Miroirs

Elsa Dreisig

Warner Classics

2018/10/05

2018 Parlophone Records Limited, a Warner Music Group Company
2018 Parlophone Records Limited, a Warner Music Group Company

アルバム購入

ファイル形式

金額

購入

flac 96kHz/24bit

¥2,469

カートに追加

MQA Studio 96kHz/24bit

¥2,469

カートに追加

※表示金額は税込価格になります。

単曲購入

 

 

 

曲名

時間

金額

試聴

購入

1
Faust, Act 3: "Les grands seigneurs ... Ah ! je ris de me voir si belle" (Marguerite)
0:06:24
¥486
カートに追加

Elsa Dreisig[MainArtist], Charles Gounod[Composer]

2
Thaïs, Act 2: "Ah ! je suis seule ... Dis moi que je suis belle" (Thäis)
0:07:03
¥486
カートに追加

Elsa Dreisig[MainArtist], Jules Massenet[Composer]

3
Manon Lescaut, Act 2: "In quelle trine morbide" (Manon)
0:02:40
¥486
カートに追加

Elsa Dreisig[MainArtist], Giacomo Puccini[Composer]

4
Manon, Act 2: "Allons, il le faut ! ... Adieu notre petite table" (Manon)
0:04:08
¥486
カートに追加

Elsa Dreisig[MainArtist], Jules Massenet[Composer]

5
Roméo et Juliette, Act 2: "Je vais donc usurper les droits de la nature" (Juliette)
0:07:26
¥486
カートに追加

Elsa Dreisig[MainArtist], Daniel Steibelt[Composer]

6
Roméo et Juliette, Act 4: "Dieu ! Quel frisson court dans mes veines ? ... " (Juliette)
0:11:01
¥486
カートに追加

Elsa Dreisig[MainArtist], Charles Gounod[Composer]

7
Il barbiere di Siviglia, Act 1: "Una voce poco fa" (Rosina)
0:06:14
¥486
カートに追加

Elsa Dreisig[MainArtist], Gioachino Rossini[Composer]

8
Le nozze di Figaro, K. 492, Act 2: "Porgi amor" (Contessa)
0:03:52
¥486
カートに追加

Elsa Dreisig[MainArtist], Wolfgang Amadeus Mozart[Composer]

9
Hérodiade, Act 1: "Celui dont la parole efface ... Il est doux, il est bon" (Salomé)
0:05:04
¥486
カートに追加

Elsa Dreisig[MainArtist], Jules Massenet[Composer]

10
Salome, Op. 54, TrV 215, Scene 4: "Ah ! Tu n'as pas voulu ..." (Salome)
0:16:24
¥486
カートに追加

Elsa Dreisig[MainArtist], Richard Strauss[Composer]

  • Info
  • Credit
1991年、フランス生まれのエルザ・ドライジグ。父親がフランス人、母親はデンマーク人で、二人とも音楽家であり、彼女も幼い頃から音楽に親しみ、2016年にはプラシド・ドミンゴが主催する「Operalia in 2016」で一位を獲得、サイモン・ラトルも認められ、今や世界的に注目を集めています。2018年の夏にはバレンボイムとツアーを行うということで、そのキャリアに一層磨きがかかることでしょう。
「Miroirs」と題されたこのアルバムは、タイトル通り「鏡に映った姿/反映」をモティーフにしたアリアが選ばれています。それは鏡を見ながら思いにふけるタイス、若き溌剌としたロジーナが、結婚生活を経て憂鬱な伯爵夫人に変貌するフィガロの物語や、シェークスピアの名作「ロメオとジュリエット」のジュリエットがグノー作品と、世界初録音のシュタイベルト作品では違った姿を見せる様子など、一人の女性の持つ二面性を描き出すという興味深いプログラムです。また、効果的な対比を示すために、リヒャルト・シュトラウスの「サロメ」はフランス語版で歌われています。すでに彼女の声の熟成されたも期待できる素晴らしいデビューアルバムです。

【演奏】
エルザ・ドライジグ(ソプラノ)、
ミヒャエル・シェーンヴァント(指揮)
モンペリエ・オクシタニー・ピレネー=メディテラネ国立管弦楽団、

【録音】2018年4月16-21日、モンペリエ、ル・コルム、
【Miroirs/Elsa Dreisig/ハイレゾ】

関連アルバム

一緒に購入されている楽曲

 | 

 |   |