ラフマニノフ:交響曲 第2番

Philharmonia Orchestra, Vladimir Ashkenazy

Signum Records

2018/10/30

(P)S2S Inc.
(C)Signum Records

アルバム購入

ファイル形式

金額

購入

flac 96kHz/24bit

¥1,000

カートに追加

WAV 96kHz/24bit

¥1,000

カートに追加

※表示金額は税込価格になります。

単曲購入

 

 

 

曲名

時間

金額

試聴

購入

1
交響曲 第2番 ホ短調 作品27:1. Largo - Allegro moderato
0:18:37
¥250
カートに追加

Philharmonia Orchestra[アーティスト], Sergei Rachmaninoff[作曲]

2
交響曲 第2番 ホ短調 作品27:2. Allegro molto
0:10:16
¥250
カートに追加

Philharmonia Orchestra[アーティスト], Sergei Rachmaninoff[作曲]

3
交響曲 第2番 ホ短調 作品27:3. Adagio
0:15:05
¥250
カートに追加

Philharmonia Orchestra[アーティスト], Sergei Rachmaninoff[作曲]

4
交響曲 第2番 ホ短調 作品27:4. Allegro vivace
0:14:41
¥250
カートに追加

Philharmonia Orchestra[アーティスト], Sergei Rachmaninoff[作曲]

  • Info
  • Credit
ラフマニノフに魅了されたアシュケナージが聴衆に訴えかける交響曲の魅力

1997年に設立され、クラシックを中心に厳選された良質の音楽を提供し続けているイギリスのレーベル「Signum Records」より、ウラディーミル・アシュケナージ指揮、フィルハーモニア管弦楽団の演奏による、ラフマニノフの「交響曲第2番」のライブCDがハイレゾで登場!

1955年にショパン国際ピアノコンクールで2位、翌年にエリザベート王妃国際音楽コンクールにて優勝を果たし、20世紀後半を代表するピアニストでもあるアシュケナージ。70年代からは指揮者としても活躍し、様々なオーケストラとタッグを組んできた。特にラフマニノフに対する思い入れが強く、現在はラフマニノフ協会の会長を務め、作品の普及に努めている。

演奏は、1945年に創設、1995年からロンドンのロイヤル・フェスティバル・ホールを拠点としているフィルハーモニア管弦楽団によるもの。ロンドンでは年間約50公演、世界公演や音楽祭への参加も積極的に行っている。

本アルバムは、2015年11月5日にフィルハーモニア管弦楽団の本拠地、ロイヤルフェスティバル・ホールで行われたライブ演奏を録音したもの。「交響曲第2番」は、ラフマニノフが1906年頃に作曲したものの、本人が出来映えに納得できず、何度も書き直しを経て1908年に完成。同年、自身の指揮による初演を大成功させたという作品だ。

オススメは2曲目の「第2楽章 Allegro molto」。ホルンが奏でる誇らしげなテーマ、それに追随するヴァイオリンの精確な演奏で冒頭から聴き手の心をしっかりとつかむ。

ラフマニノフといえばピアノ協奏曲やピアノ作品が有名であるが、世界を代表する指揮者とオーケストラの演奏により、素晴らしい交響曲も作曲したことを証明する1枚!

Philharmonia Orchestra
Vladimir Ashkenazy(Cond)
【ラフマニノフ:交響曲 第2番/Philharmonia Orchestra, Vladimir Ashkenazy/ハイレゾ】

関連アルバム

一緒に購入されている楽曲

 | 

 |   |