久保ユリカ『君なら君しか』配信記念スペシャルインタヴュー公開!!

2021/02/17

2016年2月17日に声優アーティストデビューをした久保ユリカさんが、5周年記念となる2021年2月17日に『君なら君しか』を発売!自身の出身地である奈良でのCD販売の他は、ポニーキャニオンのECサイトと音楽配信のみでの販売という、他ではあまり例を見ない流通方式も注目されるが、今作はとにかく楽曲とサウンドの上質さが特筆すべきものになっている!ご自身が心底気に入っているという「君なら君しか」、そしてデビュー曲の「Lovely Lovely Strawberry」のアコースティックアレンジからなる今作は、等身大の久保ユリカさんの魅力溢れる1作となっている。最新シングルである『君なら君しか』について、オンラインでお話を伺った。

◎Interview&Text; e-onkyo music

 


■今までにない気持ちで発売日を待っています。


―5周年というアニバーサリーイヤーですが、新しいシングル『君なら君しか』の発売を控えた今のお気持ちはいかがですか?


久保:新しい楽曲を皆さまにお届けするのは約2年ぶりなので、なんだか少しドキドキしています(笑)今までとは少し違うスタイルの楽曲でもあるので、反応が凄く楽しみですね。

―販売方法は配信の他には通販と地域限定でのCD発売だけ、という点もかなり独特ですね。

久保:私から「奈良だけで販売したいんですが・・・」と言ったわけではないのですが、「君なら君しか」という曲のコンセプトにはストーリー性があって、更に「奈良」と「鹿」という要素は「久保ユリカ」を表す上で欠かせないものなので(笑)、そこを織り込んで新しい楽曲を制作したいとポニーキャニオンのスタッフさんからご提案頂きまして、私としても、今まで自分の楽曲の中でストーリー性のある歌詞をあまり歌ってこなかったので、凄く面白いなと思いました。ただ奈良や鹿をどう盛り込むんだろう?ネタっぽくなるのかなと最初は想像がつかなかったですが、凄くコンセプトのある歌詞にして頂きました。なのでここまでこだわっていただきましたし、CDを奈良県限定で販売して、その他はポニーキャニオンのECサイトと配信のみでっていう試みも、楽曲と合っていて凄くしっくりくるなって思っています。

―なるほど、そう言われるとこの販売形態の必然性を感じてきます。

久保:むしろ私的には実際「本当にそんな売り方が出来るんですか?」って部分もあって。あまり見たことのない試みなので、現時点ではまだ発売日を迎えてからの様子が想像しづらいのは確かですね(笑)今まで感じた事の無い気持ちで発売日を待っているので、それも含めてとても楽しみです!

―声優さんの新譜なのに「秋葉原にCDが一切無い」っていうのはかなり異例ですね。

久保:しかも「大阪でさえなくて奈良」という(笑)

―記念すべき5周年のシングルが、ご自身のルーツである奈良だけでだけ販売されるというのは嬉しくもありますか?

久保:当然嬉しいですけど、出身地である奈良という土地がどういうところか良く知っているからこそ、「本当に大丈夫なんですか?!」っていう気持ちと嬉しさが半々ですね。もちろん大丈夫だから提案して頂いたのは分かっていますが、それでも皆さんにこの「君なら君しか」が届くのか結構心配でした。配信があるって聞いて「そうか、それなら大丈夫!ちゃんと届く!」って胸を撫で下ろしたくらい・・・。本当に奈良限定のCD販売だけだったら「100人聴いてくれればいい方か・・・?」みたいになっちゃうなって。

―そんな(笑)

久保:いやいや、やっぱり生まれ育った場所だから嬉しいですけど、冷静に考えると嬉しさよりもいろいろな心配が先に来ちゃった部分はありましたね。



■デモをこんなに聴き込んだのは初めて!

―楽曲のコンセプトや歌詞の方向性など、久保さんご自身からスタッフさんにリクエストした部分はありますか?

久保:歌詞のコンセプトであったりストーリー的なところをかなり、はっきりと提案をしてくれたということは、プロデューサーさんとディレクターさんの頭の中には完成形があるんだろうなって感じていたので、結構まるごとお任せしました。なのでどういう風にオーダーしたのかなどはいつか機会があったら聞いてみたいですね(笑)それに、一番最初に作曲家さんから1コーラスのデモを頂いたときの仮歌詞が個人的にとても気に入って。

―本来あくまで仮の歌詞ですもんね。

久保:はい、そうなんです!でも歌詞だけじゃなくてメロディも良くて「これめちゃくちゃいいですね!」ってすごくテンションが上がりました。デモの状態でこんなに気に入って聴き込んだのは初めてでしたね。1コーラスのデモについては、作曲家さんが本当に有り合わせで載せた歌詞らしいのですが、フレーズフレーズで「これは絶対に生かしたいな」っていう箇所ばかりで。仮とはいえ、これだけ曲に合っているんだから当然本番の歌詞にも生かされるだろうなって思ってた箇所が、最初に届いた本番バージョンではサビ以外は殆どリライトされてしまって・・・

―そこから仮歌詞の方向へ寄せて貰うように修正をお願いして。

久保:そうですね。仮歌詞はそもそも歌詞カードも無かったので、自分でデモを聴きながら必死で書き起こして(笑)気に入っている箇所を指定してひとつずつ伝えるという作業をしました。ただ、全体的な構成としてその部分が邪魔をするようであれば無理して入れこまずに削ってくださいと作詞家さんには併せてお願いしました。ですが、最終的には仮歌詞が残った部分と新たに書いていただいた部分と上手くバランスを取って頂いたので、結果、本当に凄く良い歌詞でストーリーと情景が思い描けるニュアンスになっていると思います。



■「君なら君しか」 駄洒落のようで実は繊細な歌詞

―そうして出来上がった「君なら君しか」の歌詞ですが、改めて奈良出身の久保さんの目を通して振り返るといかがですか?奈良の風景が浮かんだり・・・?

久保:うーん…楽曲そのものは「若草山が見える」とか「大仏が見える」的な歌詞ではないので…風景は正直浮かんだりしないのですが(笑)一度聴いたら頭から離れない「君なら君しか」というサビの‟奈良”と‟鹿”。こんなに分かりやすく推しているのに一曲の歌詞として俯瞰するとナチュラルに存在するのがちょっと不思議ですよね。「よく見ると駄洒落になってるんですね!」と、他の取材で言われたりもして。

―そうとも言えますね(笑)

久保:「そんな!」って思ったけど、確かにそういう気がしないでもない歌詞ですよね。楽曲のサビとしても凄くPOPでキャッチー。頭から離れないフレーズやメロディが自分の曲には常に入れていこうと思っていたし、ずっと大切にしてきた部分だったりします。それがそのままタイトルになっているのできっと他の人にも勧めていただきやすいのではないでしょうか(笑)

―楽曲自体のアレンジはデモの段階で既に最終形に近かったんですか?

久保:大きくは変わっていないですね。全体的な印象はほとんどそのままという感じです。曲の入り方からサビまでの流れもカッコイイし、同時に綺麗な透明感もあって。こういう曲は今までの私には無かったですし、特にピアノの使い方が印象的ですよね。スローな聴かせる曲でピアノが映えるのは分かりやすいですけど、こういうアップテンポで爽やかなんだけど切なさも含んだ楽曲にピアノがあることで、とても締まるなと思います。

―「君なら君しか」を久保ユリカさん自身が心底気に入っているのが伝わります。

久保:本当に語彙力が追い付かないくらい気に入っています。レコーディングして、ミックス~トラックダウン~マスタリングを経た最終形を聴いたときの衝撃たるや。実は、レコーディング時の音源にはなかった音で幾つか楽器が足されていたりして…それがまた最高で。完成したものを聴く際には、そのことを知らなかったので「このイントロの入り方カッコ良すぎませんか?!」って夜中に興奮してスタッフさんにLINEを送るほどでした。


■バンドサウンドへの苦手意識を覆したアレンジの妙技

―スタッフさんも最高に嬉しかったでしょうね。生楽器を中心にしたナチュラルなアレンジで、いわゆる‟飛び曲”的な派手さとは趣が違います。最近の久保さんの音楽的な趣好にも合っていたんですか?

久保:凄く馴染みがあるかと言われるとそうでもないかもしれません。元々はお仕事とは関係なく、BUMP OF CHICKENさんとかSyrup 16gさんみたいなバンドサウンドが好きで、‟暗いが絶望的ではない”みたいなタイプの音楽をよく聴いていたのですが、それを歌うとなると自分の声質にはあまり合わないなとも思っていて。カラオケなんかで歌っていても感じるんですけど、私の声質だとギターがガンガン鳴っているようなタイプのバンドサウンドにはどうしても負ける部分があって、私の過去の曲にもバンドサウンドっぽい曲はほとんど無いんですよね。



―なるほど。

久保:だから、今までのライヴもがっつりバンドさんを背後に従えてっていう体制ではなかったんです。スムルースさんとは‟コラボ“という形で一瞬バンド気分を味わわせていただきましたけど、完全にバンドセットでのライヴはやったことが無くて。そういう意味では少し苦手意識もありましたが、今後ライヴをやっていく上ではバンドと一緒にっていうのも面白いし、必要かなとも思っています。私のバンドサウンドに対する不安みたいなものもポニーキャニオンのスタッフさんは汲み取ってくれて、それもあっての「君なら君しか」のアレンジに繋がっているのかな。

―とても絶妙なバンドアレンジになっていると思います。シティポップ的な匂いもあり、なおかつ久保さんのヴォーカルのニュアンスとの相性も素晴らしいです。凄く気持ちよく歌われたんじゃないかと。個人的にも、今後この方向性をもっと聴いてみたいです。

久保:本当に気持ちよく歌いました。私の好きなバンドサウンドの要素を交えつつ、一方でちょっと今っぽいエッセンスもあるような。大きく叫ぶタイプではない私の声が負けないようなアレンジにして頂けました。この曲を歌う事で、バンドを入れてのステージのヴィジョンも描けたような気がしますね。


■等身大の‟LLS“と、やっと手に入れた自分自身の歌声

―カップリングの「Lovely Lovely Strawberry あおによしVer.」は1stシングルのセルフカヴァーですが、この楽曲を選んだ理由は?

久保:限定的な販売形態というのもあって、そもそもカップリング曲を作るべきかどうかという話し合いもあったんです。「君なら君しか」のコンセプトが最初からしっかりと存在していたので、果たしてどういう曲を置こうか?という点も難しかったんですよね。今後「君なら君しか」のようなテンション感が一つの方向性になるとしたら、ライヴを想定すると過去の既存曲が浮くんじゃないかなという懸念もあって。過去の曲をこの先を見据えた形に仕立て直すことも考えて、であれば5周年というタイミングなので、ここで「Lovely Lovely Strawberry」をやってみようかという話になって。とても面白そうな気がしたので、思いきってトライしてみました。

―なるほど、そういう経緯で。

久保:元の「Lovely Lovely Strawberry」は女の子らしい元気な唄で、5年前の久保ユリカならではの魅力もあったと思うんですけど、それをもう少し等身大で、素の私自身に近づけて、なおかつ5年経った今の私だからこそ歌えるようなものにしたくて。自分で言うのも照れますが、想像していた以上に上手くいったと思います。「君なら君しか」と同じアレンジャーさんにお願いしたというのもあるんですけど、正直ここまで良い感じになるとは予想していなかったのでとても嬉しかったです!

―同じく設楽哲也さんによるアレンジですね。

久保:そうです。元が結構キャラクターの強い曲なので、「ちょっとテンポが下がってアレンジが落ち着いた感じになるのかな」程度を勝手に予想していましたが…「君なら君しか」とライヴで同居させても全く違和感が無いですし、可愛すぎて少しだけ気恥ずかしさもあったこの曲を今、ようやく声優アーティスト「久保ユリカ」として消化できた気もします。

―今の久保ユリカさんならではの可愛さや、等身大の魅力が表現された歌い方も素敵です。レコーディングでもこのニュアンスはすぐに掴めたんですか?

久保:元々作りこんだ歌い方をするつもりはありませんでした。「君なら君しか」の歌い方や方向性、ニュアンスを考えていたときに、それと比較して違和感の無い歌にしたいと思っていたので。だから、誤解を恐れずに言うならば‟無理をしない”ということが念頭にありましたね。原曲のキーでも歌えてはいますが、やっぱり当時【LLSを歌う時の久保ユリカ】みたいなものを作り出していた部分があったので、ほんの少しキャラクターソング的な存在でもあったんです。

―‟無理をしない”という表現はしっくりくる気がしますね。

久保:無理をしない=楽をしているという意味ではないですけど、自らキャラをつくって演じないというところが今の「私の歌い方」であるという部分に落とし込めたかなと思っています。これまで、「久保ユリカ」として歌うという事に悩んできて、「私の声って何だろう?」ってたくさん考えて。普通に喋っている時でも「あ、なんか今の私自分の声じゃないな」って感じたり。本当に無意識になんですけど、話す相手によって声が変わっているというか、自然と‟この方と話す時はこの感じの声の方が楽しめるな”みたいにスイッチで切り替わる感じなんです。

―役や歌だけでなく、普段の会話でさえ・・・


久保:「自分自身の歌声の方向性が分からない・・・」って悩んでいたんですけど、カヴァー曲を歌うイベントに出演させて頂く機会があって、その時に「あ、私今すごくナチュラルに歌えてる」って掴めたものがあったんです。それ以来、この感じで行けたらいいなーって思ってたところに「君なら君しか」を制作する話を頂いて。だから、無理をせずにナチュラルに歌えているこの感覚が、聴いてくださっている方にも伝わるんじゃなかなって思っています。



―2020年は制作自体も大変だった点もあるかと思いますが、何か印象的な出来事はありましたか?

久保:もう少し制作や発売を早めて皆さまに新曲をお届けしたい気持ちはありましたが、今回の私の歌い方にしても全てのことにおいても、無理をせず、納得して皆様の元に送りだせるものを作る事が出来たという感覚です。

―ありがとうございます。今後の活動を含めたご予定などは?


久保:まずはこの「君なら君しか」が皆様の元へ届いて、その感想を見てみたいですね。チームシカコとしてプランや希望はあるんですけど、この作品がどんな風に響くのか確かめながら動いていきたいなと思っています。決してネガティヴな意味ではなく、私もスタッフさんもこの「君なら君しか」に大きな自信があるし、シンプルに大好きな作品です。だからこそ、聴いていただいた方のご意見や感想を吸い込んで次の活動への道しるべにして行きたいなと思っています。

―今の久保ユリカさんの魅力があふれた作品で、私もリリースが楽しみです。それでは最後に、ハイレゾで『君なら君しか』を楽しんでいるe-onkyo musicのリスナーにメッセージを頂けますか?

久保:ハイレゾは普通の音源以上にクリアな音で聴いていただけていると思います。もちろん普通の音源でも充分に魅力は伝わると思いますけど、ハイレゾなら特に落ちサビの前のブレスを楽しんで欲しいですね!息を吸う音も吐く音もはっきり残っているので是非聴いてみてください。実はレコーディングの時も事前に相談したわけじゃないんですけど、ここにブレスがあることで、ちょっと苦しさだったり悩んでるニュアンスが出るかなと思って「使ってくれたら嬉しいな」くらいの気持ちで入れておいたんですけど、最終版を聴いたらしっかりと残してくれていて!この曲のサウンドが凄く良いっていうのはもちろんですけど、ちょっとした息遣いもとても重要な要素なので、ハイレゾで聴くならそこまでしっかり楽しんで欲しいですね。「ハイレゾだとこう聴こえたよ」なんて感想も頂けたら嬉しいです!

―本日はありがとうございました!





>>久保ユリカ 配信作品一覧はコチラ!


◆久保ユリカ 最新情報はオフィシャルサイトにて!
http://shikaco.jp/

 | 

 |   |