプラノ、エミリー・ダンジェロのドイツ・グラモフォン・デビュー盤となる『エネルゲイア』もその一枚。4人の作曲家の作品で構成されている。
彼女が最初にインスピレーションを受けたのは、中世の女性作曲家、ヒルデガルト・フォン・ビンゲンだったという。女子修道院長であり、医学や薬草学の分野でも名を残し、あらゆる知に通じたマルチクリエイターだったヒルデガルト。このアルバムでは、サラ・カークランド・スナイダーとミッシー・マッツォーリというふたりの現代作曲家による編曲で、ヒルデガルトの作品を味わうことができる。
そのほか、スナイダーとマッツォーリのオリジナル作品、映画『ジョーカー』で第92回アカデミー作曲賞を受賞したヒドゥル・グドナドッティルの作品を収録。ダンジェロはそれぞれの作曲家が持つ色彩を、深い声で情感豊かに表現している。



『ルイーズ・ファランク:交響曲第1番&第3番』
ロランス・エキルベイ(指揮)インスラ・オーケストラ


交響曲を作曲した女性作曲家もいる。1804年にパリで生まれたルイーズ・ファランクはピアニストとして活躍し、1834年に最初の管弦楽曲を発表。《ロシアの歌による変奏曲》はシューマンに絶賛されたという。1842年にパリ音楽院の教授に就任し、その後30年にわたって教鞭をとったという点においても、当時の女性としては異例だった。
ここに収録された交響曲第1番は1841年、第3番は1849年に初演された。どちらもドイツ古典派の流れを汲むしっかりした構成感と、フランスらしい流麗な旋律美が同居する作品である。交響曲というと男性のイメージを抱いていた筆者も、それが単なる思い込みであったことが、このアルバムを聴いてよく分かった。
演奏は、女性指揮者のロランス・エキルベイ率いるピリオド楽器のインスラ・オーケストラ。溌溂としたリズムとヴィヴィッドな音色で、作品の魅力を最大限に引き出している。



★☆★




【もっと聴きたい 女性作曲家】




『天使の位階~ヒルデガルト・フォン・ビンゲン作品集』
セクエンツィア


ヒルデガルトは幻視体験によって神の啓示を受けていたという。『天使の位階』とは天使の階級のこと。中世音楽アンサンブル、セクエンツィアが徹底した研究のもと、残された単旋律から神秘的な響きを生み出している。


『バルバラ・ストロッツィ:サクリ・ムジカーリ・アフェッティ Op.5』
アウラータ・フォンテ

バルバラ・ストロッツィは17世紀イタリアの作曲家であり、声楽家としても活躍していた。台本作家ジュリオ・ストロッツィの養子として育てられ、フランチェスコ・カヴァッリに作曲を師事。ヴェネツィアの教養人が集うサロンの女主人のような存在だったというストロッツィが華やかに歌う姿が浮かんでくる。




『エセル・スマイス:歌曲とバラード集』
ルーシー・スティーヴンス(コントラルト)
オダリーネ・デ・ラ・マルティネス(指揮)
バークリー・アンサンブル
エリザベス・マーカス(p)

19世紀後半から20世紀前半のイギリスで活躍した作曲家、エセル・スマイスは女性解放運動にも尽力し、サフラジェットとしても名を残している。歌曲や合唱曲を中心に作曲を行なったが、熱烈なブラームスの信奉者でもあった。


『フローレンス・プライス:交響曲第1番&第3番』
ヤニック・ネゼ=セガン(指揮)
フィラデルフィア管弦楽団



1933年にシカゴ交響楽団が演奏したフローレンス・プライスの交響曲第1番は、アメリカのメジャー・オーケストラによって演奏された、黒人女性によるはじめての交響曲となった。ロマン派的な音楽のなかに、雄大な大地を感じさせるアメリカの民族音楽、黒人霊歌、教会音楽の要素が入っている。




『グラジナ・バツェヴィチ:弦楽オーケストラのための協奏曲 他』
マリウシュ・スモリー(指揮)
カペラ・ビドゴスティエンシスエヴァ・クピーク(p)

1909年生まれのポーランドの作曲家でありヴァイオリニスト、グラジナ・バツェヴィチ。ワルシャワ音楽院で学び、パリのエコール・ノルマル音楽院でナディア・ブーランジェの薫陶を受けた。荒々しさ、熾烈さを極める楽想もあり、作曲という表現に性別は関係ないとあらためて思わされる。


『影~女性作曲家歌曲集』
レティシア・グリマルディ(S)
アミエル・ブシャケヴィチ(p)
タリア・エルダル(vc)

1900年代初頭、ベルエポック期のパリを生きた作曲家、メル・ボニ、セシル・シャミナード、アルマンド・ド・ポリニャック、ポリーヌ・ヴィアルドなどの作品を集めたアルバム。当時は男性作曲家の影に隠れて高く評価されなかったが、美しいメロディの宝庫である。





24bit衛星デジタル音楽放送MUSIC BIRD「ハイレゾ・クラシック」

■出演:原典子
■放送時間:(金)14:00~16:00  再放送=(日)8:00~10:00
毎月ひとつのテーマをもとに、おすすめの高音質アルバムをお届け。
クラシック界の新しいムーヴメントや、音楽以外のカルチャーとのつながりなど、いつもとはちょっと違った角度からクラシックの楽しみ方をご提案していきます。出演は音楽ライターの原典子。番組HPはこちら



“だけじゃない”クラシック◆バックナンバー

2022年04月 ◆ ダンス
2022年03月 ◆ 春の訪れを感じながら
2022年02月 ◆ 未知なる作曲家との出会い
2022年01月 ◆ 2022年を迎えるプレイリスト
2021年12月 ◆ 2021年の耳をひらいてくれたアルバム
2021年11月 ◆ ストラヴィンスキー没後50周年
2021年10月 ◆ もの思う秋に聴きたい音楽
2021年09月 ◆ ファイナル直前!ショパン・コンクール
2021年08月 ◆ ヴィオラの眼差し
2021年07月 ◆ ピアソラ生誕100周年
2021年06月 ◆ あなたの「推し」を見つけよう
2021年05月 ◆ フランスの響きに憧れて
2021年04月 ◆ プレイリスト時代の音楽



筆者プロフィール








原 典子(はら のりこ)
音楽に関する雑誌や本の編集者・ライター。上智大学文学部新聞学科卒業。音楽之友社『レコード芸術』編集部、音楽出版社『CDジャーナル』副編集長を経て、現在フリーランス。音楽雑誌・Webサイトへの執筆のほか、演奏会プログラムやチラシの編集、プレイリスト制作、コンサートの企画運営などを行う。鎌倉で子育て中。脱ジャンル型雑食性リスナー。

2021年4月より音楽Webメディア「FREUDE(フロイデ)」をスタート。

 

 | 

 |   |