アルバム購入

ファイル形式

金額

購入

WAV 96kHz/24bit

¥1,500

カートに追加

flac 96kHz/24bit

¥1,500

カートに追加

※表示金額は税込価格になります。

単曲購入

 

 

 

曲名

時間

金額

試聴

購入

1
Concerto in F, HWV 331 (arr. Mark Bennett)
0:04:18
¥150
カートに追加

MIN Ensemble[アーティスト], Lazar Miletic[アーティスト], George Frideric Handel[作曲]

2
Ode for the Birthday of Queen Anne, HWV 74: Eternal Source of Light Divine (arr. Mark Bennett)
0:03:10
¥150
カートに追加

Aksel Rykkvin[アーティスト], Mark Bennett[アーティスト], George Frideric Handel[作曲]

3
Trio Sonata for 2 Violins and Continuo in G, Op. 5, No. 5, HWV 399 : III. Passacaille (arr. Mark Bennett)
0:04:54
¥150
カートに追加

MIN Ensemble[アーティスト], Lazar Miletic[アーティスト], George Frideric Handel[作曲]

4
Ode for St. Cecilia's Day, HWV 76: V. "What Passion Cannot Music Raise"
0:08:19
¥150
カートに追加

Aksel Rykkvin[アーティスト], Gunnar Hauge[アーティスト], George Frideric Handel[作曲]

5
Alla caccia (Diane cacciatrice), HWV 79: La Marche - Recitative "Alla caccia, alla caccia" - Aria "Foriera la tromba" (arr. Mark Bennett)
0:06:25
¥150
カートに追加

Aksel Rykkvin[アーティスト], George Frideric Handel[作曲]

6
La Statira, T.201: Vien con nuova Orribil guerra
0:05:33
¥150
カートに追加

Aksel Rykkvin[アーティスト], Tomaso Albinoni[作曲]

7
Ciaccona à 7
0:04:58
¥150
カートに追加

MIN Ensemble[アーティスト], Lazar Miletic[アーティスト], Philipp Jakob Rittler[作曲]

8
Hippolyte et Aricie, RCT 43, Act III Scene 1: Ritournelle (arr. Aareskjold & Bennett)
0:01:51
¥150
カートに追加

MIN Ensemble[アーティスト], Lazar Miletic[アーティスト], Jean-Philippe Rameau[作曲]

9
Les Boréades, RCT 31, Act IV Scene 4: Entrée d’Abaris
0:03:47
¥150
カートに追加

MIN Ensemble|Lazar Miletic[アーティスト], Jean-Philippe Rameau[作曲]

10
Castor et Pollux, RCT 32, Act II Scene 2: "Tristes apprêts" (arr. Aareskjold & Bennett)
0:06:20
¥150
カートに追加

Aksel Rykkvin[アーティスト], Jean-Philippe Rameau[作曲]

11
Zorastre, RCT 62, Act IV Scene 5: Ballet figure, Air (arr. Mark Bennett)
0:02:22
¥150
カートに追加

MIN Ensemble[アーティスト], Lazar Miletic[アーティスト], Jean-Philippe Rameau[作曲]

12
Platée, RCT 53 Act I, Scene 6: Orage (arr. Aareskjold & Bennett)
0:02:34
¥150
カートに追加

MIN Ensemble[アーティスト], Lazar Miletic[アーティスト], Jean-Philippe Rameau[作曲]

13
Nais, RCT 49, Act II, Scene 6: “Je ne sais quel ennui me presse” (arr. Stian Aareskjold)
0:03:37
¥150
カートに追加

Aksel Rykkvin[アーティスト], Jean-Philippe Rameau[作曲]

14
Les Indes Galantes, RCT 44, Act IV Scene 6: Chaconne (arr. Mark Bennett)
0:05:43
¥150
カートに追加

MIN Ensemble[アーティスト], Mark Bennett[アーティスト], Jean-Philippe Rameau[作曲]

  • Info
  • Credit
「天才ボーイソプラノ」と呼ばれたアクセル・リクヴィンの変声期前最後の歌声!

1997年に設立され、クラシックを中心に厳選された良質の音楽を提供し続けているイギリスのレーベル「Signum Records」より、「世界のトップボーイソプラノ」と称されたアクセル・リクヴィンのデビュー2作目のアルバムがハイレゾで登場。

ノルウェー出身、2003年生まれのアクセル・リクヴィン。幼い頃からトレブル(ボーイ・ソプラノ)として聖歌隊で歌い、2016年にデビューアルバム「Aksel!」を発売。この作品が高い評価を受け、活躍の場をノルウェーから世界へと広げた。今作はリクヴィンの声変わり前の最後のアルバム。次回作ではバリトンの声を聴かせてくれるだろう。

リクヴィンの天使の歌声をいっそう輝かせる演奏は、ノルウェーの「MINアンサンブル」によるもの。「バロック時代のトレブル&アンサンブルのための曲」という副題の通りヘンデル、ラモーを中心としたバロック時代の楽曲を奏でているが、現代とバロック時代の楽器をミックスして使用しているため、2つの時代が調和した演奏が新鮮。リクヴィンのトレブレとしての集大成となる今作は、磨き抜かれた美声とテクニックが突き抜け、気持ちが良いの一言に尽きる。さらに、言及したいのは、リクヴィンが歌っているのは全曲がソプラノ向けに書かれた作品であるということ。女性ソプラノが歌う同じ作品とぜひ聴き比べていただきたい。

オススメは4曲目の「Ode for St. Cecilia's Day, HWV 76. "What Passion Cannot Music Raise"」。器楽のみの心温まる前奏に、リクヴィンの声が聴こえる瞬間、後光が射すかのようなまぶしさを放つ。

「天才」の名をほしいままにした、リグヴィンの貴重なトレブル時代最後の必聴アルバム!


The MIN Ensemble
Aksel Rykkvin treble
Mark Bennett trumpet & artistic director
Lazar Miletic ensemble director
【Light Divine/Aksel Rykkvin, Mark Bennett, Lazar Miletic/ハイレゾ】

関連アルバム

 | 

 |   |