New York

Lou Reed

Rhino/Warner Records

2015/05/06

1989 Warner Records Inc. Marketed by Rhino Entertainment Company, a Warner Music Group Company.
1989 Warner Records Inc.

アルバム購入

ファイル形式

金額

購入

flac 192kHz/24bit

¥3,143

カートに追加

flac 96kHz/24bit

¥2,515

カートに追加

MQA Studio 192kHz/24bit

¥3,143

カートに追加

※表示金額は税込価格になります。

単曲購入

 

 

 

曲名

時間

金額

試聴

購入

1
Romeo Had Juliette
0:03:09
¥550
カートに追加

Lou Reed[MainArtist], Lou Reed[Writer]

2
Halloween Parade
0:03:33
¥550
カートに追加

Lou Reed[MainArtist], Lou Reed[Writer]

3
Dirty Blvd.
0:03:29
¥550
カートに追加

Lou Reed[MainArtist], Lou Reed[Writer]

4
Endless Cycle
0:04:01
¥550
カートに追加

Lou Reed[MainArtist], Lou Reed[Writer]

5
There Is No Time
0:03:45
¥550
カートに追加

Lou Reed[MainArtist], Lou Reed[Writer]

6
Last Great American Whale
0:03:42
¥550
カートに追加

Lou Reed[MainArtist], Lou Reed[Writer]

7
Beginning of a Great Adventure
0:04:57
¥550
カートに追加

Lou Reed[MainArtist], Lou Reed[Writer], Mike Rathke[Writer]

8
Busload of Faith
0:04:50
¥550
カートに追加

Lou Reed[MainArtist], Lou Reed[Writer]

9
Sick of You
0:03:25
¥550
カートに追加

Lou Reed[MainArtist], Lou Reed[Writer]

10
Hold On
0:03:24
¥550
カートに追加

Lou Reed[MainArtist], Lou Reed[Writer]

11
Good Evening Mr. Waldheim
0:04:35
¥550
カートに追加

Lou Reed[MainArtist], Lou Reed[Writer]

12
Xmas in February
0:02:55
¥550
カートに追加

Lou Reed[MainArtist], Lou Reed[Writer]

13
Strawman
0:05:54
¥550
カートに追加

Lou Reed[MainArtist], Lou Reed[Writer]

14
Dime Store Mystery
0:05:01
¥550
カートに追加

Lou Reed[MainArtist], Lou Reed[Writer]

  • Info
  • Credit
その知性と確信性で全ロック界のカリスマで在り続ける男。
サイアー移籍第一弾で自分のルーツ「ニューヨーク」を歌ったシンプルで 詩的なソロ通算19作目。(1989年作品)


ニューヨークの産んだ異端のグループ、ヴェルヴェット・アンダーグラウンド。
異端だからこその個性で解散後に多くの信奉者、フォロワーを生む事になった。

ヴェルヴェット・アンダーグラウンドは64年にルー・リードとケイルが出会う事により結成の芽 が生まれた。ヴォーカルにニコを迎え67年にデビュー・アルバム「ヴェルヴェット・アンダーグ ラウンド&ニコ」をリリース。当時精力的な活動をしていた、アンディ・ウォーホールに認められ 、彼はデビュー作のプロデュース、アートワーク(有名なバナナのアートワーク)を手掛けていた。

セカンド・アルバムでは、更にノイジーでフリーキーなスタイルで前作を上回る衝撃をシーンにあたえたが、既にリードとケイルの間に衝突が生まれるようになり、ケイルは脱退。サード・アルバ ムはほとんどリードが作ったといってよいものであった。
そして、70年は、ほぼバンドは解散したとみなされている。

よくも悪くもヴェルヴェッツの中心人物となってしまっていたリードは、その後もヴェルヴェッツそのものであったとの評価を得ている。しかし、解散後の作品をみればそれは間違いであると言える。そのリードの音楽性がより濃く表れているのが、この作品である。
移籍第一弾であり心機一転となったのか、タイトルは彼の音楽のルーツである「NEW YORK」。それにサウンドも歌詞、都会の雰囲気とラフさをたっぷりと湛えた、私的で詩的な仕上がりとなっている。
まさにルー・リードの作品であり、そういった意味では最高傑作なのではないだろうか。
【New York/Lou Reed/ハイレゾ】

関連アルバム

一緒に購入されている楽曲

 | 

 |   |