Live from Yokohama

鈴木央紹

T5Jazz Records

2021/01/27

(P)2021 T5Jazz Inc.
(C)2021 T5Jazz Inc.

アルバム購入

ファイル形式

金額

購入

flac 96kHz/24bit

¥3,168

カートに追加

※表示金額は税込価格になります。

単曲購入

 

 

 

曲名

時間

金額

試聴

購入

1
Everything I Love
00:08:30
アルバム販売のみ
カートに追加

鈴木央紹[アーティスト], Cole Porter[作曲]

2
Love Walked In
00:09:52
アルバム販売のみ
カートに追加

鈴木央紹[アーティスト], George Gershwin[作曲]

3
How Long Has This Been Going On?
00:09:06
アルバム販売のみ
カートに追加

鈴木央紹[アーティスト], George Gershwin[作曲]

4
Knew Blues
00:06:21
アルバム販売のみ
カートに追加

鈴木央紹[アーティスト], 鈴木央紹[作曲]

5
So In Love
00:11:13
アルバム販売のみ
カートに追加

鈴木央紹[アーティスト], Cole Porter[作曲]

6
Mr. Lucky
00:07:27
アルバム販売のみ
カートに追加

鈴木央紹[アーティスト], Henry Mancini[作曲]

  • Info
  • Credit
NEWS:T5Jazz豪華アーティストが集結「Live from Yokohama」をハイレゾ配信!

2019年、アルバム「Favourites」を発表した鈴木央紹オルガン・トリオによるスタジオ・ライヴ。

このコロナ禍で2020年3月以降のライヴは減少したものの、2019年の鈴木央紹と宮川純の共演はデュオも加えると20回を軽く超える。さらに原大力とはオルガン・トリオ以外にもデュオ、ベースとのトリオ、ギター・カルテットなど様々な編成で数え切れないほどのセッションを重ねている。そんな3人が「Favourites」発表以降1年半以上の時間により熟成されたオルガン・トリオ・サウンドをスタジオ・ライヴという形で披露する。

この間にも、通常のジャズのライヴ以外に鈴木と宮川は大野雄二&ルパンティック6というルパン・バンドでも活躍。更に宮川はKing Gnuの常田大希によるユニットmillenium paradeが担当するアニメ「攻殻機動隊 SAC 2045」のテーマソング<Fly With Me>にも参加、オリコン・チャートで1位獲得など、軽々とジャンルを跨いだマルチな活躍を魅せている。

本作スタジオ・ライヴではこれまで同様スタンダード曲を中心に、しかしこれまでのアルバムと重なる曲は一つとして無く、一曲だけ鈴木央紹のオリジナル・ブルース新曲を加えた珠玉の全6曲。過去「日曜洋画劇場」のエンディングテーマに使われた<So In Love>や、アメリカのTVドラマに使われたヘンリー・マンシーニ<Mr. Lucky>のカバーなど、一見イージー・リスニングにも見えそうなラインナップの曲もあるが、そこは只者ではないこのトリオによる味付けで、極めてスリリングでクールな演奏が繰り広げられる。今回一部楽曲はYouTubeにて公開される映像でその魅力を2倍味わえるのも醍醐味の一つ。通常のライヴでも見られないような至近距離による映像でその凄さを目の当たりにして欲しい。

鈴木央紹 - Tenor, Soprano Sax
宮川純 - Hammond B-3 Organ
原大力 - Drums

2020年11月10日 スタジオ・ライヴ録音
【Live from Yokohama/鈴木央紹/ハイレゾ】

関連アルバム

一緒に購入されている楽曲

 | 

 |   |