Days of Delightレーベルからの最新作は、腕利きギタリスト荻原亮によるソウルミュージックをテーマにした新作

2021/08/19

現在の日本のリアルなジャズを紹介するレーベル「Days of Delight」。その最新作は、日本ジャズ界きっての腕利きギタリスト、荻原亮によるソウル・ミュージックをテーマにしたグルーヴィーなアルバム『With My Soul』。シーンの最先端で活躍する宮川純のハモンド・オルガンと、骨太のビートでバンドを支えるドラマー、福森康を迎えたトリオ編成でソウルの名曲をファンキーにカヴァー!



テーマはソウル・ミュージック
ファンキーなグルーヴが快楽へと誘う!


With My Soul』/荻原 亮


今回、荻原亮がテーマに選んだのはソウルミュージック。シーンの最先端で活躍する宮川純(org)、骨太のビートを送り出す福森康(ds)と組んだシンプルなスリーピースバンドで、ソウルの名曲を現代に解釈した個性的なサウンドを展開します。

譜面もなく、打ち合わせもせず、気楽なセッションのようにレコーディングされた彼らの音楽は、ナチュラルでグルーヴィ。気持ちのいいリラックスしたグルーヴをどうぞお楽しみください。


【演奏者】
荻原亮  Ryo Ogihara     guitar
宮川純  Jun Miyakawa    Hammond B-3 organ
福森康  Yasushi Fukumori  drums

【収録曲】
1. Never Can Say Goodbye
2. Can't Hide Love
3. La La Means I Love You
4. People Make the World Go Round
5. Affirmation
6. Save Your Love for Me
7. Valdez in the Country
8. You Make Me Feel Brand New
9. One Hundred Ways
(2021年4月23日東京録音)



「この音楽のなかには、ソウルはもとよりジャズ、ファンク、ブルース…といった、荻原亮の身体にアーカイヴされている音楽的知見のあらゆる要素が織り込まれています。ジャンルレスの音楽的資源を自在に引き出し、結合させる。それこそがギタリスト荻原亮の本質であり、その本源はいわば“オープンマインドが培った個性”とでも言うべきもの。それが彼独特の強みの源泉なのだとぼくは思います」


―――Days of Delight ファウンダー&プロデューサー 平野暁臣








宮川純 Hammond B-3 organ



福森康 drums





■Days of Delightレーベル 作品一覧⇒

■Naked. powered by Days of Delight 作品一覧⇒


 

 | 

 |   |