コルトレーン幻の音源発掘再び!名盤『至上の愛』半年前の黄金のカルテットによる未発表スタジオ録音!

2019/09/27
2018年にリリースされた完全未発表スタジオ録音作『ザ・ロスト・アルバム』で全世界のジャズ・ファンに衝撃を与えたジャズ・レジェンド、ジョン・コルトレーン。彼の更なる未発表スタジオ録音が発見され、この度ハイレゾ音源にて配信開始。



■アメリカ音楽史の幻の遺産、再び発掘!
『Blue World』/ジョン・コルトレーン


ジャズ史上最高のカリスマ、ジョン・コルトレーン(1926-1967)。2018年にリリースされた完全未発表スタジオ録音作『ザ・ロスト・アルバム』は全世界のシーンに衝撃を与え大ヒットを記録。日本でも、第 33 回日本ゴールドディスク大賞「ジャズ・アルバム・オブ・ザ・イヤー」を獲得しました。

その『ザ・ロスト・アルバム』の翌年の 1964 年に、マッコイ・タイナー~ジミー・ギャリソン~エルヴィン・ジョーンズという通称・黄金のカルテッ
トを率いて吹き込んだ未発表スタジオ音源が、録音から 55 年を経て奇跡のリリース!

1964 年 6月、カナダ国立映画制作庁の委嘱で、フランス語映画「Lechat dans le sac (英題:The Cat in the Bag)』(日本未公開)の為に、ルディ・ヴァン・ゲルダー・スタジオにて録音された、名実ともに絶頂期のパフォーマンス。

録音された 5 曲はいずれもコルトレーンのオリジナル曲。本レコーディング・セッションに関する当時のレコード会社にスタジオ使用の記録が残っていなかったため、映画のために録音を依頼されたという事実は、コルトレーン研究家の間でも数年前まで知られていませんでした。

今回、セッションの全音源(合計 8 テイク)がフル・ヴァージョンでまとめられ世界初リリース。コルトレーン生涯の代表作『至上の愛』の約半年前という、ジャズ史上でも非常に重要な時期のパフォーマンスだけに、『ザ・ロスト・アルバム』級の衝撃をリスナーに与えることでしょう。


【パーソネル】
ジョン・コルトレーン(ts)
マッコイ・タイナー(p)
ジミー・ギャリソン(b)
エルヴィン・ジョーンズ(ds)

★1964 年 6 月 24 日、
ニュージャージー、ヴァン・ゲルダー・スタジオにて録音
Recorded, Mixed and Mastered by Rudy Van Gelder
Re-Mastered by Kevin Reeves at Universal Music Mastering, NY
Original 1/4" analog mono tapes were used for all tracks.
Original recording produced by John Coltrane
Blue World produced by Ken Druker
Executive Producer: Ravi Coltrane
Executive Producer for UMe: Harry Weinger



第33回日本ゴールドディスク大賞「ジャズ・アルバム・オブ・ザ・イヤー」獲得『ザ・ロスト・アルバム』

 

 


■関連特集:世紀の大発掘音源!


 | 

 |   |