Ballet Mécanique

やくしまるえつこ, 砂原良徳

2018/11/16

(P) 2018 みらいレコーズ
(C) 2018 みらいレコーズ

アルバム購入

ファイル形式

金額

購入

このタイトルは曲単位での販売となります
※表示金額は税込価格になります。

単曲購入

 

 

 

曲名

時間

金額

試聴

購入

1
Ballet Mécanique
0:05:46
¥550
カートに追加

やくしまるえつこ[MainArtist], 砂原良徳[MainArtist], 坂本龍一[Composer], 矢野顕子[Lyricist], ピーター・バラカン[Lyricist]

  • Info
  • Credit
やくしまるえつこ+砂原良徳『Ballet Mécanique』。
『Ballet Mécanique』は坂本龍一が1986年に発表したアルバム「未来派野郎」の収録曲で、やくしまるえつこ+砂原良徳による今回のカバー音源は、映画『ANEMONE/交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション』のクライマックスとなる重要なシーンの挿入歌。事前告知なしのサプライズで劇中で初公開され、鑑賞者のあいだで大きな話題を呼び、音源化希望の声が殺到していた。
やくしまるえつこと砂原良徳はこれまでも共作や共演を行い、やくしまるの最新シングル『放課後ディストラクション』でも砂原がマスタリングを担当している。 また、やくしまるは2011年にNHK-FMでオンエアされた坂本龍一との即興セッションでも『Ballet Mécanique』の一節を引用しており、砂原もYMO結成40周年記念コンピレーションアルバム「NEUE TANZ」のリマスターを担当。そして、「バレエ・メカニック」は京田知己監督が手掛けるTVシリーズ『交響詩篇エウレカセブン』の中でもファンの間で圧倒的な人気を誇るエピソードのタイトルでもあり、今回のやくしまるえつこ+砂原良徳『Ballet Mécanique』は、やくしまる・砂原・そしてエウレカセブンにとって、縁の深い作品となっている。
本作のギターには、やくしまると同じく相対性理論のメンバーである永井聖一も参加。
【Ballet Mécanique/やくしまるえつこ, 砂原良徳/ハイレゾ】

関連アルバム

一緒に購入されている楽曲

 | 

 |   |