Widor: Complete Organ Symphonies Vol.1 - Organ of La Madeleine

Joseph Nolan

Signum Records

2016/07/31

(P)S2S Inc.
(C)Signum Records

アルバム購入

ファイル形式

金額

購入

flac 96kHz/24bit

¥900

カートに追加

WAV 96kHz/24bit

¥900

カートに追加

※表示金額は税込価格になります。

単曲購入

 

 

 

曲名

時間

金額

試聴

購入

1
Organ Symphony No.6 in G minor, Op.42 No.2: i. Allegro
0:09:05
¥150
カートに追加

Joseph Nolan[アーティスト], Charles-Marie Widor[作曲]

2
Organ Symphony No.6 in G minor, Op.42 No.2: ii. Adagio
0:07:23
¥150
カートに追加

Joseph Nolan[アーティスト], Charles-Marie Widor[作曲]

3
Organ Symphony No.6 in G minor, Op.42 No.2: iii. Intermezzo: Allegro
0:06:16
¥150
カートに追加

Joseph Nolan[アーティスト], Charles-Marie Widor[作曲]

4
Organ Symphony No.6 in G minor, Op.42 No.2: iv. Cantabile
0:05:41
¥150
カートに追加

Joseph Nolan[アーティスト], Charles-Marie Widor[作曲]

5
Organ Symphony No.6 in G minor, Op.42 No.2: v. Finale: Vivace
0:06:35
¥150
カートに追加

Joseph Nolan[アーティスト], Charles-Marie Widor[作曲]

6
Organ Symphony No.5 in F minor, Op.42, No.1: i. Allegro vivace - Piu lento
0:10:21
¥150
カートに追加

Joseph Nolan[アーティスト], Charles-Marie Widor[作曲]

7
Organ Symphony No.5 in F minor, Op.42, No.1: ii. Allgro cantabile
0:08:03
¥150
カートに追加

Joseph Nolan[アーティスト], Charles-Marie Widor[作曲]

8
Organ Symphony No.5 in F minor, Op.42, No.1: iii. Andantino quasi allegretto
0:08:24
¥150
カートに追加

Joseph Nolan[アーティスト], Charles-Marie Widor[作曲]

9
Organ Symphony No.5 in F minor, Op.42, No.1: iv. Adagio
0:04:33
¥150
カートに追加

Joseph Nolan[アーティスト], Charles-Marie Widor[作曲]

10
Organ Symphony No.5 in F minor, Op.42, No.1: v. Toccata: Allegro
0:06:11
¥150
カートに追加

Joseph Nolan[アーティスト], Charles-Marie Widor[作曲]

  • Info
  • Credit
最高のオルガン作曲家、オルガニスト、オルガンが揃った贅沢な作品

1997年に設立され、クラシックを中心に厳選された良質の音楽を提供し続けているイギリスのレーベル「Signum Records」より、世界的オルガニスト・ジョセフ・ノーランによるフランスのオルガン音楽の巨匠ヴィドールの交響曲集第1弾がハイレゾで登場!

オルガニストのジョセフ・ノーランは奨学金を得てロンドンの名門・王立音楽大学でリチャード・ポップルウェルに師事。2004年、チャペル・ロイヤルのオルガニストに指名され、以降たびたびバッキンガム宮殿で演奏。それにより注目を集める機会が増え、ジョセフの演奏や録音作品が高評価を獲得していった。中でもヴィドールの作品は各国で絶賛されており、ジョセフをヴィドール作品の弾き手の「権威」と評した音楽雑誌も。

本アルバムは19世紀を代表するオルガン建造家アリスティッド・カヴァイエ=コルによって建造され、1849年に設置、1923年に修復を受けたパリのマドレーヌ寺院のパイプオルガンを使用。ジョセフによって演奏されている、シャルル=マリー・ヴィドールの「オルガン交響曲第5番」と「第6番」である。オルガンの独奏だとは思えない、オーケストラさながらの華やかな演奏は、ジョセフの巧みな指さばきのみならず足さばきによって奏でられる。

オススメは5曲目の「Finale: Vivace」。交響曲第5番のフィナーレであり、初めから最高潮を迎え、すがすがしい。また、欧米ではたびたび結婚式使用されるという10曲目の「Toccata: Allegro」はヴィドールの最も有名な曲の1つ。煌びやかさと荘厳さが共存し、格調高い仕上がりに。

聴き終わった後にヴィドールを聴くならジョセフ・ノーランで…と思わせてくれる、ヴィドールの「権威」ジョセフの素晴らしい演奏が胸を打つ1枚!
【Widor: Complete Organ Symphonies Vol.1 - Organ of La Madeleine/Joseph Nolan/ハイレゾ】

関連アルバム

一緒に購入されている楽曲

 | 

 |   |