【11月8日更新】 ハイレゾ・クラシック by e-onkyo music

2019/11/08
衛星音楽放送ミュージックバードで絶賛放送中「ハイレゾ・クラシック by e-onkyo music」。原典子が珠玉のハイレゾ音源をセレクト。
https://musicbird.jp/programs/high-reso-classic/


文◎原典子
日が短くなり、冬の足音が近づいてくると、わけもなく憂鬱な気分になるという方も多いのではないでしょうか? そんなときは家にこもって読書と音楽を。メランコリーはクラシック音楽を形成する大切な要素。ほの暗く、美しく、やわらかな旋律が、疲れた心をそっと受け止めてくれることでしょう。


<流れよ、わが涙>

●『心地よき憂鬱』
チェリス・コンソート・オブ・ヴァイオルズ、エマ・カークビー(S)




●『アレッサンドロ・デラ・チャイア:哀歌集』
ロベルタ・インヴェルニッツィ(S)ラボラトリオ'600





<夜想曲>

●『フィールド:ノクターン全集』
エリザベス・ジョイ・ロエ(P)




●『ショパン:ノクターン集』
山本貴志(P)




●『Nocturnes』
ルパート・チャールズワース(T)エドウィジュ・ヘルヒェンローダー(P)





<憂鬱なセレナード>

●『チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲ほか』
ユリア・フィッシャー(Vn)ヤコフ・クライツベルク指揮ロシア・ナショナル管弦楽団




●『スクリャービン:ニュアンス~ピアノ作品集』
ヴァレンティーナ・リシッツァ(P)




●『East of Melancholy』
タラ・カマンガー(P)





<フロレスタンとオイゼビウス>

●『Schumann: Complete Piano Works, Vol. 8』
フローリアン・ウーリヒ(P)




●『シューベルト:歌曲集~郷愁』
アンナ・ルチア・リヒター(S)ゲロルト・フーバー(P)




●『ノーブルでメランコリーな楽器~19世紀のホルンとピアノのための作品集』
アレック・フランク=ゲミル(Hn)アラスデア・ビートソン(P)





<エレジー>

●『Faure、Franck、Ravel、Poulenc』
アレクサンドル・ルサコフスキー(Vc)アンバー・シャイ・ニコルソン(P)




●『フランス歌曲集~気まぐれな婚約』
ナタリー・デセイ(S)フィリップ・カサール(P)



●『仏蘭西幻想奇譚 Playing in the Dark』
矢沢朋子(P)





<悲しきワルツ>

●『Sibelius: Night Ride and Sunrise』
ピエタリ・インキネン指揮ニュージーランド交響楽団




●『グリーグ:「抒情小曲集」より と バラード 作品24 』
ペーテル・ヤブロンスキー(P)




●『Nordic Noir』
マリ・サムエルセン(Vn)



  • ※ミュージックバードとは
    音楽にこだわる人の「高音質」音楽放送サービス。
    本格派クラシック、ジャズをはじめ、歌謡・演歌、ロック、J-POPなど、 音楽ジャンルごとに専門チャンネルを放送。
    いい音にこだわる オーディオ・ファンのためのチャンネル「THE AUDIO」も絶賛放送中!
    初期費用無料、月額2,000円(税別)で楽しめる「コミコミLight」プラン好評受付中。
    「コミコミLight」の詳細はコチラ→ http://musicbird.jp/komikomi/a


    お問合せは、
    ミュージックバード カスタマーセンター TEL 03-3221-9000
    <平日>10:00~12:00、13:00~18:00 (※土・日・祝 休業)
     オフィシャル・ウェブサイト


    *********
    出演者:原典子(はら・のりこ) 音楽に関する雑誌や本の編集者・ライター。上智大学文学部新聞学科卒業。音楽之友社『レコード芸術』編集部、音楽出版社『CDジャーナル』副編集長を経て、現在はフリーランス。『intoxicate』『CDジャーナル』など音楽雑誌への執筆のほか、坂本龍一監修の音楽全集『commmons: schola』の編集を担当。鎌倉で子育てをしながら、「レゾナンス<鎌倉のひびき>コンサートシリーズ」の企画にも携わる。
    ********

 | 

 |   |