降幡 愛2ndミニアルバム『メイクアップ』スペシャルインタヴューby林 剛

2020/12/23

 声優として、また、アニメ『ラブライブ!サンシャイン!!』のスクールアイドルグループ・Aqoursにおける活動に加えて、2020年からはソロ・アーティストとしてのキャリアをスタートさせた降幡 愛。本間昭光氏をプロデューサーに迎え、Purple One Starからの第1弾アーティストとしてデビューミニアルバム『Moonrise』を9月に発表した彼女は、80年代サウンドの音楽で新たなファンを獲得し、シティ・ポップ的な見地からも注目を集めている。各所で発言しているように、岡村靖幸をきっかけに80年代の和製ポップスにのめり込み、山下達郎、竹内まりや、Wink、中原めいこ、和田加奈子、亜蘭知子、菊池桃子などを聴き、Night Tempoにもシンパシーを感じている…とくれば、その音楽性も想像がつく。音楽だけでなく、80年代のアニメやTVドラマにも詳しい彼女の楽曲やヴィジュアルは、4K液晶画面ではなくブラウン管から飛び出してきたようなノスタルジックなムードを纏っており、本人が書くリリックにもその世界観が滲んでいる。『Moonrise』から僅か3ヵ月という短いインターバルでセカンドミニアルバム『メイクアップ』を発表した若きソングストレスにZoomで話を聞いた。

◎Interview & Text; 林 剛




――大変な年にソロアーティストデビューとなりましたが、ミニアルバムとはいえ、半年のうちに2枚のアルバムをリリースするとは精力的ですね。

まだ半年も経っていなんですよね、デビューミニアルバムを出してから(笑)。コロナもありましたけど、私的にはその状況をポジティヴに捉えて、創作に専念して曲を書きためることができました。

――改めて、ソロ活動にあたって80年代スタイルの音楽をやろうとした理由を教えてください。

もともと声優として活動を始めたので、自分の中では歌手やアーティストとしてステージに立つというヴィジョンがなかったんですが、Aqoursでお世話になっていたスタッフさんが新レーベル(Purple One Star)を立ち上げて、第一弾アーティストで(ソロアーティストとして)やらないか?と声をかけていただいたんです。そうして音楽活動をしてみようとなった時、今まで自分が出してこなかった一面を出したい、ギャップを見せてみたいと思って、自分の好きな80年代の音楽をやろうと。自分が生きていなかった時代の音楽を、アダルトな歌詞や世界観でやってみたいと思ったのがきっかけですね。

――80年代の音楽を聴き始めたのは、ご両親の影響ですか?

両親の影響は大きいかもしれません。小さい頃、母が車の中でTUBEさんや竹内まりやさん、マッキー(槇原敬之)さんの曲を聴いていたので、それが耳に残っていたみたいです。

――降幡さんの音楽は、今だとシティ・ポップとして括られることが多いと思いますし、ご自身も多少意識されているとは思いますが、80年代をリアルタイムで過ごしたミュージシャンがシティ・ポップのブームに乗っかって自己表現や自己満足のために若い声優さんを使って音楽を作るのではなく、降幡さん自身がそうした音楽が好きでグイグイとそちらに向かっているという印象を受けます。本間昭光さんとの二人三脚的なプロジェクトでもありますが、本間さんが降幡さんを手掛けるというより、降幡さんが本間さんを使っているというか、かつてWinkや槇原敬之さんに関わっていた本間さんの昔の感覚を降幡さんが呼び覚ましているくらいの感じで、そこらへんのおふたりのバランスが絶妙と言いますか。

そんなこと言われたの初めてです(笑)。でも、わかります。自分のヴィジョンというか、こういうイメージで…っていう企画書も提出しまして、スタッフさんも皆同じ方向に向いてくれて、私がやりたいことに賛同して動いてくださった感じですね。企画書には、TVアニメ『きまぐれオレンジ☆ロード』で和田加奈子さんが歌う初代エンディング・テーマ「夏のミラージュ」のジャケットとか、永井博さんの(画集〈NITEFLYTE〉のような)夜のイラストや山口はるみさんのイラストもイメージとして挙げました。“80年代の音楽”“夜の雰囲気”“大人な歌詞”といったキーワードも企画書に書いた気がします。

――確かに降幡さんの音楽は夜の匂いがしますね。太陽が降り注ぐ海やプール、パームツリーといったリゾート地のそれではなく、都会の夜、夜の首都高のイメージ。なにしろデビューミニアルバムはタイトルが『Moonrise』で、日が暮れてからのお話。サンライズじゃないんですよね。「プールサイドカクテル」にしても、歌い出しが〈Lonely Night Swimming〉だから夜のプールで、しかも、どこか寂しげで。

デビューって、普通は爽やかでピュアなイメージがあると思うんですが、私はアダルトな夜の雰囲気を出したかったんです。それで『Moonrise』にしたのですが、今回のセカンドミニアルバム『メイクアップ』は、『Moonrise』の延長線上で書きましたが、特に夜とかは意識せずに恋愛模様だったりとか、いろんな物語を書いていきました。本間さんとは、曲を作ってためていこうと言っていて、そうしているうちにセカンドミニアルバムを作ろうっていう話になりまして。そうした“意識のなさ”が前作とは違います。

――レーベルがPurple One Starで、前作のジャケットも紫っぽい色で、今作も先行シングルのタイトルが「パープルアイシャドウ」なので、紫は降幡さんのシンボル・カラーなのかと思ったのですが。

「それも一応はあります…が、「パープルアイシャドウ」に関しては当初「ウェットモーニング」というタイトルをつけていて、本間さんから、もうちょっとキャッチーなタイトルがいいって言われて変えたんです。曲は『Moonrise』の制作が終わってから書いたのですが、こんな早くにリリースするつもりはなくて、雨の歌だし(来シーズンの)梅雨の時期にリリースしようかと思っていたので、紫陽花をイメージして“パープル”という言葉を使いました」

――岡村靖幸さんがお好きだし、プリンスを意識しているのかなとも思ってしまったのですが。

いえ。でも『Purple Rain』(84年)は持っています(笑)

――今回のジャケットはアニメ風で、これも80年代的なポップさがありますね。

ジャケットは“80年代シティ・ポップ”っていうジャンルのイラストを描かれているnsnさんにお願いしました。instagramやtumblrとかのSNSでイラストを見るのが趣味で、日々リサーチしているのですが、nsnさんはファッション系とかいろんなジャンルの方とコラボされているので、いつかジャケットのイラストを描いてもらいたいなと思っていたんです。

――『メイクアップ』というタイトルは、お化粧をして夜の街に繰り出すという感じにも受け取れますが、“メイクアップ”という言葉を選んだのは「パープルアイシャドウ」に因んで?

先ほども言いましたが、今回仕上がった曲はバラエティ豊かというか、いい意味でバラバラなので、そうした曲たちを身に纏って、これまでと違った自分も出して行きたい、“着飾る私”という意味でメイクアップというタイトルをつけました。結果的にうまいこと纏まったのですが(笑)、『Moonrise』ではどこか自信がなくて不安だったのが、成長してちょっと欲が出た私を見てほしいという感じですかね。前作をリリースして皆さんの声を聞いたり、ライヴもできたので、一皮剥けたというか、自分のアーティストとしてのありかたをセカンドで伝えられたらなと思ったんです。

――今作も降幡さんが作詞、本間さんが作曲・編曲という体制で作られているのですよね。

はい、作詞は私で、すべて歌詞を先に書いています。今回は男性目線で歌詞を書いたり、チャイニーズ感のある歌を作ったり、『Moonrise』にはないメイクアップ感が出てるかなとは思います。

――サウンドは今回も80年代テイストですが、こんな音色にしたいとか、こういうアレンジがいいとか、本間さんに直接注文をしたりするのでしょうか?

それが、生意気にもしているんですよ(笑)。例えば「パープルアイシャドウ」は、私のイメージとしては亜蘭知子さんの『浮遊空間』(83年)に入っている「I’m In Love」だったんですが、ベースがベンベンとした感じがいいと言って。そうやってお願いしたら、カッコいいアレンジになって戻ってきました。本間さんはスケッチの段階から曲を送ってくださるのですが、アレンジ後にまた全然違った印象になるので面白いです。ミックスにも立ち会いましたが、より古く、よりダサく、新しいことはしないでと言いました(笑)

――「パープルアイシャドウ」はイントロのシンセやギターから80年代に連れ戻すような感じで、ミュージック・ヴィデオの画質や4:3の画面比率も含めて80年代のトレンディ・ドラマ風で、しかも振り付けがWinkっぽい。これは降幡さんのWinkへのオマージュであり、Winkのライヴなどに関わっていた本間さんへのオマージュだと受け取れなくもない。

はい、Winkを意識して踊っています(笑)。スタッフさんとのお食事会とかでいろんな案が出るのですが、(画面比率を)4:3にするのも皆さんのアイディアでした。本当に皆さん、(80年代)当時バリバリでやっていた人たちばかりなので。



――降幡さんのヴォーカルはビブラートをかけない唱法と言いますか、高いトーンでストレートに歌っていて、これがまた80年代っぽい雰囲気を強めている気がするのですが、当時のアイドル歌手になりきって歌っている感もありますね。

声優で役柄になりきって歌うことが多くて、自分の曲でも自分で物語を書いて歌うので、その主人公になって歌うスタイルが定着しているんだと思います。ただ、今回のアルバムで一番最後に録った「RUMIKO」では降幡 愛としての歌が出来てきたかなと。艶っぽく歌えたかなという気がしています。

――その「RUMIKO」は、降幡さんがアニメの『らんま1/2』や『めぞん一刻』をお好きだという前情報と照らし合わせると、漫画家の高橋留美子さんへのオマージュと解釈したくなります。数年前にデヴィン・モリソンという日本在住経験のあるR&Bシンガーがアニメ『スラムダンク』に出てくるバスケ部マネージャーの彩子に捧げた「AYAKO」という曲を出していまして、個人的にはそれも思い出したのですが、この「RUMIKO」はリフがユニークで転調もオシャレです。

実は「パープルアイシャドウ」の主人公の女性がRUMIKOという設定で、「パープルアイシャドウ」で浮気している年下の男の子の側からのアンサーソングとして同時進行で作っていた曲なんです。私のイメージとしては、アニメ『みゆき』のオープニング・テーマ(H2Oの「10%の雨予報」)のイメージで書いていて、本間さんには、ちょっとラテンぽい、カラオケやスナックで歌えるような雰囲気で、とお伝えしました。でも、高橋(留美子)先生のお名前に因んだところもあるかと思います(笑)。初めて買ったCDも『らんま1/2』の劇場版の挿入歌でしたし。

――惜しげなくネタを明かしてくれますね。なので、こちらも遠慮なく喩えさせてもらいますと、前作のリード曲「CITY」を聴いて連想したのはレベッカの「フレンズ」だったのですが、この疾走感のあるポップ・ロック的なスタイルは今作の「SIDE B」に受け継がれているのかなと思いました。電話の着信音、特に最後のプッシュホンの音が80年代感を一層強めます。

「CITY」がレベッカの「フレンズ」に似ているというのは、私は特に意識していませんでしたが、ファンの方には同じことを言われました。もしかしたら本間さんは意図的にそうしていたのかもしれません。「SIDE B」に関しては、前作の「Yの悲劇」のアンサーソングなんです。「Yの悲劇」で女友達に嫌がらせをしていた方、つまり“B面の女”の心情を書いたのですが、嫌がらせをする方にも理由があるというか、元カレにDVを受けたから(その元カレと付き合っている)あなたも危ない目に遭うよって忠告する歌なんです。新作で一番ホラーな、かつキャッチーな曲。(当時の)電話の音は、曲が出来上がった段階で本間さんに入れてみようよと言われました。

――「桃源郷白書」は音色もメロディもオリエンタルなムードで、中国語でI Love Youを意味する「ウォーアイニー(我愛你)」という言葉も交えていますよね。曲調としては、一風堂の「すみれSeptember Love」を思わせます。

はい、(中国語は)意識的に入れました。曲は山口美央子さんのアルバムで聴いたチャイニーズな曲が自分の中でブームになっていて、そういう雰囲気の曲を本間さんに送ったら、まさに「すみれSeptember Love」みたいな雰囲気にしたらいいんじゃないかと言われました。この曲では私もパーカッションで演奏に参加していまして、(ツリーチャイムの)キラキラキラキラって音を出しています。

――「ルバートには気をつけて!」はイントロのギターから80年代のAOR感に溢れていますが、どうして“ルバートに気をつけ”なければいけないのでしょう?

米米CLUBの林部直樹さんがいつもギターで参加してくださっていて、この曲は林部さんのギターが入った瞬間、80年代の潮風感がすごく出ました(笑)。歌詞は、人生っていろんな波があって、うまく行かない時もあるというのを音楽用語のルバート(音符の長さを変化させて自由に伸縮させながら演奏すること)にかけたんです。レコーディングの時に本間さんが音楽用語を教えてくださるのですが、自分がメモに取っていた“ルバート“に因んで、それをタイトルにつけたいと思ったんです。テンポの強弱から話を膨らませて、結婚直前まで行った男女が結局喧嘩別れしちゃって…みたいな。人生ってそんなにうまく行かないから気をつけて!という歌です。

――達観してますね。

はい(笑)。私の歌は、うまく行かない、思いが実らない歌詞ばっかりなので(笑)。今後も歌詞を先に書いて曲作りをスタートさせるパターンは基本的に変わらないと思いますが、いずれは思いが実るという内容の歌詞も書けたらいいなとは思っています。「ルバートには気をつけて!」では言葉遊びみたいなこともできたので、これからもそうした歌詞で世界観をお伝えできたらいいなと思いますし、いつかどなたかに歌詞を提供できたらいいなとも考えています。

――松任谷由実さんや竹内まりやさんみたいに。

そうですね。ユーミンさんや竹内まりやさん、中原めいこさんには本当に憧れています。あと、松本隆さんの歌詞も大好きです。

――松本隆さんといえば、先日お亡くなりになった筒美京平さんとのコンビでも曲を書かれていましたが、クリスマス・シーズンにぴったりなアップ「真冬のシアーマインド」は、透明感のある伸びのある声が斉藤由貴さんぽいと言いますか、80年代のアイドルが目の前に現れたような曲です。〈スリー、ツー、ワン〉と歌うところの手拍子もライヴで一体感が得られそうで。

アイドル・ソングですよね。キラキラの80年代サウンドで、冬を象徴する曲を作りたかったんです。夏の時期に冬の曲を書くのは難しかったですが、本間さんに“ゲレンデ”“雪の定番ソング”のイメージでお願いしたら、歌詞をお渡ししてすぐに音が出来たと仰っていました。本間さんは“冬の女王”と呼ばれる広瀬香美さんも手掛けていましたし、冬ソングといえば本間昭光っていう感じで、ド定番な感じに作っていただきました。歌詞は、キラキラした普通のピュアな女の子の話かなと思われそうですが、スキー・サークルとかテニス・サークルにいるかっこいい男子にすぐ目移りする女子の話(笑)。実はこの曲、既にライヴのアンコールで披露していまして、その時はまだ自分の曲だと知られていなかったので、誰かのカヴァー?という感想があったのが面白かったです。

――今、こうした80年代風の曲を降幡さんがやっていることに対して、声優としてのファンの方々からはどんな反応がきていますか?

私のことを長く応援してくださっているファンの方々は、こういうことがやりたかったんだなと思ってくださったみたいです。一方で、ソロの曲から好きになってくれた方の中には自分の両親くらいの年齢の方もいらして、聴いています!という声をいただきました。あと、「CITY」や「パープルアイシャドウ」は海外の人からもYouTubeにコメントをいただいて、結構びっくりしました。アニメの作品関連で見てくださっているみたいなのですが、楽曲に対する反応は海外からのほうがすごいですね。

――今後もこの80sスタイルで続けていくのでしょうか?


飽きが来なければ(笑)。いえ、自分が好きな音楽ですし、私にとっては常に楽しくて新鮮な音楽なので。新しい要素を取り入れてみたいという気持ちもありますが、たぶん、このままでいくんじゃないかと思います。こんなに振り切って80sをやるアーティストも今時そうそういないと思うので。オシャレにはせず、ダサめに。ダサいは最強にカッコいいということで(笑)

――80sな音楽はやり続けるとして、次はこんな感じの作品を作りたいというヴィジョンはありますか?


実は先日、ラ・ムー(RA MU)のアルバム『Thanks Giving』(88年)をアナログで手に入れて、菊池桃子さんのことで頭がいっぱいなんです(笑)。「Rainy Night Lady」が大好きで、いつか本当にラ・ムーみたいな、コンセプトがしっかりした、アニメでいうOVAみたいな濃い感じのアルバムも作ってみたいです。あと、菊池桃子さんといえば、鈴木雅之さんとの「渋谷で5時」を一緒に歌えたらいいなと勝手に思っています。シャネルズの曲も好きですし、鈴木雅之さんは本間さんとも繋がりがあるので、デュエットしたいなぁって冗談で言っているんですよ。



***



 話の端々から過去の音楽に対する愛情やリスペクトが感じられる。海外のアーティストは、リック・アストリーが好きで、最近はデッド・オア・アライヴも聴いているそうで、こちらも徹底して80sだ。中古レコード店でシャカタクの『Night Birds』(82年)のアナログを入手したことも語ってくれた。50歳前後の音楽ファンと話しているような感覚に陥るが、日本のアーティストで最近気になるのは藤井風。「岡村(靖幸)さんが好きなので、クセのある男性シンガーが好きみたいです(笑)」と話すあたりも、彼女らしいこだわりが感じられる。

令和の2020年代に新しいアプローチ抜きで捉え直す昭和の80年代。それは古びたままでも芳しいと、降幡 愛の音楽が教えてくれる。


>>降幡 愛 配信作品一覧はコチラ!


■Profileー


降幡 愛 Furihata Ai:
2月19日生まれ、長野県出身。2015年に『ラブライブ!サンシャイン!!』の出演が決まり、黒澤ルビィ役で本格声優デビュー。同作品のスクールアイドルグループ、Aqoursのメンバーとして活動し、2018 年には東京ドーム2Days のライブにて、国内外ライブビューイングを含め15万人を動員。同年末の第69回NHK紅白歌合戦に出演を果たした。声優以外にも多岐にわたって活動しており、2017年からは『フォトテクニックデジタル』にて「降幡写真工房」の連載を行なっている。2019年には、自身初となる写真集『降幡愛写真集 いとしき』を発売。5/6付オリコン週間BOOKランキングジャンル別写真集(集計期間:4月22日〜4月28日)では、初登場1位を獲得した。多彩な才能を持ち、ファンからは“職人”とも呼ばれる彼女が2020年初秋、満を辞してのソロアーティストデビュー。ソロアーティストとして、80’sシティポップを発信していく。

*降幡 愛 Official HP:https://furihataai.jp
*降幡 愛 Official YouTube Channel:https://www.youtube.com/channel/UCWfhLoV53Rwdc9WGw735IUg
*降幡 愛 STAFF Twitter:https://twitter.com/furihataaiSTAFF
*降幡 愛 STAFF Instagram:https://www.instagram.com/furihataaistaff/







林 剛 Hayashi Tsuyoshi:
1970年生まれ。R&B/ソウルをメインとする音楽ジャーナリスト。『bmr』『Wax Poetics Japan』でのレギュラー執筆を経て、現在も『bounce』『ブルース&ソウル・レコーズ』『レコード・コレクターズ』『ミュージック・マガジン』などの音楽誌、及びウェブメディアに寄稿。新譜や旧譜のライナーノーツをはじめ、書籍の監修/執筆も多数。
◆オフィシャルTwitter

 | 

 |   |