Bohemian Tales

Augustin Hadelich

Warner Classics

2020/07/03

(P) 2020 Parlophone Records Limited, a Warner Music Group Company.
(C) 2020 Parlophone Records Limited, a Warner Music Group Company

アルバム購入

ファイル形式

金額

購入

flac 48kHz/24bit

¥2,515

カートに追加

MQA Studio 48kHz/24bit

¥2,515

カートに追加

※表示金額は税込価格になります。

単曲購入

 

 

 

曲名

時間

金額

試聴

購入

1
Violin Concerto in A Minor, Op. 53, B. 108: I. Allegro ma non troppo
0:11:08
¥385
カートに追加

Augustin Hadelich[MainArtist], Antonín Dvorák[Composer]

2
Violin Concerto in A Minor, Op. 53, B. 108: II. Adagio ma non troppo
0:10:36
¥385
カートに追加

Augustin Hadelich[MainArtist], Antonín Dvorák[Composer]

3
Violin Concerto in A Minor, Op. 53, B. 108: III. Allegro giocoso, ma non troppo
0:09:59
¥385
カートに追加

Augustin Hadelich[MainArtist], Antonín Dvorák[Composer]

4
4 Romantic Pieces, Op. 75, B. 150: No. 4, Larghetto in G Minor
0:06:58
¥385
カートに追加

Augustin Hadelich[MainArtist], Charles Owen[FeaturedArtist], Antonín Dvorák[Composer], Augustin Hadelich[Arranger]

5
Violin Sonata, JW VII/7: I. Con moto
0:05:27
¥385
カートに追加

Augustin Hadelich[MainArtist], Charles Owen[FeaturedArtist], Leoš Janáček[Composer]

6
Violin Sonata, JW VII/7: II. Ballada
0:05:36
¥385
カートに追加

Augustin Hadelich[MainArtist], Charles Owen[FeaturedArtist], Leoš Janáček[Composer]

7
Violin Sonata, JW VII/7: III. Allegretto
0:02:31
¥385
カートに追加

Augustin Hadelich[MainArtist], Charles Owen[FeaturedArtist], Leoš Janáček[Composer]

8
Violin Sonata, JW VII/7: IV. Adagio
0:04:46
¥385
カートに追加

Augustin Hadelich[MainArtist], Charles Owen[FeaturedArtist], Leoš Janáček[Composer]

9
4 Pieces, Op. 17: No. 1, Quasi ballata
0:05:29
¥385
カートに追加

Augustin Hadelich[MainArtist], Charles Owen[FeaturedArtist], Josef Suk[Composer]

10
4 Pieces, Op. 17: No. 2, Appassionato
0:04:17
¥385
カートに追加

Augustin Hadelich[MainArtist], Charles Owen[FeaturedArtist], Josef Suk[Composer]

11
4 Pieces, Op.17: No. 3, Un poco triste
0:04:33
¥385
カートに追加

Augustin Hadelich[MainArtist], Charles Owen[FeaturedArtist], Josef Suk[Composer]

12
4 Pieces, Op. 17: No. 4, Burleska
0:03:04
¥385
カートに追加

Augustin Hadelich[MainArtist], Charles Owen[FeaturedArtist], Josef Suk[Composer]

13
7 Gypsy Songs, Op. 55, B. 104: No. 4, Songs My Mother Taught Me (Transc. Hadelich for Violin & Piano)
0:03:14
¥385
カートに追加

Augustin Hadelich[MainArtist], Charles Owen[FeaturedArtist], Antonín Dvořák[Composer]

14
8 Humoresques, Op. 101, B. 187: No. 7 in G-Flat Major (Arr. Kreisler for Violin & Piano)
0:03:44
¥385
カートに追加

Augustin Hadelich[MainArtist], Charles Owen[FeaturedArtist], Antonín Dvorák[Composer], Fritz Kreisler[Arranger]

  • Info
  • Credit
オーガスティン・ハーデリッヒとヤクブ・フルシャによる、ボヘミアの叙事詩のようなドヴォルザーク

1999年、全身の60%にもおよぶ大やけどを負う不幸な事件に遭遇しながらも、20回を越える手術とリハビリを強靭な精神力で克服し、見事カムバックした奇跡のヴァイオリニスト、オーガスティン・ハーデリッヒ。2006年インディアナポリス国際ヴァイオリンコンクール優勝、2016年グラミー賞“最優秀クラシック・インストゥルメンタル・ソロ賞受賞。あいまいさの全くないテクニック、優れた構成力、詩的な繊細さと華やかな音を持って世界的に常に高い評価を受けています。
このアルバムでは、チェコ出身の指揮者ヤクブ・フルシャとの共演による「ドヴォルザーク:ヴァイオリン協奏曲」、そしてやはりチェコ出身の2人の作曲家、ヤナーチェクとヨセフ・スクのヴァイオリンとピアノのための作品が収録し、豊かなメロディの音楽を探究していきます。
これら3人の作曲家が生まれたとき(1841年のドヴォルザーク、1854年のヤナーチェク、1874年のスク)、ボヘミア王国として知られるこの土地はオーストリア=ハンガリー帝国の一部でした。1918年の第一次世界大戦の終わりとともに解体され、チェコスロバキア共和国が誕生しました。19世紀後半、多くのドイツ人以外の作曲家は、故郷の言語、物語、風景、民俗音楽を使って独自の音楽スタイルを作り出すことに特別な関心を抱いていました。これら3人の作曲家はそれぞれ、チェコのクラシック音楽の歴史の中ではユニークな貢献者でした。
ドヴォルザークのヴァイオリン協奏曲は、叙事詩のようなチェロ協奏曲のようなレパートリーのランドマークではありませんが、魅力的で温かい作品です。ドヴォルザークの1879年の前年に作曲のブラームスのヴァイオリン協奏曲の影響を受けましたが、情熱的、自由で即興的な部分では、ブルッフのヴァイオリン協奏曲第1番の影響が強いと言われています。そこに憂鬱感なパッセージ、特徴的なチェコのハーモニー、叙情主義、民俗音楽への言及は、その音楽に満ちた深みを取り入れたので。ハーデリッヒは、ヤクブ・フルシャと5年間の間に何回もこの曲を演奏しました。「フルシャはこの音楽のリズムとキャラクターの本質的な感覚を持つ非常に敏感な演奏家」と、ハーデリッヒは語っています。2017年のニューヨーク・フィルとの共演では「オペラのような激しさとメロディの美しさ!この協奏曲にはめったに関連付けられない高さから叙情詩を流し込んだ絶品の演奏!」と絶賛されました。
ヨセフ・スクの作品は、義理の父になったドヴォルザークと密接に関係しています。「4つの小品」は1900年に書かれ、当時として最も現代的な作品でした。調和の不安定さは不確実性の雰囲気を作り出し、解決策を模索。 そして叙情的でエネルギッシュなフォークダンスと悲しき民謡のメロディ。まるで漫画のようにも聞こえる「ブルレスケ」など、予想外のものが出現してきます。
ヤナーチェクのヴァイオリン・ソナタは1914年から1922年の間に書かれました。これは、チェコスロバキアが生まれたヨーロッパ史の劇的な時代です。4つのコンパクトな動きでキャストされます。ヴァイオリンの熱烈なテーマと静止の瞬間のダイナミクス。民俗的テーマによる不安定で荒々しい音階が特徴的。「最後の部分は、ヴァイオリンがマシンガンの発砲を模倣して、モラビアにロシア軍が到着することを描いている」と、ハーデリッヒは語っています。
最後はまたドヴォルザークに戻りますが、嘆きのような形象が作品全体に繰り返されます。様々な時代の絶望さと悲しみと戦うことから静かな解放など、複雑な感情を見事に演奏しています。

【収録予定曲】
1) ドヴォルザーク:ヴァイオリン協奏曲 イ短調 Op.53
2) ドヴォルザーク:ロマンティックな小品Op.75 より第4曲
3) ヤナーチェク:ヴァイオリン・ソナタ
4) ヨセフ・スク:4つの小品
5) ドヴォルザーク:我が母の教え給いし歌
6) ドヴォルザーク:クーモレスク

【演奏】
オーガスティン・ハーデリッヒ(ヴァイオリン)
ヤクブ・フルシャ(指揮)バイエルン放送交響楽団(1)
チャールズ・オーウェン(ピアノ:2-6)

【録音】
2018年10月18-20日、ミュンヘン、ガスタイク・フィルハーモニーでのライヴ(1)
2019年11月30日-12月2日、ボストン、WGBH(2-6)


【ご注意】CDパッケージ用のコメントを利用していることがあるため、一部内容が当てはまらない場合があります。あらかじめご了承ください。
【Bohemian Tales/Augustin Hadelich/ハイレゾ】

関連アルバム

一緒に購入されている楽曲

 | 

 |   |