福田進一の新作は自在なギターが現すバロックの魅力

2021/07/24

日本クラシック・ギター界のレジェンド、福田進一の新作がハイレゾ配信開始。『バロック・クロニクルズ II ~異邦人~』とタイトルが付けられた今作は、好評を博した「聴く年代記『バロック・クロニクルズ』」の続編にあたる作品。バロック音楽のエッセンスを現代のギターで自在に表現します。また、e-onkyo musicでは福田進一本人によるコメントもご紹介。更にリリースを記念した期間限定プライスオフも実施いたします。


★自在なギターが現すバロックの魅力「聴く」年代記

バロック・クロニクルズ II ~異邦人~
福田進一


プログラムには、昨年世を去ったギター界の巨匠J.ブリームの名編曲作品も取り入れられており、それについて福田は「マエストロの先見の明と優れた演奏がなければ、私たち後続世代は『ギターで弾くバロック音楽の魅力』に開眼しなかっただろう。ここでは、ブリームによるブクステフーデや、チマローザの名編曲を再考してみた。」とライナーノーツで語っている。

毎回、作品に調和する楽器を選びレコーディンに望む福田進一。今回はフランスの名匠ブーシェ最晩年の名器を使用し、その特徴ある豊かな音を、臨場感溢れるハイレゾDXD384kHzが録えました。いにしえのバロックの響きが、如何に現代に現されたかをお楽しみ下さい。


【使用楽器】Guitar : Robert Bouchet(No.152 / 1982 / Paris)




■アルバムについて -- 福田進一




 好評を頂いた前作「バロック・クロニクルズ」の続編は、ドイツ人であるバロック・リュートの大家、シルビウス・レオポルド・ヴァイスの組曲「異邦人」を中心に据え、その前後に活躍したドイツ以外の作曲家=異邦人たちの生み出した音楽を辿る旅となった。

 その中には、ドイツからイギリスに渡り、帰化したヘンデルのように、異国の地で逆の意味での異邦人となった例も出てくる。前作では2曲しか登場しなかった撥弦楽器の音楽を増やし、今回はヴァイスの先駆となったポーランドのロイスナー、イタリアのアーチ・リュートの名手ザンボーニを加え、プログラムの半分を占めることになった。

 また、このアルバムには2020年夏に惜しまれつつ亡くなった巨匠ジュリアン・ブリーム(1933-2020)へのオマージュ的な意味合いを持たせている。マエストロの先見の明と優れた演奏がなければ、私たち後続世代は「ギターで弾くバロック音楽の魅力」に開眼しなかっただろう。ここでは、ブリームによるブクステフーデや、チマローザの名編曲を再考してみた。

 さらに、今回の録音にはフランスの名匠ロベール・ブーシェの最晩年の作品を使用している。ブリームも初期録音のバロック作品集で重厚な音のブーシェ(1964)を使用しているが、今回の楽器は1982年に遺作として製作された実験的な作品のひとつ、最高品質のスプルース表面板とファイン・メープルの横裏板で作られた特別な一本である。

 その特徴ある響きは、マイスター・ミュージックの誇る、一対の超高性能マイクロフォン「エテルナ・ムジカ」によるワンポイント、384kHz/24bit のハイサンプリングで完璧に捉えられている


福田進一







■『バロック・クロニクルズ II ~異邦人~』リリース記念 カタログ・プライスオフ


新作『バロック・クロニクルズ II ~異邦人~』のリリースを記念して、福田進一のハイレゾ・カタログの中から人気の8タイトルを期間限定プライスオフ!珠玉の作品群が35%オフにてダウンロードいただけます。

・対象作品:以下でご紹介の8作品
・実施期間:~2021年8月15日(日)

※プライスオフ後の価格が、各ページに表示されています。
※アルバム販売のみプライスオフが適用されます。
※『バロック・クロニクルズ II ~異邦人~』はプライスオフ対象ではございません。



¥3,146¥2,045

ザ・ベスト・オブ・ギター ~60thアニバーサリー~
福田進一

聴き覚えある旋律から知られざる名曲まで、ギターのさまざまな技法が駆使された可憐な小品が並ぶ。自選の豪華なプログラムはもとより、ラコート(1840)、ホセ・ルビオ(1966)、桜井RFマエストロ(2013)を始めとする10種類の名器の響きも楽しめる、特別な1枚。

¥3,146¥2,045

我が懐かしのブエノスアイレス
川田知子福田進一

発音方法が異なる2種類の弦楽器、ヴァイオリンとギターのニュアンス豊かな響きが、聴覚を心地よくすぐる。名曲「ガルデル:首の差で」、「ピアソラ:ナイトクラブ1960」でつづる甘美な前半から、しっとりとしたクラシックの後半へ。



¥3,143¥2,043

シャコンヌ ~J.S.バッハ作品集 1~
福田進一

10年の歳月をかけた福田のライフワーク「J.S.バッハ作品集(全6巻)」はここから始まった。バッハの一大名作「シャコンヌ」などを即興性に富んだ演奏で聴かせ、ときにはリュートの雰囲気をも醸し出す。その典雅な響きをハイレゾで!

¥3,146¥2,045

セビーリャ~スペイン名曲集
福田進一

「アランンブラの思い出」や「セビーリャ」など厳選されたスペイン・レパートリーが並ぶ。ギターにとって最重要ジャンルの一つであるスペイン作品の、情熱的なリズムとエキゾチックな旋律の数々を堪能。



¥3,146¥2,045

エストレリータ~ラテン・アメリカ名曲集
福田進一

一口にギター音楽といっても作品は多種多様。ここに収められたメキシコ、パラグアイ、ブラジル、キューバの4つの国の音楽は独自のリズムと色彩感を持ち、格別なギター作品群を形成している。

¥3,146¥2,045

夢 ~フルートとギターのための作品集~
工藤重典福田進一

フルートとギターのレパートリーを40数年におよび開拓してきた、同ジャンルの草分けともいえるデュオ。響きの特質が異なり音量差もある楽器の組み合わせは、レコーディングにおいて多くの困難を伴う。その最良と思われる音場を、ラヴィ・シャンカールなどの多彩なプログラムで。



¥3,146¥2,045

白鳥の歌 オーボエとギターのための作品集
池田昭子福田進一

「のだめカンタービレ」の演奏指導などでも知られる名オーボエ奏者、池田昭子とのコラボ。「グリーンスリーブス」「アヴェ・マリア」「白鳥の歌」など耳馴染みの良い名曲が並び、クラシックが初めての方にもお勧めのプログラム。

¥3,143¥2,043

サンバ協奏曲 3本と2本のギター作品集
福田進一
ピノ・エテルナ(エリカ・シュトローブル & 松永一文)


透明感を保ちながら、ダイナミックに弦が鳴る。親密でありながら、縛られること無く刻まれるリズムと音楽が心地よい。ギター三重奏と二重奏のための秀逸な作品が収録された、「福田進一プロデュース・シリーズ」からの1枚。

 

 

 | 

 |   |