Mendelssohn: Violin Concerto in D minor, Concerto for violin, piano and strings

Tamsin Waley-Cohen, Orchestra of the Swan, David Curtis

Signum Records

2016/09/02

(P)S2S Inc.
(C)Signum Records

アルバム購入

ファイル形式

金額

購入

flac 48kHz/24bit

¥1,500

カートに追加

WAV 48kHz/24bit

¥1,500

カートに追加

※表示金額は税込価格になります。

単曲購入

 

 

 

曲名

時間

金額

試聴

購入

1
Violin Concerto in D minor: I. Allegro molto
0:09:12
¥300
カートに追加

Tamsin Waley-Cohen[アーティスト], Orchestra of the Swan[アーティスト], David Curtis[アーティスト], Felix Mendelssohn[作曲]

2
Violin Concerto in D minor: II. Andante
0:07:41
¥300
カートに追加

Tamsin Waley-Cohen[アーティスト], Orchestra of the Swan[アーティスト], David Curtis[アーティスト], Felix Mendelssohn[作曲]

3
Violin Concerto in D minor: III. Allegro
0:05:16
¥300
カートに追加

Tamsin Waley-Cohen[アーティスト], Orchestra of the Swan[アーティスト], David Curtis[アーティスト], Felix Mendelssohn[作曲]

4
Concerto for Violin, Piano & String Orchestra in D Minor: I. Allegro
0:18:55
¥300
カートに追加

Tamsin Waley-Cohen[アーティスト], Huw Watkins[アーティスト], Orchestra of the Swan[アーティスト], David Curtis[アーティスト], Felix Mendelssohn[作曲]

5
Concerto for Violin, Piano & String Orchestra in D Minor: II. Adagio
0:09:00
¥300
カートに追加

Tamsin Waley-Cohen[アーティスト], Huw Watkins[アーティスト], Orchestra of the Swan[アーティスト], David Curtis[アーティスト], Felix Mendelssohn[作曲]

6
Concerto for Violin, Piano & String Orchestra in D Minor: III. Allegro molto
0:09:41
¥300
カートに追加

Tamsin Waley-Cohen[アーティスト], Huw Watkins[アーティスト], Orchestra of the Swan[アーティスト], David Curtis[アーティスト], Felix Mendelssohn[作曲]

  • Info
  • Credit
メンデルスゾーン作品を新進気鋭のヴァイオリンで楽しむアルバム

1997年に設立され、クラシックを中心に厳選された良質の音楽を提供し続けているイギリスのレーベル「Signum Records」より、2013年にリリースされたイギリス出身のヴァイオリニスト、タムシン・ウォーレイ・コーヘンによるメンデルスゾーン作品を取り上げたアルバムをご紹介!

タムシン・ウォーレイ・コーヘンはロンドン出身、来年30歳になる新進気鋭のヴァイオリニストだ。すでにロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団やロンドン・フィルハーモニー管弦楽団など世界を代表する楽団との共演を果たし、その美貌も相まって世界から注目を集めている。

そのタムシンが今メインで活躍しているのが、Orchestra of the Swan。イングランド中部にあるストラトフォード=アポン=エイヴォンを活動拠点としている楽団で、コンサートの傍ら積極的にレコーディングに臨んでいる。

タムシンとOrchestra of the Swanが今作で取り上げたのは、ドイツ・ロマン派を代表する作曲家フェリックス・メンデルスゾーンの作品。『Violin Concerto in D minor』(ヴァイオリン協奏曲ニ短調)と『Concerto for Violin, Piano and String Orchestra in D minor』(ヴァイオリン、ピアノと弦楽のための協奏曲ニ短調)という2作品で、メンデルスゾーンの楽曲の中では地味な部類に入る協奏曲にスポットを当てている。

タムシンのヴァイオリンは、基本に忠実で大きな抑揚をつけずともその表現力に大きな広がりを感じさせる。特に2曲目に収録されている『Violin Concerto in D minor: II. Andante』の、中盤のヴァイオリンソロの素晴らしさは白眉。演奏者に迷いがまったくなく、純粋に演奏することだけに集中していることがわかる音色は、世界から注目されるに値するものだろう。

Orchestra of the Swanとの相性も抜群で、控えめな伴奏がタムシンのヴァイオリンをより引き立たせている。クラシック新世代といってもいい彼らの演奏からは、新時代の足音が聞こえてくるようだ。

Tamsin Waley-Cohen(violin)
Huw Watkins(piano)
Orchestra of the Swan
David Curtis(conductor)
【Mendelssohn: Violin Concerto in D minor, Concerto for violin, piano and strings/Tamsin Waley-Cohen, Orchestra of the Swan, David Curtis/ハイレゾ】

関連アルバム

一緒に購入されている楽曲

 | 

 |   |