Chopin & Saint-Saëns: Cello Sonatas

Jamie Walton & Daniel Grimwood

Signum Records

2016/09/04

(P)S2S Inc.
(C)Signum Records

アルバム購入

ファイル形式

金額

購入

flac 44.1kHz/24bit

¥900

カートに追加

WAV 44.1kHz/24bit

¥900

カートに追加

※表示金額は税込価格になります。

単曲購入

 

 

 

曲名

時間

金額

試聴

購入

1
Cello Sonata No. 2 in F major, Op.123: I. Maestoso, largamente - Tranquillo
0:09:41
¥300
カートに追加

Jamie Walton & Daniel Grimwood[アーティスト], Camille Saint-Saëns[作曲]

2
Cello Sonata No. 2 in F major, Op.123: II. Scherzo con variazioni: Allegro animato
0:08:05
¥300
カートに追加

Jamie Walton & Daniel Grimwood[アーティスト], Camille Saint-Saëns[作曲]

3
Cello Sonata No. 2 in F major, Op.123: III. Romanza: Poco adagio
0:08:57
¥300
カートに追加

Jamie Walton & Daniel Grimwood[アーティスト], Camille Saint-Saëns[作曲]

4
Cello Sonata No. 2 in F major, Op.123: IV. Allegro non troppo grazioso
0:06:10
¥300
カートに追加

Jamie Walton & Daniel Grimwood[アーティスト], Camille Saint-Saëns[作曲]

5
Cello Sonata in G minor, Op.65: I. Allegro moderato
0:14:51
¥300
カートに追加

Jamie Walton & Daniel Grimwood[アーティスト], Frédéric Chopin[作曲]

6
Cello Sonata in G minor, Op.65: II. Scherzo con variazioni: Allegro con brio
0:04:29
¥300
カートに追加

Jamie Walton & Daniel Grimwood[アーティスト], Frédéric Chopin[作曲]

7
Cello Sonata in G minor, Op.65: III. Largo
0:04:16
¥300
カートに追加

Jamie Walton & Daniel Grimwood[アーティスト], Frédéric Chopin[作曲]

8
Cello Sonata in G minor, Op.65: IV. Finale: Allegro
0:05:57
¥300
カートに追加

Jamie Walton & Daniel Grimwood[アーティスト], Frédéric Chopin[作曲]

9
Introduction and Polonaise brillante in C major, Op. 3
0:09:20
¥300
カートに追加

Jamie Walton & Daniel Grimwood[アーティスト], Frédéric Chopin[作曲]

  • Info
  • Credit
「チェロとピアノが結ぶ二人の作曲家の世界」

1997年に設立され、クラシックを中心に厳選された良質の音楽を提供し続けているイギリスのレーベル「Signum Records」より、2011年にリリースされたチェロ・ソナタ集がハイレゾ音源で登場!

当アルバムはショパンとサン=サーンスという二人の名作曲家が残したチェロ・ソナタをダニエル・グリムウッド(ピアニスト)とジェイミー・ウォルトン(チェリスト)の演奏によってまとめたアルバムである。
少ない楽器編成を感じさせない音の圧力と、少編成だからこその繊細さがはっきりと聴いて取れるハイレゾ音源で聴くにふさわしい仕上がりになっている。

神童と呼ばれ幼少よりその才能を遺憾なく発揮してきたカミーユ・サン=サーンスと「ピアノの詩人」と呼ばれ数多くの名作を作曲したフレデリック・ショパンのチェロ・ソナタを集めた今作。一見、あまり接点がない様に思える二人の名作曲家だがショパンは祖国ポーランドへの愛国心から言及こそされないものの、サン=サーンスと同様にフランス音楽史において大きな功績を残した音楽家である。
鍵盤楽器に精通した二人の大音楽家の作品をチェロとピアノで堪能することができる良作になっている。

当アルバムにおいて演奏を披露しているのはダニエル・グリムウッド、ジェイミー・ウォルトン。
ダニエル・グリムウッドは幼少より音楽に慣れ親しみ7歳のころには既に観客を前にして演奏していたというベテランピアニスト。
またチェロを演奏するジェイミー・ウォルトンは、パワフルかつ繊細な音使いに定評のあるチェリストだ。
二人の名演もとくとご堪能あれ。

特にお勧めしたいのは、3曲目。こちらはサン=サーンスの作品「チェロソナタ第2番」の3楽章にあたるのだが、比較的ゆったりとしたテンポでありながらも緩急が心地よくあっという間に次の曲まで運ばれてしまう。
また6曲目も素晴らしく、こちらはショパンの作品である「チェロソナタ ト短調作品65」より2楽章になるのだが、チェロにけっして負けることのないメロディーをピアノが力強く奏でている。この掛け合いは是非、聴いていただきたい。

オーケストラほど楽器もいないので奏者の技術力の高さと、曲の素晴らしさを隅々まで味わうことのできるアルバムとなっている。

Piano: Daniel Grimwood
Cello: Jamie Walton
Producer and Editor: John H West
Recording Engineer:Andrew Mellor
【Chopin & Saint-Saëns: Cello Sonatas/Jamie Walton & Daniel Grimwood/ハイレゾ】

関連アルバム

一緒に購入されている楽曲

 | 

 |   |