Lunar Eclipse

Chihei Hatakeyama, Tamaru

2019/06/14

(P) 2017 white paddy mountain
(C) 2017 white paddy mountain

アルバム購入

ファイル形式

金額

購入

WAV 96kHz/24bit

¥1,500

カートに追加

flac 96kHz/24bit

¥1,500

カートに追加

※表示金額は税込価格になります。

単曲購入

 

 

 

曲名

時間

金額

試聴

購入

1
Lunar Eclipse I
0:19:45
¥500
カートに追加

Chihei Hatakeyama[MainArtist], Tamaru[MainArtist], Chihei Hatakeyama[Composer], Tamaru[Composer]

2
Interlude
0:08:38
¥500
カートに追加

Chihei Hatakeyama[MainArtist], Tamaru[MainArtist], Chihei Hatakeyama[Composer], Tamaru[Composer]

3
Lunar Eclipse II
0:23:03
¥500
カートに追加

Chihei Hatakeyama[MainArtist], Tamaru[MainArtist], Chihei Hatakeyama[Composer], Tamaru[Composer]

  • Info
  • Credit
1963年生まれのベーシストtamaruと1978年生まれのギタリストChihei Hatakeyamaの世代を超えたアルバムが遂に完成。
tamaruは90年代よりzero gravityなどから作品を発表、00年代には横川理彦、杉本佳一と結成した「installing」が話題となる。
Chihei Hatakeyamaは2006年にKranky(米)よりファーストアルバムを発表後、海外を中心にリリースやツアー、映画音楽作曲などを重ねきた。
『Lunar Eclipse』(月蝕)と題された本作は、音や光の周波数や倍音の時間的変化にフォーカスを与え、音楽に置けるストーリー展開を
地球の影が月にかかり消えてゆく情景になぞらえ、美しく描いた作品である。
また夜空に浮かぶ月は都会の街灯に存在感を奪われながらも、なお宙に浮き、ただそこで太陽の輝きを反射させる月という存在そのものにもインスピレーションを受けて制作された。
冷たく沈み込むようなtamaruのベースとその果てしない低音に包み込むようなChihei Hatakeyamaのギターサウンドが展開する。
2017年のアンビエント進化論はさざ波に彷徨う枯葉のように演奏のリアリティと音のロマンチシズムの間を永遠に浮遊しています。
【Lunar Eclipse/Chihei Hatakeyama, Tamaru/ハイレゾ】

関連アルバム

 | 

 |   |