独占先行配信!Urban Hula Premium ~ゆったり心地いい大人のリゾート・アコースティック~

2020/01/17
目をつむればそこは・・・可憐で繊細で贅沢な、癒しのサウンド・デトックス。
おなじみのメロディを最高級特注Martinギターが奏でます!

 

【収録曲】
1.Don't Know Why (Urban Hula ver.)
2.Isn't She Lovely (Urban Hula ver.)
3.Just The Two Of Us (Urban Hula ver.)
4.Every Breath You Take (Urban Hula ver.)
5.Do You Really Want To Hurt Me (Urban Hula ver.)
6.Kiss Of Life (Urban Hula ver.)
7.What's Going On (Urban Hula ver.)
8.I Just Called To Say I Love You (Urban Hula ver.)
9.Feel Like Makin' Love (Urban Hula ver.)
10.If I Ain't Got You (Urban Hula ver.)


極上アコースティック・サウンドによる、都会の喧騒を忘れる大人のためのリラクシン・ギター

使用ギターはアコースティック・ギターの有名ブランドであるマーティンのギター、その中でも厳選された木材と熟練の技によって作られ、可憐さ繊細さと豪華さを併せ持ち最も美しいとされるサウンドを持つ”Martin 00-45”のカスタム・モデル。録音マイクはこちらもプレミアムな音特性を持つ高級真空管マイク”Bock49”を使用。タイトル通りのプレミアムなギター・サウンドが満載のシリーズになっている。
倍音がたっぷり含まれた、煌びやかで華やかなリッチなギター・トーンに包まれた作品。同時に繊細なフィンガー・タッチもしっかり表現され聴き飽きないサウンドに。80年代の名曲を中心に選曲されたカヴァー・アルバムになっているが、そのアーバンなサウンド・センスはそのままに、現在の空気をたっぷりと吸い込んだ爽やかなサーフ/フラ・アレンジで表現されたアコースティック・サウンドがとても気持ち良く、何度も聴きたくなる魅力に満ちた作品になっている。オススメは、キラキラした1曲目「Don't Know Why」、アルペジオが良い味の2曲目「Isn't She Lovely」、アーバンな香りたっぷりに生まれ変わった5&8曲目「Do You Really Want To Hurt Me」、「I Just Called To Say I Love You」。

高級リゾート地で浴びる心地良い風のような極上のアコースティック・サウンドに包まれながら特別な癒しの時間を。
大人のためのプレミアム・リッチなアコースティック・アルバム!

◆使用ギター:Martin 00(ダブルオー)-45 Custom


マーティンギターの最高峰、スタイル45。中でも可憐さと豪華さを併せ持ち、最も美しいと称されることも多いのがこの00-45。さらにその特注カスタムモデルで、さらに細部にもこだわった作りとなっている。

TOPにはプレミアムグレードのイングルマンプルースを使用。Side&Backには杢目の美しいインディアン・ローズウッドを選択。ボディはクリアフィニッシュを選択。
ネック材はマホガニーを指定。ネックシェイプはModified Vの44.5mmナット幅。ブレーシング材はシトカ・スプルースのスキャロップドXブレーシング。
スロテッドヘッド仕様で、ブラックエボニーを使用したヘッドプレートには美しいトーチインレイが施されています。アジャスタブルロッド仕様 グローバー製ゴールドペグを搭載。

株式会社 黒澤楽器店 日本総本店 総店長 齋藤直行コメント:
アコースティック・ギター好きが最終的に手にすると言われているMartin 12フレットジョイントのスモールサイズ00(ダブルオー)で、憧れの45スタイルをカスタムオーダーしました。表板に上質なイングルマン・スプルースを使用する事により、00サイズのレスポンスの良さを更に際立たせる事が狙いとなります。またサウンド面だけではなく、ヘッドにトーチインレイを入れるなど45の名に恥じない格式高い見た目も特徴です。
今回の録音を聞いてまず感じたのは、煌びやかさが際立っているという事。特に高音弦のいわゆる「鈴鳴り感」はまさに45サウンド。煌びやかさは時に耳障りに感じる場合がありますが、それが一切なく、非常に心地よいもの。録音マイクの特性もあると思いますが、このギターとの相性の良さも感じます。
また全ての楽曲に言えますが、レスポンスの良さも感じます。それはトップ材のイングルマン・スプルースの特徴が良く出てくれていると思います。演奏者の方は演奏のしやすさを感じてくれたのではないでしょうか。また高品質なマイクで録音する事により、繊細なアコースティックギターの生々しさというものを感じる事も出来ます。純粋なMartinサウンドを是非、堪能して下さい。

◆アーティスト

Tsuu(Guitar)
7歳からクラシックギターを始め、10代20代はエレキギターにのめり込む。
スパニッシュテイストを取り入れたバンドSlow airでギター、作曲を担当しデビュー。
現在はインストバンド、EDENでも活躍。2018年リリース「哭きのギター」では、メインにフィーチャーされ、e-onkyo musicチャートで1位を獲得。

Tsuu コメント:
Martin00の透明感と繊細さが生きるよう、全編をフィンガーピッキングで弾きました。

耳にする機会の多いヒットナンバーばかりなのでメロディーを大切にしながら00の個性を引き出せるように一音一音の鳴り方を考えつつ心を込めて演奏しました。名曲の美しいメロディとMartin 00の持つクリアな音色の組み合わせを楽しみながらお聴き頂けたら、幸いです。

◆レコーディング


【使用機材】 マイク:Bock49 ヘッドアンプ:Neve 1073 SPX
​【録音スタジオ】 S2Sスタジオ
【録音日】 2019年12月


三好達也(ミックス/マスタリング)コメント:
きらびやかな響きながらふくよかさのあるサウンドのMartin 00-45ですが、仕上がりに関しては切れの良いスチール弦の明るさを残しつつもバッキングとメロとの兼ね合い含め奥行きを感じれるように意識しました。Urban Hulaというタイトルですが、リゾートの夕焼け的な情景を思い浮かべて聴いてもらえればと思います。

後藤俊(レコーディング)コメント:
今回使用した00-45ふくよかさ、きらびやかさは勿論ですが、優しいタッチでもとても立ち上がりの良さを感じました。録音時気にかけた点としては、企画タイトルから爽やかさが演出できるよう、気持ち高域が強調できるセッティングにしてあります。




 | 

 |   |