Widor: Complete Organ Symphonies Vol. 5 - Organ of La Madeleine

Joseph Nolan

Signum Records

2016/08/20

(P)S2S Inc.
(C)Signum Records

アルバム購入

ファイル形式

金額

購入

flac 96kHz/24bit

¥900

カートに追加

WAV 96kHz/24bit

¥900

カートに追加

※表示金額は税込価格になります。

単曲購入

 

 

 

曲名

時間

金額

試聴

購入

1
Symphonie gothique, Op. 70: I. Moderato
0:07:01
¥200
カートに追加

Joseph Nolan[アーティスト], Charles-Marie Widor[作詞], Charles-Marie Widor[作曲]

2
Symphonie gothique, Op. 70: II. Andante sostenuto
0:05:58
¥200
カートに追加

Joseph Nolan[アーティスト], Charles-Marie Widor[作詞], Charles-Marie Widor[作曲]

3
Symphonie gothique, Op. 70: III. Allegro
0:03:55
¥200
カートに追加

Joseph Nolan[アーティスト], Charles-Marie Widor[作詞], Charles-Marie Widor[作曲]

4
Symphonie gothique, Op. 70: IV. Toccata
0:12:29
¥200
カートに追加

Joseph Nolan[アーティスト], Charles-Marie Widor[作詞], Charles-Marie Widor[作曲]

5
Symphonie romane, Op. 73: I. Moderato
0:07:24
¥200
カートに追加

Joseph Nolan[アーティスト], Charles-Marie Widor[作詞], Charles-Marie Widor[作曲]

6
Symphonie romane, Op. 73: II. Choral
0:09:50
¥200
カートに追加

Joseph Nolan[アーティスト], Charles-Marie Widor[作詞], Charles-Marie Widor[作曲]

7
Symphonie romane, Op. 73: III. Cantilene
0:05:20
¥200
カートに追加

Joseph Nolan[アーティスト], Charles-Marie Widor[作詞], Charles-Marie Widor[作曲]

8
Symphonie romane, Op. 73: IV. Finale
0:10:13
¥200
カートに追加

Joseph Nolan[アーティスト], Charles-Marie Widor[作詞], Charles-Marie Widor[作曲]

  • Info
  • Credit
ヴィドールが名オルガン建造家を称えて作曲した壮大なオルガン交響曲

1997年に設立され、クラシックを中心に厳選された良質の音楽を提供し続けているイギリスのレーベル「Signum Records」より、ヴィドールの権威と呼ばれる世界的オルガニスト・ジョセフ・ノーランによるオルガン音楽の巨匠ヴィドールの交響曲集を締めくくる第5弾がハイレゾで登場!

オルガニストのジョセフ・ノーランは奨学金を得てロンドンの名門・王立音楽大学でリチャード・ポップルウェルに師事。2004年、チャペル・ロイヤルのオルガニストに指名され、以降たびたびバッキンガム宮殿で演奏。それにより注目を集める機会が増え、ノーランの演奏や録音作品は高評価を獲得していった。中でもノーランが弾くシャルル=マリー・ヴィドールの作品は各国で絶賛されており、彼をヴィドール作品の弾き手の「権威」と評した音楽雑誌もある。

特筆すべきはこのヴィドールの交響曲集第5弾は前4作と違い、名オルガン建造家アリスティド=カヴァイエ・コル作のパリのマドレーヌ寺院に設置されているオルガンだけでなく、トゥールーズのサン=セルナン大聖堂のオルガンでも演奏していることである。収録曲は全10作品あるヴィドールのオルガン交響曲の最後の2つ。ゴシック様式のサンルーアン教会とロマネスク教会のサン=セルナン大聖堂に当時新しく設置されたカヴァイエ・コルのオルガンを称えてヴィドールが作曲した「オルガン交響曲第9番≪ゴシック≫」と「オルガン交響曲第10番≪ローマ風≫」。カヴァイエ・コルやヴィドールが生きた時代のオルガンで聴くことができる。

オススメは3曲目の「Symphonie gothique, Op. 70 Ⅲ Allegro」。クリスマスのミサに歌われる入祭唱“Puer natus est”に由来する曲とあって、荘厳な雰囲気にあふれている。オルガンの音色といえば…と多くの人が想像する曲調に親しみも沸くだろう。8曲目の「Symphonie romane, Op. 73 Ⅳ. Final」は、鍵盤を行き来する巧みな指の動きだけでなく、ペダルを操作する足さばきにも感銘を受ける。

偉大なオルガン建造家が遺した歴史ある2台のオルガンとしかるべきオルガニストが奏でる、オルガンファンにとっても大満足の1枚!


Joseph Nolan (Organ)
【Widor: Complete Organ Symphonies Vol. 5 - Organ of La Madeleine/Joseph Nolan/ハイレゾ】

関連アルバム

一緒に購入されている楽曲

 | 

 |   |