【4/12更新】 印南敦史の名盤はハイレゾで聴く

2019/04/12
月間50本以上の書評を執筆する書評家であり、ベストセラー『遅読家のための読書術――情報洪水でも疲れない「フロー・リーディング」の習慣』の作家としても知られ、更にヒップホップなどのブラック・ミュージックからクラシックまでを幅広くフォローする異色の音楽評論家としての顔を持つ印南敦史による連載「印南敦史の名盤はハイレゾで聴く」。
サリナ・ジョーンズ『My Love』
サリナの名作を聴くたびに思い出すのは、本人を怒らせてしまった痛恨のミス


自分が書いた文章が初めて音楽雑誌に掲載されたのは、1994年4月のこと。同じ年の同じ月に生まれた息子が今月で25歳になるので、もの書きとしての僕のキャリアも25年ということになります。

早いナリねぇ……。

当然のことながらこの25年の間には、さまざまな方にインタビューもしてきました。数えたことはないけれど、少なく見積もっても500人以上の方々に話を伺っているんじゃないかな?

人の話を聞くのは好きなので、インタビューには向いているんだろうなと思っています。初対面で意気投合し、その数週間後に飲みに行くことになったというケースも少なくないし。

だから多少なりとも自信を持ってもいるのですが、とはいえもちろん失敗だってありました。

ちなみに「これ以上ない」というほどの大失敗をしたのは、ある雑誌でサリナ・ジョーンズにインタビューしたときのことです。

サリナ・ジョーンズは大好きなシンガーで、特に1981年にリリースされた日本制作アルバム『My Love』は文字どおりの愛聴盤。いまも定期的に聴きなおしていますし、何度聴いてもまったく飽きることがありません。

本人のヴォーカルの魅力もさることながら、特筆すべきはバック・ミュージシャンの豪華さです。

エリック・ゲイル(g)、コーネル・デュプリー(g)、リチャード・ティー(key)、ゴードン・エドワーズ(b)、スティーヴ・ガッド(ds)と、つまり1970年代のフュージョン・シーンにおける最重要グループであるスタッフのメンバーががっちりとサポートしているのです。

タイトで余裕を感じさせるバンド・サウンドがサリナのヴォーカルの魅力を理想的なかたちで引き出しており、非常に安定感があります。

しかも取り上げているのは、アルバム・タイトルにもなっているポール・マッカートニーの「My Love」からスティーヴィー・ワンダーの「Lately」まで、おなじみの名曲ばかり。

なお当時の最先端技術をあますところなく取り入れた作品でもあるので、サウンドの臨場感も抜群。だからこそ、ハイレゾ再生にとても適した作品であるとも言えます。

そんな名作を残しているサリナ・ジョーンズに話を聞けるとなれば、そりゃー気持ちが高ぶっても当然。僕はコミュ障チックなところがあるわりにインタビューではあまり緊張しないという、なんだかわけのわからない人間なのですが、それでもこの日はかなりの興奮状態にあった気がしています。

しかし、だからといってミスをしていいわけではありません。

もちろん意図的なものではなく、単なるミスなのですが、ちょっととんでもないことをやらかしてしまったのです。

彼女の夫はキース・マンスフィールドという著名な作曲家/アレンジャーです。あまり表に出てくることはないのですが、BBCのテレビ番組の音楽や、映画音楽などを多数手がけている方です。

サリナはそんな夫がいかに素晴らしい人であるかを、幸せそうに語ってくれました。印象的だったのは、「彼はレクサスも買ってくれたのよ」と言っていたこと。「そーいうことかよ!」と、ちょっとだけツッコミを入れたい気もしましたけれど。

しかし彼女はその後、「彼は亡くなってしまったからバイバイしたの」と寂しそうな表情で言ったのでした。

いや、違います。僕が、そう聞き違えてしまったのです。

なぜ、そんなことになってしまったのか?

インタビューをしたのは、ディスコ・シンガーのドナ・サマーが他界した直後でした。話の最中にもそのことが話題に上がり、サリナは「彼女は亡くなってしまったから、バイバイね」と言ったわけです。

話題があっちに行ったりこっちに行ったりしていたから……と言い訳するしかないのですが(しかし、そんなことは無駄である)、つまり僕は「ドナ・サマーの死」を「キース・マンスフィールドの死」と勘違いしてしまったということ。

しかも悪いことに、同行した編集者もその間違いに気づきませんでした。そのため、誰も気づかないまま「夫は亡くなってしまった」という発言が記事になったという最悪の結果に。

編集者から連絡があったのは、その号が発売された直後のことでした。

「サリナ・ジョーンズさんが、『うちの旦那は死んでない!』とたいへんお怒りのようでして……」

元気に生きている夫を死んだことにされたのですから、そりゃ怒りますよね。しかし雑誌は出てしまいましたから、どうするわけにもいきません。仕方なく同誌のウェブサイトに謝罪文を出したのですが、思い出すといまでも冷や汗が出ます。

そんなことがあったため、大好きだった『My Love』を耳にすると、なんだか恥ずかしいような、申し訳ないような気持ちにもなってしまうのです。


◆今週の「ハイレゾで聴く名盤」


『マイ・ラヴ【K2HD】』
サリナ・ジョーンズ



◆バックナンバー
【4/5更新】萩原健一『熱狂・雷舞』
ショーケンの才能が明確に表れたライヴ・アルバムは、亡き叔父との記憶とも連動

【3/29更新】ザ・スミス『Meat Is Murder』
30数年前と現在をつなげてくれることになった、いま聴いてもまったく色褪せない名作

【3/22更新】スティーヴ・ミラー・バンド『Fly Like an Eagle』
日本での評価は低すぎる? 誰にも真似のできない「イナタい」かっこよさ

【3/15更新】ニール・ヤング『Greatest Hits』
深夜の碓氷峠で、トラックにパッシングされながら聴いた“Harvest Moon”

【3/8更新】フォガット『LIVE!』
火事で憔悴しきっていたときに勇気づけてくれた、痛快で爽快なブギー・アルバム

【3/1更新】ニーナ・シモン『ボルチモア』
尊敬する人が旅立った日の夜に聴きたくなった、ニーナ・シモンの隠れた名作

【2/22更新】ダイアー・ストレイツ『Communique』
衝撃的だったデビュー作にくらべれば明らかに地味。わかってはいるけれど、嫌いになれないセカンド・アルバム

【2/15更新】ウィリー・ネルソン『Stardust』
アメリカン・スタンダード・ナンバーを取り上げた、ブッカー・T.ジョーンズ・プロデュース作品

【2/8更新】ビル・ウィザース『スティル・ビル』
コンプレックスを抱えた苦労人だからこそ表現できる、暖かく、聴く人の心に寄り添うようなやさしい音楽

【2/1更新】フランク・シナトラ『The Centennial Collection』
シナトラの魅力を教えてくれたのは、あのときの上司、そしてバリ島のプールサイドにいた初老の男性

【1/25更新】マライア・キャリー『マライア』
南青山の空気と好きだった上司を思い出させてくれる、いまなお新鮮なデビュー・アルバム

【1/18更新】バリー・マニロウ『Barry』
地道な努力を続けてきた才人による、名曲「I Made It Through The Rain」を生んだ傑作

【1/11更新】渡辺貞夫『マイ・ディア・ライフ』
FM番組とも連動していた、日本のジャズ/フュージョン・シーンにおける先駆的な作品

【12/28更新】ビリー・ジョエル『52nd Street』
『Stranger』に次ぐヒット・アルバムは、1978年末のカリフォルニアの記憶と直結

【12/21更新】チャカ・カーン『I Feel For You』
ヒップホップのエッセンスをいち早く取り入れた、1980年代のチャカ・カーンを象徴するヒット作

【12/14更新】ドン・ヘンリー『I Can't Stand Still』
イーグルスのオリジナル・メンバーによるファースト・ソロ・アルバムは、青春時代の記憶とも連動

【12/7更新】Nas『Illmatic』
90年代NYヒップホップ・シーンに多大な影響を与えた、紛うことなきクラシック

【11/30更新】イエロー・マジック・オーケストラ『ソリッド・ステイト・サヴァイヴァー』
最新リマスタリング+ハイレゾによって蘇る、世界に影響を与えた最重要作品

【11/23更新】ライオネル・リッチー『Can’t Slow Down』
世界的な大ヒットとなった2枚目のソロ・アルバムは、不器用な青春の思い出とも連動

【11/16更新】クイーン『オペラ座の夜』
普遍的な名曲「ボヘミアン・ラプソディ」を生み出した、クイーンによる歴史的名盤

【11/9更新】遠藤賢司『東京ワッショイ』
四人囃子、山内テツらが参加。パンクからテクノまでのエッセンスを凝縮した文字どおりの傑作

【11/2更新】ザ・スリー・サウンズ『Introducing The 3 Sounds』
「カクテル・ピアノ」のなにが悪い? 思春期の少年に夢を与えてくれた、親しみやすいピアノ・トリオ

【10/26更新】ロバータ・フラック『やさしく歌って』
1970年代の音楽ファンを魅了した才女の実力は、「ネスカフェ」のCMソングでもおなじみ

【10/19更新】井上陽水『陽水ライヴ もどり道』
思春期の甘酸っぱい思い出をさらに際立たせてくれるのは、立体感のあるハイレゾ・サウンド

【10/12更新】カーペンターズ『シングルズ 1969-1981』br> 思春期の甘酸っぱい思い出をさらに際立たせてくれるのは、立体感のあるハイレゾ・サウンド
【10/5更新】エアロスミス『Rocks』
倉庫でレコーディングされた名盤が思い出させてくれるのは、クリスチャンの人たちとの思い出

【9/28更新】サイモン&ガーファンクル『Bookends』
消息不明の親友との記憶を思い出させてくれる、個人的にとても大きな価値のある作品

【9/21更新】ジェフ・ベック『Wired』
前作『Blow By Blow』の成功を軸に、クリエイティヴィティをさらに昇華させた意欲作

【9/14更新】マーヴィン・ゲイ『I Want You』
リオン・ウェアとマーヴィン、それぞれの実力が理想的なかたちで噛み合った“夜の傑作”

【9/10更新】エアプレイ『ロマンティック』
ジェイ・グレイドンとデイヴィッド・フォスターによる“限定ユニット”が生み出したAORの名作

【8/27更新】上田正樹とSOUTH TO SOUTH『この熱い魂を伝えたいんや』
日本を代表するソウル・シンガーの原点ともいうべき、ハイ・クオリティなライヴ・アルバム

【8/19更新】アレサ・フランクリン『Live At The Fillmore West』
サンフランシスコのロック・ファンをも見事に魅了してみせた歴史的ライヴ

【8/13更新】ボビー・コールドウェル『イヴニング・スキャンダル』
南阿佐ヶ谷のカフェでの記憶と、ボビー本人の意外なキャラクター

【8/2更新】バド・パウエル『ザ・シーン・チェンジズ』
奇跡のピアノ・トリオが掘り起こしてくれるのは、三鷹のジャズ・バーで人生を教わった記憶

【7/27更新】ロッド・スチュワート『Atlantic Crossing』
「失恋マスター」を絶望の淵に追いやった「Sailing」を収録。言わずと知れたロック史に残る名作

【7/20更新】エア・サプライ『Live in Hong Kong』
魅惑のハーモニーが思い出させてくれるのは、愛すべき三多摩のツッパリたちとの思い出

【7/13更新】アース・ウィンド&ファイア『The Best Of Earth, Wind & Fire Vol. 1』
親ボビーとの気まずい時間を埋めてくれた「セプテンバー」を収録したベスト・アルバム

【6/29更新】イーグルス『Take It Easy』
16歳のときに思春期特有の悩みを共有していた、不思議な女友だちの思い出

【6/29更新】ジョー・サンプル『渚にて』
フュージョン・シーンを代表するキーボード奏者が、ザ・クルセイダーズざ移籍時に送り出した珠玉の名盤

【6/22更新】スタイル・カウンシル『カフェ・ブリュ』
ザ・ジャム解散後のポール・ウェラーが立ち上げた、絵に描いたようにスタイリッシュなグループ

【6/15更新】コモドアーズ『マシン・ガン』
バラードとは違うライオネル・リッチーの姿を確認できる、グルーヴ感満点のファンク・アルバム

【6/8更新】デレク・アンド・ザ・ドミノス『いとしのレイラ』
エリック・クラプトンが在籍したブルース・ロック・バンドが残した唯一のアルバム

【6/1更新】クイーン『Sheer Heart Attack』
大ヒット「キラー・クイーン」を生み、世界的な成功へのきっかけともなったサード・アルバム。

【5/25更新】ボブ・マーリー&ザ・ウェイラーズ『Live!』
「レゲエ」という音楽を世界的に知らしめることになった、鮮度抜群のライヴ・アルバム

【5/18更新】イーグルス『One of These Nights』
名曲「Take It To The Limit」を収録した、『Hotel California』前年発表の名作

【5/11更新】エリック・クラプトン『461・オーシャン・ブールヴァード』
ボブ・マーリーのカヴァー「アイ・ショット・ザ・シェリフ」を生んだ、クラプトンの復活作

【5/6更新】スティーヴィー・ワンダー『トーキング・ブック』
「迷信」「サンシャイン」などのヒットを生み出した、スティーヴィーを代表する傑作

【4/27更新】オフ・コース『オフ・コース1/僕の贈りもの』
ファースト・アルバムとは思えないほどクオリティの高い、早すぎた名作

【4/20更新】チック・コリア『リターン・トゥ・フォーエヴァー』
DSD音源のポテンシャルの高さを実感できる、クロスオーヴァー/フュージョンの先駆け

【4/12更新】 ディアンジェロ『Brown Sugar』
「ニュー・クラシック・ソウル」というカテゴリーを生み出した先駆者は、ハイレゾとも相性抜群!

【4/5更新】 KISS『地獄の軍団』
KISS全盛期の勢いが詰まった最強力作。オリジマル・マスターのリミックス・ヴァージョンも。

【2/22更新】 マーヴィン・ゲイ『ホワッツ・ゴーイング・オン』
ハイレゾとの相性も抜群。さまざまな意味でクオリティの高いコンセプト・アルバム

【2/16更新】 ヒューイ・ルイス&ザ・ニュース『スポーツ』
痛快なロックンロールに理屈は不要。80年代を代表する大ヒット・アルバム

【2/9更新】 サイモン&ガーファンクルの復活曲も誕生。ポール・サイモンの才能が発揮された優秀作
【2/2更新】 ジョニー・マーとモリッシーの才能が奇跡的なバランスで絡み合った、ザ・スミスの最高傑作
【1/25更新】 スタイリスティックス『愛がすべて~スタイリスティックス・ベスト』ソウル・ファンのみならず、あらゆるリスナーに訴えかける、魅惑のハーモニー
【1/19更新】 The Doobie Brothers『Stampede』地味ながらもじっくりと長く聴ける秀作
【1/12更新】 The Doobie Brothers『Best of the Doobies』前期と後期のサウンドの違いを楽しもう
【12/28更新】 Barbra Streisand『Guilty』ビー・ジーズのバリー・ギブが手がけた傑作
【12/22更新】 Char『Char』日本のロック史を語るうえで無視できない傑作
【12/15更新】 Led Zeppelin『House Of The Holy』もっと評価されてもいい珠玉の作品
【12/8更新】 Donny Hathaway『Live』はじめまして。




印南敦史 プロフィール

印南敦史(いんなみ・あつし)
東京出身。作家、書評家、音楽評論家。各種メディアに、月間50本以上の書評を執筆。新刊は、『人と会っても疲れない コミュ障のための聴き方・話し方』(日本実業出版社)。他にもベストセラー『遅読家のための読書術――情報洪水でも疲れない「フロー・リーディング」の習慣』(ダイヤモンド社)をはじめ著書多数。音楽評論家としては、ヒップホップなどのブラック・ミュージックからクラシックまでを幅広くフォローする異色の存在。

ブログ「印南敦史の、おもに立ち食いそば」

 | 

 |   |