Romantic Piano Masters

Mariam Batsashvili, Various Composers

Warner Classics

2022/08/26

A Warner Classics release, (P) 2022 Parlophone Records Limited
A Warner Classics release, (C) 2022 Parlophone Records Limited

アルバム購入

ファイル形式

金額

購入

flac 96kHz/24bit

¥2,357

カートに追加

※表示金額は税込価格になります。

単曲購入

 

 

 

曲名

時間

金額

試聴

購入

1
Prélude, Fugue et Variation, Op. 18, CFF 30B: I. Prélude (Andantino)
0:03:24
¥316
カートに追加

Mariam Batsashvili[MainArtist], César Franck[Composer], Harold Bauer[Transcriber]

2
Prélude, Fugue et Variation, Op. 18, CFF 30B: II. Lento + III. Fugue (Allegretto ma non troppo)
0:03:22
¥316
カートに追加

Mariam Batsashvili[MainArtist], César Franck[Composer], Harold Bauer[Transcriber]

3
Prélude, Fugue et Variation, Op. 18, CFF 30B: IV. Variation (Andantino)
0:03:54
¥316
カートに追加

Mariam Batsashvili[MainArtist], César Franck[Composer], Harold Bauer[Transcriber]

4
Grand Caprice sur des motifs de 'La sonnambula' de V. Bellini, Op. 46
0:12:29
アルバム販売のみ
カートに追加

Mariam Batsashvili[MainArtist], Sigismond Thalberg[Composer]

5
Isoldens Liebestod, S. 447 (After Richard Wagner)
0:07:16
¥316
カートに追加

Mariam Batsashvili[MainArtist], Franz Liszt[Composer]

6
Die Loreley, S. 532
0:06:45
¥316
カートに追加

Mariam Batsashvili[MainArtist], Franz Liszt[Composer]

7
Lieder aus Franz Schubert's "Schwanengesang", S. 560: No. 7 Ständchen
0:06:07
¥316
カートに追加

Mariam Batsashvili[MainArtist], Franz Liszt[Composer]

8
Lieder aus Franz Schubert's "Schwanengesang", S. 560: No. 3 Aufenthalt
0:03:10
¥316
カートに追加

Mariam Batsashvili[MainArtist], Franz Liszt[Composer]

9
Valse No. 5 in A-Flat Major, Op. 42
0:03:49
¥316
カートに追加

Mariam Batsashvili[MainArtist], Frédéric Chopin[Composer]

10
Valse de l'opéra "Faust", S. 407 (After Gonoud)
0:09:37
¥316
カートに追加

Mariam Batsashvili[MainArtist], Franz Liszt[Composer]

11
3 Caprices-Valses, S. 214: I. Valse de bravoure
0:07:34
¥316
カートに追加

Mariam Batsashvili[MainArtist], Franz Liszt[Composer]

12
Waltz in G-Flat Major, D. Anh. I/14 "Kupelwieser Walzer" (Arr. Strauss for Piano)
0:01:52
¥316
カートに追加

Mariam Batsashvili[MainArtist], Franz Schubert[Composer], Richard Strauss[Arranger]

  • Info
  • Credit
2014年フランツ・リスト国際コンクールで優勝して以来「リストのスペシャリスト」として高い評価を得ているマリアム・バタシヴィリによる、リストの華麗なる超絶技巧編曲作品を中心としたアルバム

【演奏】
マリアム・バタシヴィリ(ピアノ)

【録音】
2021年3月、ベルリン、ジーメンスヴィラ

 1993年ジョージア(グルジア)生まれ。2014年フランツ・リスト国際コンクールで優勝して以来「リストのスペシャリスト」として高い評価を得ているマリアム・バタシヴィリの「リスト愛」を、わたしたちにトランスクリプション作品を通して投げかけます。彼女のファーストアルバム《リスト、ショパン:ピアノ作品集》では、「彼女の技術力とリストの解釈能力、壮大さの表現は当然のことですが、彼の内面の感覚、彼の物欲しげでさりげない詩は、彼女が注目すべきものとして際立たせた」と評しています。

 2019年にリリースされた前作では、19世紀に活躍したリストとショパンの2人の天才の作品を並べ、その関係性を探るとともに、自身の超絶技巧と高い音楽性も披露したマリアム・バタシヴィリ。今作では彼女が最も得意とするリストの作品を軸に、トランスクリプション(編曲)の世界を更に奥深くまで探求していきます。リストの作品を演奏する際に陥りやすいのは、あまりにも華やかさを強調するあまり、その下に潜むものを見逃してしまうこと。とりわけリストが好んだ歌劇や歌曲のトランスクリプションでは、その傾向が顕著となり「うわべの技巧」を追い求めるばかりになってしまう危険性があります。
 今回バタシヴィリは、あくまでもピアノを歌わせることに重点を置くことで、演奏が人工的になることを極力排除しました。アルバムはリストがこよなく愛したというフランクの「前奏曲、フーガと変奏曲 ロ短調」で幕を開けますが、この曲がすでにハロルド・バウアーがピアノ用に編曲したものであることに注目。ピアノでありながら、教会の中で響くオルガンの音色を想起させるほどに充実した音色が得られています。そしてリストのライバルと目されたタールベルクによるトランスクリプションを経て、リストのめくるめく技巧が凝らされた編曲作品が楽しめます。
 またこのアルバムでバタシヴィリはリスト、シューベルト、ショパンのワルツを原曲のまま収録し、19世紀における多彩なワルツも紹介しています。なかでもリストの編曲によるグノーの「ファウストのワルツ」はもともとの賑やかな旋律を更に華やかにしたもので、バタシヴィリの鮮やかな演奏が作品を際立たせています。

【ご注意】CDパッケージ用のコメントを利用していることがあるため、一部内容が当てはまらない場合があります。あらかじめご了承ください。
【Romantic Piano Masters/Mariam Batsashvili, Various Composers/ハイレゾ】

関連アルバム

一緒に購入されている楽曲

 | 

 |   |