Take It Away(feat. Tarriona Tank Ball)

ノラ・ジョーンズ, Tarriona Tank Ball

Blue Note (BLU)

2019/07/26

Blue Note Records; (P) 2019 Capitol Records, LLC
(C) 2019 Capitol Records, LLC

アルバム購入

ファイル形式

金額

購入

このタイトルは曲単位での販売となります
※表示金額は税込価格になります。

単曲購入

 

 

 

曲名

時間

金額

試聴

購入

1
Take It Away(feat. Tarriona Tank Ball)
0:04:12
¥514
カートに追加

ノラ・ジョーンズ[MainArtist], Tarriona Tank Ball[FeaturedArtist], ノラ・ジョーンズ[Producer], ノラ・ジョーンズ[Piano], ノラ・ジョーンズ[Vocals], ノラ・ジョーンズ[ComposerLyricist], Thomas Bartlett[Producer], Thomas Bartlett[Mellotron], Thomas Bartlett[Programming], Thomas Bartlett[Rhodes], Thomas Bartlett[StudioPersonnel], Thomas Bartlett[Recording Engineer], Patrick Dillett[StudioPersonnel], Patrick Dillett[Mixer], Tarriona Tank Ball[Vocals], Tarriona Tank Ball[ComposerLyricist], Karriem Riggins[Drums], Andy Taub[StudioPersonnel], Andy Taub[Recording Engineer], Chris Gehringer[StudioPersonnel], Chris Gehringer[Mastering Engineer], Thomas Wayland Bartlett[ComposerLyricist]

  • Info
  • Credit
4月に2年半ぶりの作品『ビギン・アゲイン』をリリースしたノラ・ジョーンズのニューシングル。ニューオーリンズのバンド「タンク・アンド・ザ・バンガス」のポエトリー・リーダー/シンガー、タリオナ“タンク”ボールをフィーチャー。

以前から「タンク・アンド・ザ・バンガス」の大ファンと公言していたノラ。「タンク・アンド・ザ・バンガス」、そして、タリオナ“タンク”ボールについて、「2016年にタンク・アンド・ザ・バンガスのライヴをニューオーリンズで観て吹き飛ばされました。その後、間もなくタリオナに連絡をして友達になりました。今回スタジオでクリエイティヴな活動を一緒にできたことは本当に楽しい機会でした。彼女は大好きなマインドを持っている人です。」と語っています。

タリオナは、2016年に開催されたニューポート・ジャズ・フェスティバルのノラのステージでもバッキング・コーラスで参加するほど信頼が厚いアーティスト。

『テイク・イット・アウェイ feat.タリオナ“タンク”ボール』のプロデュースは今回もトーマス・バートレット(ダヴマン)とのコラボレーションによるもの。ノラとタリオナがヴォーカル、ノラはピアノも演奏。トーマス・バートレットがキーボード/シンセサイザー、そしてカリーム・リギンスがドラムを担当。
【Take It Away(feat. Tarriona Tank Ball)/ノラ・ジョーンズ, Tarriona Tank Ball/ハイレゾ】

関連アルバム

一緒に購入されている楽曲

 | 

 |   |