世界のダンスフロアを熱狂させた前作より19年!Kyoto Jazz Massive待望の2ndアルバムが登場!

2021/12/22

DJ、プロデューサーの沖野修也と好洋の兄弟2人からなるユニット。Kyoto Jazz Massive。日本のクラブ黎明期より活動をはじめ、早くからヨーロッパを中心に世界水準での評価を得てきた彼らの、実に19年ぶりとなる2ndアルバムが遂にリリース。


前作『SPIRIT OF THE SUN』は、ドイツの名門レーベル「Compost Records」からワールドワイド・リリースされ、日本やヨーロッパをはじめ世界規模の大ヒットとなった。それから現在まで、沖野修也のソロ名義でのリリースをはじめ、よりジャズ色を強めたアプローチのKyoto Jazz Sextet名義でのリリースなど、クラブ・シーンに軸足を置き、ジャズやジャズ・ファンク、ソウルやディスコなど、過去の偉大な音楽を現代のダンス・ミュージックに昇華し続けてきた彼らの新作が、この『Message From A New Dawn』だ。

e-onkyo music的に注目したいのは、彼らのサウンド・クオリティに対するこだわりの強さ。今作では、全編生演奏によるバンド・サウンドがサウンドのカギとなっているが、今作のレコーディングは、数々のヴィンテージ機器を揃え、海外のアーティストからも称賛を受けるレコーディング・スタジオ「Studio Dede」にて収録。オーディオファンにもお馴染みの作品を多数手がけるレコーディング・エンジニア、松下信也氏がレコーディングを手掛けた。更にマスタリングはグラミー賞ノミネート・エンジニアのNeil Picklesが担当。ダンス・ミュージックとして十分なダイナミクスはありつつも、決して音圧一辺倒なサウンドではなく、70年代~80年代のジャズ・ファンクやソウル/ディスコなど、過去の偉大なレコーディング・アートに対する沖野兄弟のリスペクトとこだわりが表現されたサウンドは、いわゆるクラブ・ミュージックとは一線を画す音作りになっている。

尚、ゲスト・アーティストにUKクロスオーヴァー・シーンの歌姫、ヴァネッサ・フリーマン、そしてヴィブラフォンのレジェンド、ロイ・エアーズが参加!



新時代を切り開く、近未来音楽の誕生!Message From A New Dawn
Kyoto Jazz Massive


シングル、「Eclipse」から20年アルバム、『Spirit Of The Sun』から19年
満を持して、遂に放たれるKyoto Jazz Massive待望の2nd アルバム、『Message From A New Dawn』

テクノ、ジャズ、ハウス、ブギー、ブロークン・ビーツ、ソウル、フュージョン、アフロ・ビート等あらゆる要素を取り込んで、完全バンド・サウンドへと進化を遂げたクロスオーバーな究極のエレクトリック・ジャズ・フュージョン作品。スペシャル・ゲストにレジェンド、Roy Ayers参加!

東京、シンガポール、ロシアで実験的に先行ライブを行い、全曲オリジナルで新曲の完全バンド録音を敢行。参加メンバーは、Vanessa Freeman、池田憲一 (ROOT SOUL)、金子巧 (cro-magnon)、タケウチカズタケ (A Hundred Birds)、中里たかし、福森康、タブゾンビ (SOIL&”PIMP”SESSIONS)、ウイーン・フィル交響楽団のKirill Kobantschenko、伝説のジャズ・ヴィブラフォン奏者Roy Ayers。

ボーカルの録音とミックス・ダウンは、Reel PeopleやThe Realmの活動でも知られ、Moodymannの『Taken Away』に収録された「Let me Show Your Love」では、プロデューサー、ドラム・プログラマー、ミックス・エンジニアとして参加したToni Economidesが手掛けた。また、マスタリングをThe Tito Lopez Comboのレコーディングでそのキャリアをスタートさせ、4つのグラミー賞の候補になったラテン・プロジェクトにも関わったNeil Picklesに依頼。

アート・ワークは沖野兄弟がディレクションし、若林広幸建築を沖野修也が撮影した。デザインは、LISTのNao Nomuraが担当。

【参加アーティスト】
Vo : Vanessa Freeman
Bass : 池田憲一 (ROOT SOUL)
Ds : 福森康
Keys : 金子巧 (cro-magnon)
Keys : タケウチカズタケ (A Hundred Birds)
Per : 中里たかし
Tp : タブ・ゾンビ(SOIL&”PIMP”SESSIONS)
SE : 沖野修也

Vocal recorded by Toni Economides
All tracks mixed by Toni Economides
Band recorded by Shinya Matsushita at Studio Dede
Mastered by Neil Pickles
Produced by Shuya Okino
Directed by Shuya Okino+Yoshihiro Okino
Arranged by Shuya Okino and Kenichi Ikeda (ROOT SOUL)

Kyoto Jazz Massive are Shuya Okino+Yoshihiro Okino




関連作品





Kyoto Jazz Massive プロフィール



沖野修也と沖野好洋から成る兄弟DJユニット。1992年イギリスのジャズ・シーンの第一人者、Gilles Petersonに命名される。1994年にコンピレーション・アルバム『Kyoto Jazz Massive/V.A.』をファーライフ・レコードより発表。2000年にCompost Recordsからリリースしたシングル、「Eclipes」がBBCラジオで3週連続No.1の座を獲得。2002年ファースト・アルバム『Spirit Of The Sun』を発表。全世界デビューを果たす。2004年からはKyoto Jazz Massive Live Setを始動。国内外のフェスに出演し、ヨーロッパ・ツアーも行った。兄、修也は渋谷The Roomの、弟、好洋は大阪のEspecial
 Recordsのオーナーでもある。

オフィシャル・サイト


 


 


 


 


 

 | 

 |   |