A Rose Magnificat

Gabrieli, Paul McCreesh

Signum Records

2018/11/11

(P)S2S Inc.
(C)Signum Records

アルバム購入

ファイル形式

金額

購入

WAV 96kHz/24bit

¥1,500

カートに追加

flac 96kHz/24bit

¥1,500

カートに追加

※表示金額は税込価格になります。

単曲購入

 

 

 

曲名

時間

金額

試聴

購入

1
Of A Rose is All My Song
0:05:55
¥150
カートに追加

Ruth Provost[アーティスト], Kenneth Leighton[訳詞], Kenneth Leighton[作曲]

2
Videte Miraculum
0:08:50
¥150
カートに追加

Gabrieli[アーティスト], Thomas Tallis[訳詞], Thomas Tallis[作曲]

3
As Dew in Aprylle
0:01:41
¥150
カートに追加

Gabrieli[アーティスト], Peter Warlock[訳詞], Peter Warlock[作曲]

4
Magnificat
0:11:57
¥150
カートに追加

Gabrieli[アーティスト], Robert White[訳詞], Robert White[作曲]

5
Ave Maris Stella (I)
0:04:36
¥150
カートに追加

Gabrieli[アーティスト], James MacMillan[訳詞], James MacMillan[作曲]

6
Ave Maris Stella (II)
0:05:03
¥150
カートに追加

Gabrieli[アーティスト], John Sheppard[訳詞], John Sheppard[作曲]

7
Ave Maris Stella (III)
0:04:40
¥150
カートに追加

Gabrieli[アーティスト], Owain Park[訳詞], Owain Park[作曲]

8
Salve Regina (I)
0:16:16
¥150
カートに追加

Gabrieli[アーティスト], Robert Wylkynson[訳詞], Robert Wylkynson[作曲]

9
Salve Regina (II)
0:05:33
¥150
カートに追加

Jessica Cale[アーティスト], Herbert Howells[訳詞], Herbert Howells[作曲]

10
There is No rose
0:02:51
¥150
カートに追加

Emma Walshe[アーティスト], Martha McLorinan[アーティスト], Tom Kelly[アーティスト], William Townsend[アーティスト], Jonathan Lane[訳詞], Jonathan Lane[作曲]

11
A Rose Magnificat
0:10:23
¥150
カートに追加

Gabrieli[アーティスト], Matthew Martin[訳詞], Matthew Martin[作曲]

  • Info
  • Credit
イギリスの現代音楽とルネサンス音楽の競演で引き出すポリフォニーの魅力

1997年に設立され、クラシックを中心に厳選された良質の音楽を提供し続けているイギリスのレーベル「Signum Records」より、イギリスの現代音楽とルネサンス音楽のつながりを意識した合唱曲集がハイレゾで登場!

1982年、ポール・マクリーシュによって結成された声楽アンサンブルのガブリエリ・コンソート。世界で最も長い歴史を持つクラシック音楽のレコードレーベル「グラモフォン」から40枚以上のアルバムをリリースしており、その事実からだけでも実力の高さをうかがうことができる。ルネサンス・バロック音楽を得意とし、古楽を現代で演奏するにあたって徹底的なリサーチを惜しまない。1990年、そんなマクリーシュたちの誠実さが作品に表れている「ヴェネツィアの戴冠」が大ヒット。今日まで名を轟かせてきた。

今作は、マクリーシュが1915年以降のイギリスの現代音楽と、1558年以前のルネサンス期の音楽に的を絞って選曲したアルバム。その意図は、これら2つの時代の音楽には“つながり”があり、ポリフォニーの魅力を再発見できると考えたからだそうだ。タイトルの『A Rose Magnificat』は、最終曲を手掛けた若き現代音楽家マシュー・マーティンの作品であり、趣のある中世の詩「There is no rose」に手を加えて曲を付けたもの。このアルバムに収録しているトマス・タリス、ジェームズ・マクミラン、ハーバート・ハウエルズ、ケネス・レイトンの作品を骨組みにし、作ったという。

オススメは、今作の主役曲である「A Rose Magnificat』(11曲目)。冒頭はストラヴィンスキーの影響、全体としては中東風のテイストで味付けしたというマーティンの説明を念頭に聴いていただきたい。

今作のトラックリストは、あえてイギリスの現代音楽とルネサンス音楽が交互になっている。作られた時期に約400年の差があることを意識して聴いてみると、より興味深い体験ができるだろう。

Gabrieli Consort
Paul McCreesh (Cond)
【A Rose Magnificat/Gabrieli, Paul McCreesh/ハイレゾ】

関連アルバム

一緒に購入されている楽曲

 | 

 |   |