Virgin and Child: Music from the Baldwin Partbooks II

Contrapunctus, Owen Rees

Signum Records

2017/01/28

(P)S2S Inc.
(C)Signum Records

アルバム購入

ファイル形式

金額

購入

flac 96kHz/24bit

¥1,200

カートに追加

WAV 96kHz/24bit

¥1,200

カートに追加

※表示金額は税込価格になります。

単曲購入

 

 

 

曲名

時間

金額

試聴

購入

1
Gaude gloriosa Dei mater
0:18:33
¥200
カートに追加

Contrapunctus[アーティスト], Owen Rees[アーティスト], Thomas Tallis[作詞], Thomas Tallis[作曲]

2
Mater Christi
0:06:50
¥200
カートに追加

Contrapunctus[アーティスト], Owen Rees[アーティスト], John Taverner[作詞], John Taverner[作曲]

3
Tota pulchra es
0:05:30
¥200
カートに追加

Contrapunctus[アーティスト], Owen Rees[アーティスト], Robert White[作詞], Robert White[作曲]

4
Magnificat
0:10:25
¥200
カートに追加

Contrapunctus[アーティスト], Owen Rees[アーティスト], Thomas Tallis[作詞], Thomas Tallis[作曲]

5
Videte miraculum
0:09:56
¥200
カートに追加

Contrapunctus[アーティスト], Owen Rees[アーティスト], Thomas Tallis[作詞], Thomas Tallis[作曲]

6
Regina cæli
0:03:20
¥200
カートに追加

Contrapunctus[アーティスト], Owen Rees[アーティスト], Robert White[作詞], Robert White[作曲]

7
Ave Dei Patris filia
0:13:20
¥200
カートに追加

Contrapunctus[アーティスト], Owen Rees[アーティスト], Robert Fayrfax[作詞], Robert Fayrfax[作曲]

8
Verbum caro
0:07:24
¥200
カートに追加

Contrapunctus[アーティスト], Owen Rees[アーティスト], John Sheppard[作詞], John Sheppard[作曲]

  • Info
  • Credit
宗教改革時代を生きた音楽家たちの言霊を現代に甦らせた神聖な、聖なる歌声

1997年に設立され、クラシックを中心に厳選された良質の音楽を提供し続けているイギリスのレーベル 「Signum Records」 より、16世紀から17世紀にかけてイギリスにおけるポリフォニーを集めたオムニバス形式のトータル・アルバムがハイレゾで登場。

本作のディレクターであるオーウェン・リーは、主として合唱曲もので有名。彼は、イギリス、ポルトガル等々から余り知られていないルネッサンス、バロック期の合唱曲を広めているが、以前より、宗教改革時代の声楽の発見・普及に努めており、本作もその一つとなる。本作には馴染み深い曲も加えてあるが、新たに発見した曲共々に神聖なる息吹を宿すことで、見事に現代に甦らせている。オーウェン・リーは紛れもなく現代の音楽における鬼才と言えよう。

本作はルネッサンス期を代表するトーマス・タリス、ジョン・タウナー、ロバート・ホワイト、ジョン・シェパードを中心に余り知られていないロバート・フェイファートを加えることで、見事なトータル・アルバムを完成させたと言える。オーウェン・リーは、カトリックとプロテスタントが激しく対立した時代にあっての「抑圧された人々の嘆き・悲しみ」を現代に甦らせることで、現代の政治・社会の在り方に大きな異議を唱えている。また、本作では、「受胎告知」をテーマにし、羅針盤なき現代の人々の魂の救済さえも行おうとしている。本作を聴くと、音楽にはとても大きな力があることを痛感するし、ここでの聖なる歌声は余りに感動的である。オーウェン・リーは、宗教音楽の力を借りることで、混沌に満ちた世界と人心の荒廃を救おうとしている。

本作においての混声合唱であるが、バロック期特有の男女の合唱を見事なまでに交錯させることで、音楽そのものに見事な光と影のコントラストを与えている。日本でもバロック期の混声合唱曲が大人気であるが、それは上記の為であろう。歌唱上の技巧は、相当に高度なものを要求されるが、本作における破綻のない見事な合唱は圧巻の一言である。この様な素晴らしい作品を与えてくれたオーウェン・リーに感謝したい。

オススメは、2曲目の「Mater Christi」。宗教改革時代の抑圧された人々の嘆き・悲しみが歌われるが、見事な混声合唱により同曲に絶妙な光と影を与えている様は、まさに圧巻の一言。次に、8曲目の「Verbum caro」。トータル・アルバムである本作の末尾を飾る曲であるが、この曲ほど本作を締め括るにふさわしい曲もないであろう。

余りにも美しい光と影のコントラストに大きな感動を覚えること間違いなしの至高の作品!

Owen Rees (director)
【Virgin and Child: Music from the Baldwin Partbooks II/Contrapunctus, Owen Rees/ハイレゾ】

関連アルバム

一緒に購入されている楽曲

 | 

 |   |