日本ジャズ界きってのアルトサックスの名手・池田篤のニューアルバムをハイレゾ配信!

2020/12/03

空間メディアプロデューサーで、岡本太郎記念館の館長でもある平野暁臣氏がプロデューサーを務める気鋭のジャズ・レーベル“Days of Delight”(デイズ・オブ・ディライト)。東京のリアルなジャズ・シーンをありのまま捉えて紹介する同レーベルからの最新作は、日本ジャズ界きってのアルトサックスの名手・池田篤のニューアルバム『スパイラル―ソロライヴ・アット・岡本太郎記念館』。

 

★アルトサックスの第一人者・池田篤が渾身の力で紡ぎ出す
唯一無二のソロパフォーマンス
スパイラル ―ソロライブ・アット・岡本太郎記念館』/池田篤



2020年2月1日。たったひとりで観客の前に姿を現した池田篤は、圧倒的な熱量と緊張感をキープしたまま、2時間にわたって吹き切りました。生来ソロ演奏に不向きなサックスを自在に操りながら、美しい音色とスリリングな展開で観客を魅了したのです。会場となったのは、東京・南青山の岡本太郎記念館第2展示室。小さく濃密な芸術空間のなかで繰り広げられた類のないライヴをどうぞお楽しみください。

【演奏者】
池田篤 アルト&ソプラノ・サックス

【録音】
2020年2月1日 東京南青山・岡本太郎記念館にてライヴ録音


「サックスソロの生演奏にはじめて接したぼくは、2時間ものあいだ管一本で観客をグリップしつづけた池田さんに驚嘆したのですが、それにも増して驚いたのは、かつて経験のない光景を眼にしたこと。1曲のなかでサウンドの情景が次々に移ろっていくのです。刻々と相貌を変えるスリリングな演奏を聴きながら、ぼくの脳裏にはなぜか“鳥獣戯画”が立ちのぼっていました。次々に物語が展開していく。それらはすべてシームレスにつながってリニアに進む。まるで“絵巻物”じゃないか。そう思ったのです」

―――Days of Delight ファウンダー&プロデューサー 平野暁臣








■日本ジャズの新たなプラットフォーム〈Days of Delight〉レーベル 配信音源一覧⇒



 | 

 |   |