Groovy[Rudy Van Gelder Remaster](feat. Paul Chambers, Art Taylor)

Red Garland Trio, Paul Chambers, Art Taylor

Prestige

2014/05/13

(P) 2014 Concord Music Group, Inc.
(C) 2014 Concord Music Group, Inc.

アルバム購入

ファイル形式

金額

購入

flac 44.1kHz/24bit

¥2,648

カートに追加

MQA 44.1kHz/24bit

¥2,648

カートに追加

※表示金額は税込価格になります。

単曲購入

 

 

 

曲名

時間

金額

試聴

購入

1
C-Jam Blues[Rudy Van Gelder Remaster]
0:08:22
アルバム販売のみ
カートに追加

Red Garland Trio[MainArtist], Paul Chambers[Upright Bass], Arthur Taylor[Drums], Red Garland[Piano], Rudy Van Gelder[StudioPersonnel], Rudy Van Gelder[Recording Engineer], Bob Weinstock[StudioPersonnel], Bob Weinstock[Recording Supervisor], Duke Ellington[ComposerLyricist]

2
Gone Again[RVG Remaster]
0:06:47
¥523
カートに追加

Red Garland Trio[MainArtist], Curley Hamner[ComposerLyricist], Curtis Lewis[ComposerLyricist], Lionel Hampton[ComposerLyricist]

3
Will You Still Be Mine[RVG Remaster]
0:04:44
¥523
カートに追加

Red Garland Trio[MainArtist], Matt Dennis[ComposerLyricist], Tom Adair[ComposerLyricist]

4
Willow Weep For Me[RVG Remaster]
0:09:36
アルバム販売のみ
カートに追加

Red Garland Trio[MainArtist], Ann Ronell[ComposerLyricist]

5
What Can I Say After I Say I'm Sorry[RVG Remaster]
0:07:15
アルバム販売のみ
カートに追加

Red Garland Trio[MainArtist], Walter Donaldson[Composer], Abe Lyman[Composer]

6
Hey Now[Rudy Van Gelder Remaster]
0:03:42
¥523
カートに追加

Red Garland Trio[MainArtist], Red Garland[ComposerLyricist]

  • Info
  • Credit
当時マイルス・デイヴィス・クインテットへの参加で注目を浴びていたガーランドの最高傑作。代表的名演「Cジャム・ブルース」をはじめ、シングル・ノートを中心にしたスウィンギーでブルージーなタッチと、トリオの抜群のコンビネーションが魅力。

スイングジャーナル誌選定【ゴールドディスク】


バド・パウエル派のウィントン・ケリー、トミー・フラナガンと並び、三羽ガラスの一人で、「玉を転がす」と形容されるシングルトーンから出るスウィング感が魅力のひとつ。この『Groovy』はガーランド代表作にしてピアノ・トリオの超人気盤。オープニングのTr.1“Cジャム・ブルース”は何と言っても小気味良いフレージングが最高。Tr.4“柳よ泣いておくれ”はトミー・フラナガン、ウィントン・ケリーなどの結構、腕達者が演奏している。聴き比べるのも楽しいものです。ジャケットもデザインが、いかにも「ジャズ」ぽくて好きな人が多いです。
【Groovy[Rudy Van Gelder Remaster](feat. Paul Chambers, Art Taylor)/Red Garland Trio, Paul Chambers, Art Taylor/ハイレゾ】

関連アルバム

一緒に購入されている楽曲

 | 

 |   |