John Adams: Violin Concerto

Leila Josefowicz, St. Louis Symphony, David Robertson

Nonesuch

2018/04/27

2018 St. Louis Symphony, under license to Nonesuch Records Inc. for the United States and WEA International Inc. for the world outside the United States.
2018 St. Louis Symphony, under license to Nonesuch Records Inc. for the United States and WEA International Inc. for the world outside the United States.

アルバム購入

ファイル形式

金額

購入

flac 96kHz/24bit

¥2,515

カートに追加

MQA Studio 96kHz/24bit

¥2,515

カートに追加

※表示金額は税込価格になります。

単曲購入

 

 

 

曲名

時間

金額

試聴

購入

1
Violin Concerto: I. Quarter-note = 78
0:14:45
アルバム販売のみ
カートに追加

Leila Josefowicz, St. Louis Symphony & David Robertson[MainArtist], John Adams[Composer]

2
Violin Concerto: II. Chaconne - Body Through Which the Dream Flows
0:10:58
アルバム販売のみ
カートに追加

Leila Josefowicz, St. Louis Symphony & David Robertson[MainArtist], John Adams[Composer]

3
Violin Concerto: III. Toccare
0:07:24
¥550
カートに追加

Leila Josefowicz, St. Louis Symphony & David Robertson[MainArtist], John Adams[Composer]

  • Info
  • Credit
《現代音楽ヴァイオリンを得意としているヴァイオリニスト、リーラ・ジョセフォウィッツによるジョン・アダムズ、ノンサッチ第2作目》

【演奏】
リーラ・ジョセフォウィッツ(ヴァイオリン)
デイヴィッド・ロバートソン(指揮)セントルイス交響楽団

【録音】2016年9月、セントルイス、パウエル・ホール

1993年に書かれたジョン・アダムズのヴァイリン協奏曲。同時代的ミニマルとは一線を画す、世紀末の退廃と同時代の無機質な要素を同衾させた名作です。ギドン・クレーメルとケント・ナガノによる初録音盤もノンサッチから発売されていますが、28年ぶりのこの曲のノンサッチ新録音となります。現代においても過酷な状況を生き抜かねばならない女性たちに思いを巡らせて作曲の筆を執った作品「シェヘラザード.2」に続き、リーラ・ジョセフォウィッツがヴァイオリン独奏を担当。彼女と指揮者デイヴィッド・ロバートソン、ジョン・アダムズは家族同士での友人であり、彼から多くの助言によって演奏に臨んでいます。音楽の最中を縦横無尽に飛翔し、時に感慨深く、時に怒号を発する如く音色を使い分け、アダムズの創造した美しくも、迫力で突入するスリリングな演奏がここに収録されています。
【John Adams: Violin Concerto/Leila Josefowicz, St. Louis Symphony, David Robertson/ハイレゾ】

関連アルバム

 | 

 |   |