注目のオンド・マルトノ奏者、大矢素子 待望のハイレゾ配信開始!

2019/09/06
1920年代にフランス人音楽家、モリス・マルトノによって開発された電子楽器「オンド・マルトノ」。坂本龍一をして「エロティックで神秘的な音」と評する、この魅惑の楽器にフォーカスをしたアルバムがハイレゾで登場。演奏するのは注目のオンド・マルトノ奏者、大矢素子。坂本龍一がマルトノのために書いたオリジナル楽曲(Rebirth 2)をはじめ、オンド・マルトノの魅力が存分に引き出される楽曲全6曲を収録。大矢素子によるオンド・マルトノの解説ムービーと併せてお楽しみ下さい。

「エロティックで神秘的な音」--- 坂本龍一(音楽家)



『オンド・マルトノ作品集』/大矢素子


『オンド・マルトノ作品集』
1. 池辺晋一郎:熱伝導率
――オンド・マルトノのために(1995)
2. トリスタン・ミュライユ:ガラスの虎(1974)
3. 坂本龍一:Rebirth 2(2015)
4. 近藤譲:原因と結果(2014)
5. ベルナール・パルメジアーニ:ウートルメール(1969)
6. 坂本龍一:パロリブル(1985)

大矢素子(オンド・マルトノ)
佐藤紀雄(ギター/4) 
甲斐史子(ヴィオラ/4) 
有馬純寿(エレクトロ/3,5) 
松本望(ピアノ/2,6)

録音:2018年12月16日、2019年2月2&3日、キング関口台スタジオ


「映画『レヴェナント: 蘇えりし者』の音楽を制作していた時、監督からの要望でオンド・マルトノを使いたいということになり、日本で大矢さんに出会った。僕は10 代の頃からメシアンや三善晃の曲などでこの楽器の音を聴き、なかなかエロティックで神秘的な音だなと思っていたのだが、本物の楽器に接したのはこの時が初めて。今回のアルバムでは、その時に弾いていただいた「Rebirth 2」という曲と、30代の時にアナログシンセを使ってこの楽器を模して作った「パロリブル」という曲を収録していただいた。両方ともサイン波なので、音自体を似せるのは容易いが、表現力は大矢さんの方が一枚も二枚も上である。」坂本龍一(音楽家)




魅惑の電子楽器、オンド・マルトノのアルバムの登場。

オンド・マルトノは、モリス・マルトノが1920 年代に開発した電子楽器(「オンド」はフランス語で電波や波。マルトノの電波、といった意味の楽器)。小型オルガンのような、鍵盤(とその前にワイヤーが張ってある)がついた本体と、大小様々のスピーカーの組み合わせで、つやのある弦楽器のような音色から、宇宙空間をただようような神秘的な音、時には爆発的な音まで、様々な音色が出る魅惑の電子楽器です。誕生してまもなく100年ほどの楽器ですが、メシアンをはじめ大作曲家たちによるオリジナル楽曲が多く書かれているほか、映画やTVCMなどでもしばしば使われているなど、注目の楽器といえるでしょう。



演奏するのは大矢素子。これまでに東京オペラシティ「B→C」に登場、また、2017年の日本音楽界の話題をさらった公演「メシアン:アッシジの聖フランチェスコ」(カンブルラン指揮、読響)でもオンド・マルトノを演奏。さらに、映画『レヴェナント:蘇えりし者』(2016)において坂本龍一作曲の楽曲を演奏しています。オンド・マルトノ研究で博士号を取得してもいる、まさに演奏と研究の両面でマルトノ界の最先端をいく注目の存在です。



収録作品は、坂本龍一がマルトノのために書いたオリジナル楽曲(Rebirth 2)をはじめとする、マルトノのオリジナル作品たち(パロリブルは、坂本龍一は1985 年発売のCD「未来派野郎」においてアナログシンセで録音していますが、もともとはマルトノの音色を想定した楽曲)。ディスク冒頭に収録の池辺晋一郎の「熱伝導率」では、マルトノの醍醐味のひとつともいえる強烈なグリッサンドやポルタメントが多用されており、一気にマルトノの世界へと引き込まれます。坂本龍一の「Rebirht 2」は、アカデミー賞主演男優賞(レオナルド・ディカプリオ)・監督賞・撮影賞を受賞した『Revenant:蘇えりしもの』の劇中音楽。映画でも、実際に大矢素子が奏でるマルトノが流れ、映画の世界を盛り上げておりました。他にも近藤譲のミリ単位の高度なアンサンブルが求められる世界初録音曲『原因と結果』など、注目のプログラムです。

共演陣は、アンサンブル・ノマドで百戦錬磨の活躍と実力をみせるギターの佐藤紀雄とヴィオラの甲斐史子。エレクトロは東京現音計画の有馬純寿。ピアノの松本望は作曲・ピアノの両面で活躍する俊英。現代音楽シーンのみならず、日本の音楽界の要となる奏者たちが集結しています。







コメントムービー



「音色と、音の高さと、音の強さを「本体」で決めて、そこから出ていく先が各スピーカーです。リアルタイムでコントロールするので、そういう意味ではバイオリンやチェロと通じるところがあります。決まった音が最初からなくて、その場で出していくところが難しくもあり、魅力でもあります」



プロフィール



大矢素子 (おおや もとこ)
 英国生まれ。東京藝術大学楽理科在学中、オンド・マルトノの響きに魅了され、演奏と研究両面からアプローチ。同大学院在学時、開発者モリス・マルトノ著『アクティヴ・リラクゼーション』を翻訳出版(春秋社)。ロータリー国際親善奨学生として渡仏後、パリ国立高等音楽院に入学。在院中メシアン《三つの小典礼》の世界ツアーにソリストとして出演。平成20 年度文化庁新進芸術家海外研修制度派遣研修員として研鑽を積み、同音楽院オンド・マルトノ科を最優秀(首席)で卒業。マルトノの思想研究により音楽学博士号を取得(東京藝術大学)。オンド・マルトノを原田(ハラダ) 節(タカシ)、ヴァレリー・アルトマン=クラヴリィ、音楽学を船山隆、福中冬子の各氏に師事。
 オペラシティ「B→C」出演。東フィル、読響、N響、都響など各オーケストラと共演。NHK Eテレ「スコラ 坂本龍一音楽の学校―電子音楽編」出演、アカデミー賞主演男優賞・監督賞・撮影賞受賞映画『レヴェナント:蘇えりし者』において坂本龍一作曲の楽曲を演奏、2017 年メシアン《アッシジの聖フランチェスコ》の全曲本邦初演(シルヴァン・カンブルラン指揮、読響)に参加。2019 年東京・春・音楽祭でリサイタルを開催(於上野の森美術館)など多方面で活動を展開。
現在東京藝術大学非常勤講師。
現代音楽における演奏・研究両面からの活躍が益々期待される存在である。

 | 

 |   |