キャスパー・トランバーグ&南博カルテット『WaRsaW WoW』ハイレゾ配信スタート

2019/05/20
綾戸知恵や菊地成孔などとの共演、共同製作でも知られるジャズピアニストであり、『白鍵と黒鍵の間に』等作家としても人気の高い南博。親交の深いデンマークのトランペッター、キャスパー・トランバーグとコラボしたライブ・アルバムをリリース。


『WaRsaW WoW』
Kasper Tranberg & Hiroshi Minami Quartet



【収録曲】
1. Empire Red State Building
2. Alley
3. More Than Quiet
4. I'm here
5. Café Circle
6. winter tea

【パーソネル】
トランペット:キャスパー・トランバーグ
ピアノ:南博
ベース:金森基
ドラムス:芳垣安洋



南博
1988年バークリー音楽大学より奨学金を得て渡米、
91年作曲/パフォーマンス課卒。
ピアニストとして、また作曲家として国内外のグループに客演、
作品提供を行うほか、99年よりイーストワークスから「three times one」、
「SONGS」、「GO THERE!」などコンスタントに作品を発表。
綾戸智恵、菊地成孔との共演、共作でも知られている。
そして2008年には初エッセイ「白鍵と黒鍵の間に」、
「Like Someone In Love」と立て続けに発表し高評を得る。
近年ではヨーロッパのミュージシャンとの交流、ツアーを敢行。
特にデンマークのトランペッター、キャスパー・トランバーグとの親交は深く、
コペンハーゲンジャズフェスティバルを含むコンサート活動、CDに参加。

Kasper Tranberg
1971年デンマーク生まれ。
ジャズ・コルネット/トランペット奏者。
86年王立デンマーク音楽院に入学し、90年からは2年間バークリー音楽院に留学。
ヤクザ・ザッフル、パノラマ、モーティマ・ハウスといったグループで活動。
2002年に南博(p)を加えたセクステット編成の『MORTIMER HOUSE』
でリーダー・デビュー。バップとフリーをかけ合わせたり、
ときにECM的だったりと、テンションの高い新鮮な演奏を披露している。











【南博 関連作品】


 | 

 |   |