一ノ瀬響とeufonius まさかの異色で奇跡なコラボ『Sense of』ハイレゾ配信

2022/01/07

現代音楽やエレクトロ・ミュージックのシーンで、高い評価を得る作曲家、一ノ瀬響。そして数々のアニメ&ゲーム音楽を手掛けてきたユニット、eufonius。この2つの個性が奇跡的な融合を果たしたアルバム『Sense of』絶賛ハイレゾ配信中。このカラフルなポップ、かつ繊細なサウンド・メイクは是非ハイレゾでお楽しみください。


一ノ瀬響とeufonius
まさかの異色で奇跡なコラボ・アルバム

Sense of
Kyo Ichinose × eufonius


現代音楽&エレクトロミュージックを中心に、国内外から高い評価を受けている作曲家、一ノ瀬響。
アニソン&ゲーソン界で数々の主題歌&劇伴を担当してきたeufonius。
まさかの異色で奇跡なコラボ企画!
書き下ろしの新曲に加え、一ノ瀬響によるeufonius楽曲のリミックスも収録。


参加ミュージシャン・アーティスト:


|Mastering: 菊地創 at ”eufonius St.”|Artwork: 植田工|Piano: 一ノ瀬響|Synthesizer(M1): ただすけ
|Additional Arrangement(M2,M6): 安田寿之|Violin & Viola(M2,M6): 押鐘貴之|Tárogató(M3): 田中邦和
|Guitar(M4,M7): 朝井泰生(M4) |Violin(M4,M7): 岩嵜壮志

|Mastering: Hajime Kikuchi|Artwork: Takumi Ueda








■一ノ瀬響 プロフィール
作曲家。2002年、半野喜弘がA&Rを務めるcurrentレーベルよりデビューアルバム「よろこびの機械」をリリースする。
以降これまでに合計4枚のソロアルバムを制作、緻密なコンポジションと電子音響の組み合わせによる独自の豊穣なエレクトロニックミュージックにより、ヨーロッパをはじめとする海外からも高い評価を受けてきた。
ソロ活動以外でも、ドキュメンタリーを中心とした映画やTV番組、またCFなど映像のために多数のユニークな作品を書き下ろしている。
オフィシャルサイト

■eufonius プロフィール
ボーカルriyaとサウンドプロデューサー 菊地創による音楽ユニット。
2004年のメジャーデビュー以来 「CLANNAD」「true tears」「ヨスガ ノソラ」「このはな綺譚」等、数々のTV アニメ&ゲーム主題歌、BGMを担当。
透明感溢れるボーカル&サウンドメイク、ドラマチックでオリジナリティ溢れるメロディメイクが魅力。
オフィシャルサイト




関連作品







 

 | 

 |   |