Bach & Beethoven

Andrew von Oeyen

Warner Classics

2021/06/11

(P) 2021 Andrew von Oeyen on exclusive licence to Parlophone Records Limited
(C) 2021 Andrew von Oeyen on exclusive licence to Parlophone Records Limited

アルバム購入

ファイル形式

金額

購入

flac 192kHz/24bit

¥3,143

カートに追加

flac 96kHz/24bit

¥2,515

カートに追加

MQA Studio 192kHz/24bit

¥3,143

カートに追加

※表示金額は税込価格になります。

単曲購入

 

 

 

曲名

時間

金額

試聴

購入

1
Overture in the French Style, BWV 831: I. Ouverture
0:07:48
¥495
カートに追加

Andrew von Oeyen[MainArtist], Johann Sebastian Bach[Composer]

2
Overture in the French Style, BWV 831: II. Courante
0:02:08
¥495
カートに追加

Andrew von Oeyen[MainArtist], Johann Sebastian Bach[Composer]

3
Overture in the French Style, BWV 831: III. Gavottes 1 & 2
0:03:10
¥495
カートに追加

Andrew von Oeyen[MainArtist], Johann Sebastian Bach[Composer]

4
Overture in the French Style, BWV 831: IV. Passepied 1 & 2
0:02:20
¥495
カートに追加

Andrew von Oeyen[MainArtist], Johann Sebastian Bach[Composer]

5
Overture in the French Style, BWV 831: V. Sarabande
0:03:47
¥495
カートに追加

Andrew von Oeyen[MainArtist], Johann Sebastian Bach[Composer]

6
Overture in the French Style, BWV 831: VI. Bourée 1 & 2
0:02:30
¥495
カートに追加

Andrew von Oeyen[MainArtist], Johann Sebastian Bach[Composer]

7
Overture in the French Style, BWV 831: VII. Gigue
0:02:26
¥495
カートに追加

Andrew von Oeyen[MainArtist], Johann Sebastian Bach[Composer]

8
Overture in the French Style, BWV 831: VIII. Echo
0:02:38
¥495
カートに追加

Andrew von Oeyen[MainArtist], Johann Sebastian Bach[Composer]

9
Sonata No. 13 in E-Flat Major, "Quasi una Fantasia", Op. 27, No. 1: I. Andante
0:05:04
¥495
カートに追加

Andrew von Oeyen[MainArtist], Ludwig van Beethoven[Composer]

10
Sonata No. 13 in E-Flat Major, "Quasi una Fantasia", Op. 27, No. 1: II. Allegro molto e vivace
0:02:17
¥495
カートに追加

Andrew von Oeyen[MainArtist], Ludwig van Beethoven[Composer]

11
Sonata No. 13 in E-Flat Major, "Quasi una Fantasia", Op. 27, No. 1: III. Adagio con espressione
0:03:14
¥495
カートに追加

Andrew von Oeyen[MainArtist], Ludwig van Beethoven[Composer]

12
Sonata No. 13 in E-Flat Major, "Quasi una Fantasia", Op. 27, No. 1: IV. Allegro vivace
0:05:36
¥495
カートに追加

Andrew von Oeyen[MainArtist], Ludwig van Beethoven[Composer]

13
Sonata No. 23 in F Minor, Op. 57, "Appassionata": I. Allegro assai
0:10:44
アルバム販売のみ
カートに追加

Andrew von Oeyen[MainArtist], Ludwig van Beethoven[Composer]

14
Sonata No. 23 in F Minor, Op. 57, "Appassionata": II. Andante con moto
0:06:07
¥495
カートに追加

Andrew von Oeyen[MainArtist], Ludwig van Beethoven[Composer]

15
Sonata No. 23 in F Minor, Op. 57, "Appassionata": III. Allegro ma non troppo
0:07:59
¥495
カートに追加

Andrew von Oeyen[MainArtist], Ludwig van Beethoven[Composer]

16
Flute Sonata No. 2 in E-Flat Major, BWV 1031: II. Siciliano (Arr. for Piano by Kempff)
0:03:53
¥495
カートに追加

Andrew von Oeyen[MainArtist], Johann Sebastian Bach[Composer], Wilhelm Kempff[Arranger]

17
Piano Concerto in F Minor, BWV 1056: II. Largo (Arr. for Piano by Kempff)
0:03:20
¥495
カートに追加

Andrew von Oeyen[MainArtist], Johann Sebastian Bach[Composer], Wilhelm Kempff[Arranger]

  • Info
  • Credit
パンデミックの期間中に見いだした、バッハとベートーヴェンの共鳴性を裏付けた演奏
【収録予定曲】
J.S.バッハ:フランス風序曲 BWV.831
ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第13番 変ホ長調Op.27-1 「幻想曲風ソナタ」
ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第23番 ヘ短調 Op.57「熱情」
J.S.バッハ:フルート・ソナタ第2番~シチリアーノ(ケンプ編)
J.S.バッハ:ピアノ協奏曲第7番 ヘ短調~ラルゴ(ケンプ編)

【演奏】
アンドリュー・フォン・オーエン(ピアノ)

【録音】
2020年9月1-3日、フランス、ソアソン、Cite de la Musique at de la Danse

アメリカ生まれのフォン・オーエンは、これまでリリースした2枚のアルバム(ラヴェル、サン=サーンス、ガーシュウィン、ドビュッシーの、ピアノと管弦楽の作品)のプログラムとは対照的に、ベートーヴェン生誕250年に敬意を表し、2020年の初めにベートーヴェンのソナタのアルバムを計画していました。しかしパンデミックの始まりは、彼の計画と演奏していた音楽に対する感情の両方を根本的に変えました。オーエンがこれまであまり興味を持たなかった作曲家から、バッハ作品の現代人へのメッセージを導き出しています。

《アンドリュー・フォン・オーエン、このアルバムについて語る》
 私が普段演奏するのが大好きなレパートリー以外にほとんど興味を起こさないということに、私は心配し始めました。私自身のその時の気分と一般的なピアニスト的な感覚から考えると、ショパン、リスト、ラフマニノフの嵐のようで英雄的でロマンチックさを探求することに熱心ではありませんでした。ドビュッシーとラヴェルの心地よい官能性でさえ、元々はほとんど魅力がありませんでした。これは、感情的な主観や詩的なファンタジーの時ではありませんでした。本質的でないものを取り除いた、生で直接的なものが必要でした。最も重要なことは、それは普遍的でなければなりませんでした。「私」を減らし、「私たち」を増やすことです。何よりもアピールした作曲家が、これまで親密な関係になかった作曲家だったのは驚かされました。その中からさらに発見できたのはヨハン・セバスチャン・バッハでした。  私は彼の鍵盤楽器作品の多くを研究しましたが、ほとんど演奏しませんでした。私はバロックの専門家ではありませんでした。それでも彼の音楽が呼びかけていたのをふと思いだし、そしてコンサートのなくなったパンデミックの期間中に、新たなるレパートリーを探求するための自由な時間を持って、バッハの対位法の規範の問題を埋めることに決めました。4声のフーガの譜読みをしている間、これは脳と指を有効にしているのですが、しかし学問的な追求ではないことに気づきました。魅力はもっと深かった。
 今日、私はバッハに引き戻されたと理解しています。彼の音楽は、おそらく他のどの作曲家よりも、混沌とした世界で最も明確な秩序感を表現していたからです。私は彼の言葉がタイムリーでタイムレスであることに気づき、西洋音楽の構成要素を再考する際に、危機に対応して私たちが集合的に行っていた特定のプロセスを反映していました。バッハの純粋な宇宙に身を浸すことはタブララサ(白紙状態)を提供しました。解き放たれた大惨事が私たちの生活のあらゆる種類の基本的なことを減速させ、再評価させるためには、音楽的にリセットする豊富な時間が必要だったのです。
 実際、バッハを演奏すればするほど、彼の音楽は私たちのCovid時代への完璧な解毒剤であることがわかりました。その合理性を通じてその構造的対称性によって安定します。また、リズミカルな活力によって元気を取り戻します。その恵みによって癒します。そして、その純粋な天才を通してインスピレーションを与えてくれます。
バッハの音楽の多くは聴衆のために書かれたものでも、聴衆に依存したものでもなかったため、バッハの音楽はコンサートのない世界に理想的でした。実際、沈黙は拍手よりも自然にバッハの作品に続くことがよくあります。現在のソーシャルディスタンスを保たなければならない文化の中で、バッハの鍵盤楽器作品は孤独を歓迎しているようです。癒しと同じくらい希望を求める瞬間、彼の神聖なインスピレーションを受けた創造物は、最高の瞬間に、天国での地上の不和からの平和を提供しています。
 第2波のパンデミックの時にベートーヴェンに戻りました。18世紀のコラール、前奏曲、フーガで慰めを見つけた私は、19世紀の頑丈で破壊不可能なソナタと一緒に、錨を下ろして嵐に立ち向かう準備ができました。ベートーヴェンの直接性、活力、決意、そして純粋な意志力は、バッハと同様に、ベートーヴェンの目的へのアプローチと普遍的なビジョンは、ベートーヴェンのソナタの両最後楽章でこのアルバムで最も明確に明らかにされています。
 このパンデミック体験は、バッハとベートーヴェンを通して現れました。そこで、ウィルヘルム・ケンプによってアレンジされた2つのバッハ作品で静かにディスクを終えることを選びました。偉大なドイツのピアニストは長い間私のお気に入りの一人であり、これらの作曲家の両方に共鳴されています。危機には、私たちに本質に立ち返らせる方法があります。それらのすべての破壊性のために、それらはまた、更新と発見につながる可能性がると考えます。


【ご注意】CDパッケージ用のコメントを利用していることがあるため、一部内容が当てはまらない場合があります。あらかじめご了承ください。
【Bach & Beethoven/Andrew von Oeyen/ハイレゾ】

関連アルバム

 | 

 |   |