The Quest

Yes

InsideOutMusic

2021/10/01

(P) 2021 InsideOutMusic under exclusive license from Yes

アルバム購入

ファイル形式

金額

購入

flac 44.1kHz/24bit

¥4,277

カートに追加

※表示金額は税込価格になります。

単曲購入

 

 

 

曲名

時間

金額

試聴

購入

1
The Ice Bridge
0:07:01
¥550
カートに追加

Yes[AssociatedPerformer], Yes[MainArtist]

2
Dare to Know
0:06:00
¥550
カートに追加

Yes[AssociatedPerformer], Yes[MainArtist]

3
Minus the Man
0:05:35
¥550
カートに追加

Yes[AssociatedPerformer], Yes[MainArtist]

4
Leave Well Alone
0:08:06
¥550
カートに追加

Yes[AssociatedPerformer], Yes[MainArtist]

5
The Western Edge
0:04:26
¥550
カートに追加

Yes[AssociatedPerformer], Yes[MainArtist]

6
Future Memories
0:05:08
¥550
カートに追加

Yes[AssociatedPerformer], Yes[MainArtist]

7
Music to My Ears
0:04:41
¥550
カートに追加

Yes[AssociatedPerformer], Yes[MainArtist]

8
A Living Island
0:06:52
¥550
カートに追加

Yes[AssociatedPerformer], Yes[MainArtist]

9
Sister Sleeping Soul
0:04:51
¥550
カートに追加

Yes[AssociatedPerformer], Yes[MainArtist]

10
Mystery Tour
0:03:33
¥550
カートに追加

Yes[AssociatedPerformer], Yes[MainArtist]

11
Damaged World
0:05:20
¥550
カートに追加

Yes[AssociatedPerformer], Yes[MainArtist]

  • Info
  • Credit
7年振り、22枚目となるニュー・スタジオ・アルバム『ザ・クエスト』

「このバンドの真の可能性をとらえた、洗練された曲を作っていくにあたって、
バンド・メンバーを一同に集める機会ができたのはただただ光栄なこと」

アルバムのプロデュースを手掛けたスティーヴ・ハウはそう語り、こう付け加える。

「曲の多くは2019年暮れに書いたもので、残りは2020年に書いた。これらのフレッシュな録音を全体的に増強してさらによくするために、いくつかのオーケストレーションを依頼した。私たちがメロディに重点を置いていることが開放的なインストゥルメンタル・ソロのブレイクと相まって勢いを維持し、リスナーにとって魅力的なものにすることが狙いだった」


【イエスの近況】

2014年に21作目のオリジナル・アルバム『ヘヴン&アース』をリリース。このアルバムはスティーヴ・ハウ(g)とクリス・スクワイア(b)を中心に、アラン・ホワイト(ds)、ジェフ・ダウンズ(kbd)、ジョン・デイヴィソン(vo)という布陣で録音。

2010年代は毎年アルバム完全再現ツアーを企画し、ツアー三昧の日々を送っていたイエスだったが、2015年6月27日に唯一のオリジナル・メンバーだったクリス・スクワイアが急性骨髄性白血病により急逝する。その後かねてからサポート・メンバーとして帯同していたビリー・シャーウッド(b)があとを引き継いだ。

同年ライヴ盤『“危機”&“こわれもの”完全再現ライヴ~ライヴ・イン・アリゾナ2014』をリリース。一連のアルバム再現ツアー(とライヴ盤)が高評価を得たこともあり、2016年に『海洋地形学の物語』や『ドラマ』の完全再現を含むツアーを各地で行っている。

しかしこのツアーの直前にアラン・ホワイトが腰痛を訴え戦線離脱、椎間板ヘルニアの手術を受けることになったため、ツアーにはエイジアやサーカへの参加経験のあるジェイ・シェレン(ds)がサポートし見事大役を果たしている。そしてその音源を収録したライヴ盤『海洋地形学の物語/ドラマ ライヴ・アクロス・アメリカ』が2017年にリリースされた。2017年春には3度目のノミネートにしてようやく“ロックの殿堂”入りを果たし、セレモニーでは久しぶりに現イエス(スティーヴ・ハウ、アラン・ホワイト)とARW(ジョン・アンダーソン、リック・ウェイクマン、トレヴァー・ラビン)が合体してステージに立った(ゲスト・ベーシストはラッシュのゲディ・リー)。

そして2018年にはバンド結成50周年を迎えたツアーを開始、新旧の代表曲を取り混ぜたセット・リストは大いに歓迎され、翌2019年2月には3年ぶりの来日公演も実現している。そのツアーから収録したライヴ盤『50周年記念ライヴ』が2019年夏にリリースされた。

また秋にはイエスに一時期在籍していたオリヴァー・ウェイクマン(リック・ウェイクマンの息子)が中心となって2011年に制作されていたミニ・アルバム『From A Page』をリリース。2020年には前年のロイヤル・アフェア・ツアーを収録した『The Royal Affair Tour: Live from Las Vegas』をリリースしており、いよいよオリジナル新作の登場となった。
【The Quest/Yes/ハイレゾ】

関連アルバム

 | 

 |   |