夏のプライスオフキャンペーン後半戦!寝落ちハープから悠久の歴史絵巻まで…オススメ一挙紹介

2020/07/23
夏のプライスオフキャンペーンもいよいよ後半戦!今年は梅雨明けの報せが、なかなか聞こえてこないですね。「換気」が重要なトピックである2020年の夏は、例年のようにエアコンで部屋をキンキンに冷やして、静寂のなかでハイレゾの美音を味わう……というわけにもいかなさそうです。そこで今回は、腕組みしてじっくり鑑賞するタイプのアルバムではなく、BGMや気分転換にぴったりなアルバムをご紹介します。どうか窓は開けたまま、蝉の鳴き声や生活音といっしょにお楽しみください。いずれもプライスオフキャンペーン参加アルバム。最大50%オフの大チャンスをお見逃しなく!


■おすすめ 01 ~ハープと一緒に寝落ち~


涼やかで神秘的な響きをもつハープは、ムシムシした夏に聴くのにうってつけ。この楽器の特性や魅力をとことん味わえるアルバムをご紹介します。



DJ、作曲家、エンジニアであり、環境音楽・アンビエントにフォーカスした国内屈指の野外フェス「CAMP Off-Tone」の主宰者であるMatsusaka Daisukeによる、環境音楽(アンビエント・ミュージック)アルバム。クラシック原曲の面影があるようなないような、摩訶不思議な雰囲気とともにゆっくりと森のなかに分け入っていく、心地よさ満点の音楽ワールドです。一般的なクラシック・アルバムではおのずと限界がある「もっと眠れる」という実用性を、リスナーを「寝落ち」に誘うサウンドを創り出しています。環境音楽、ヒーリング、エレクトロニカが肌に合う方にもオススメ。「耳福」「聴き手にそっと寄り添ってくれる」「極上の安らぎと潤い」と各界のミュージシャンから賞賛のコメントが寄せられているほか、ホテル、ワインバー、医療機関などさまざまな施設のBGMとしても好評です。新感覚の安眠&リラックスアルバムとしてどうぞ!

「もりでねてた」オフィシャルサイト



●天使のハープ
1,375円~2,475円(50%OFF)
天使のハープ西山まりえ


e-onkyo musicのロングヒットアルバムのひとつである本作、ただいま驚異の50%オフ!ヒストリカル・ハープ奏者の西山まりえが、中世からマリー・アントワネットの時代まで、年代の異なる5台のハープを自在にあやつります。ヒストリカル・ハープは、モダン・ハープより軽やかで典雅な音色が魅力で、窓から入ってきたそよ風にもやさしくなじみます。風光明媚な軽井沢での録音です。



●バロック・ハープとの出会い(2011リマスター)
2038円(20%OFF)
バロック・ハープとの出会い(2011リマスター)
西山まりえ


こちらもヒストリカル・ハープ奏者、西山まりえの演奏。何も知らないでさわりだけ聴くと「お琴の一種かな?」と勘違いしてしまうような、どこか東洋的な響きをもつバロック・ハープ。素朴なように聴こえますが、モダン・ハープのようなペダルもなく、つくりもかなり複雑な楽器です。弦を三列に並べた構造になっており、半音を出すために指を突っ込んで弾かなければいけません。これを音楽性豊かに弾きこなす日本人奏者は、西山まりえをおいて他にいないでしょう。



●Toccata - エリザ・ネッツァー: ハープ・リサイタル
997円(32%OFF)
Toccata - エリザ・ネッツァー: ハープ・リサイタル
エリザ・ネッツァー


モダン・ハープの音も聴いてみたい、という方はぜひこちらを。2015年、イタリアのサルッツォで開催された国際ハープ・コンクール「Suonid'Arpa」の優勝者エリザ・ネッツァーによる演奏です。このアルバムの特徴はなんといっても作品の多彩さ。華麗な技巧を要するスカルラッティの曲にはじまり、ハープを打楽器のように使ったハチャトゥリアンのトッカータなど、ハープという楽器のポテンシャルを知ることができる曲が並んでいます。どれほどゴージャスな響きでも決して暑苦しくないのがハープの魅力。夏の盛りにぴったりのアルバムです。1000円以下で配信中!



■オススメ02 ~ここではないどこかへ……悠久の響きに癒される~


今年の夏は旅行も控えよう……という方も多いのでは。せめて気分だけでも「ここではないどこか」へ行きたい…!北欧の大地から宇宙のかなたまで(!)家にいながらにして悠久の世界を感じられるアルバムをピックアップ。



フィンランド出身の指揮者ピエタリ・インキネンが、日本のオーケストラに北欧の風を運んでくる!2015年のシベリウス・イヤーにリリースされた交響曲全集がスペシャルプライスオフで配信中。ひとつひとつの音に丁寧に生命力を吹き込み、精緻でリアリティのあるシベリウス像を作り上げていくインキネンの演奏は、遠い北欧の世界に心をワープさせるのにぴったり。今夏に1作1作じっくりと聴いてほしい全集です。



●天正遣欧使節の音楽[2017リマスター]
2200円(20%OFF)
天正遣欧使節の音楽[2017リマスター]
アントネッロ


家と近所のスーパーだけを往復する夏休みなんてイヤだ!!!という方、それならいっそ500年前にタイムスリップしては?本作「天正遣欧使節の音楽」は、1582年、九州のキリシタン大名によってローマ教皇のもとに派遣された4人の少年(天正遣欧使節)の生涯を、当時の音楽の再現とアレンジによって表現した壮大な物語絵巻。アントネッロのリーダー・濱田芳通が、足かけ10 年以上、現在まで残っている記録・資料を可能な限り調査し、独自のアレンジでもって当時の西洋音楽を再現します。……と言葉で説明されてもピンとこないと思われるので、まずはぜひ試聴を。ツボる方は間違いなく5秒で心を持っていかれるはずです。プライスオフ期間中にぜひ!



●マーラー:交響曲第8番「千人の交響曲」
997円(32%OFF)
マーラー:交響曲第8番「千人の交響曲」
ワルシャワ・フィルハーモニー管弦楽団アントニ・ヴィト


少しずつ演奏会が再開されつつあるクラシック。しかし何十人、何百人もの人びとが高らかに唱和する「合唱」の復活は、残念ながらもう少し先になりそう……というわけで、迫力ある歌声はひとまずハイレゾで楽しみましょう!「千人の交響曲」は、初演時にオーケストラ・合唱あわせて1000人以上で演奏された超大作交響曲(うち合唱は850人!)。オルガンの音からはじまる冒頭の神秘的かつ壮大な響きは、聴く人を一気に宇宙のかなたへ連れて行ってくれます。海外のレビューで演奏・録音両面において「10/10」の最高評価を得た名盤です。


★その他のプライスオフはこちら!(8月16日まで)
■2020サマーキャンペーン 厳選タイトルがプライスオフ!





 | 

 |   |