Rachmaninov: Cello Concerto & Grieg: Cello Concerto

Jamie Walton & Daniel Grimwood

Signum Records

2016/09/04

(P)S2S Inc.
(C)Signum Records

アルバム購入

ファイル形式

金額

購入

flac 48kHz/24bit

¥1,500

カートに追加

WAV 48kHz/24bit

¥1,500

カートに追加

※表示金額は税込価格になります。

単曲購入

 

 

 

曲名

時間

金額

試聴

購入

1
Sonata for Piano and Cello in G minor, Op. 19: Lento: Allegro moderato
0:11:21
¥300
カートに追加

Jamie Walton & Daniel Grimwood[アーティスト], Sergei Rachmaninov[作曲]

2
Sonata for Piano and Cello in G minor, Op. 19: Allegro scherzando
0:05:29
¥300
カートに追加

Jamie Walton & Daniel Grimwood[アーティスト], Sergei Rachmaninov[作曲]

3
Sonata for Piano and Cello in G minor, Op. 19: Andante
0:04:52
¥300
カートに追加

Jamie Walton & Daniel Grimwood[アーティスト], Sergei Rachmaninov[作曲]

4
Sonata for Piano and Cello in G minor, Op. 19: Allegro mosso
0:21:45
¥300
カートに追加

Jamie Walton & Daniel Grimwood[アーティスト], Sergei Rachmaninov[作曲]

5
Cello Sonata in A minor, Op. 36: Allegro agitato
0:08:48
¥300
カートに追加

Jamie Walton & Daniel Grimwood[アーティスト], Edvard Grieg[作曲]

6
Cello Sonata in A minor, Op. 36: Andante molto tranquillo
0:05:17
¥300
カートに追加

Jamie Walton & Daniel Grimwood[アーティスト], Edvard Grieg[作曲]

7
Cello Sonata in A minor, Op. 36: Allegro molto e marcato
0:11:30
¥300
カートに追加

Jamie Walton & Daniel Grimwood[アーティスト], Edvard Grieg[作曲]

  • Info
  • Credit
チェロ・ソナタの金字塔、ラフマニノフとグリークのチェロ・ソナタが新進気鋭のチェリストとピアニストの共演により登場。

1997年に設立され、クラシックを中心に厳選された良質の音楽を提供し続けているイギリスのレーベル 「Signum Records」 より、チェロ・ソナタの金字塔、ラフマニノフとグリークのチェロ・ソナタが遂にハイレゾで登場。

演奏するのは、先ず、チェリストのジェイミー・ウォルトン。ドイツ生まれの英国人であるが、ウイリアム・プリースに師事し、ロンドン交響楽団、ロイヤル・フィルハーモニー、フィルハーモニアと共演を行い、ヨーロッパ、米国を主にリサイタルの場としている新進気鋭のチェリストである。ピアニストのダニエル・グリムウッドは同世代のピアニストではファースト・コールの1人。リストとショパンを演奏したCDが大きな賞賛を浴びている新進気鋭のピアニスト。

本作に収められているラフマニノフのチェロ・ソナタは、第1楽章の冒頭を聴いただけで、チェロ、ピアノ、2人の名手により一気にラフマニノフの世界にいざなわれてしまう。余りにも美しく甘美な世界がリスナーの目の前に開かれる。本作でのグリークのチェロ・ソナタは、第1楽章の冒頭を聴いただけで、厳格さのなかにもリスナーに安らぎの場を与える世界が提示される。ウォルトンもグリムウッドも、ラフマニノフとグリークの美しい音楽を完全に描写し、大きな感動を覚える。

本作の大きな聴きどころは、卓越した名手2人が、お互いを陰に陽に支え合い一糸乱れぬアンサンブルを聴かせることにある。極めて難易度が高い楽曲であるが、ウォルトンもグリムウッドもその様なことを感じさせることなく聴かせてしまう様は、まさに圧巻と言えよう。

全てオススメなのであるが、特に挙げるならば、先ず1曲目。日本でも大人気のラフマニノフのチェロ・ソナタの第1楽章であるが、ウォルトンとグリムウッド、若き2人の名手により、ラフマニノフの世界に惹きつけられてしまう。名演である。次に、5曲目のグリークのチェロ・ソナタの第1楽章。これも日本では大人気であるが、若き2人の名手が新たな解釈でチェロ・ソナタに挑み、成功を収めていることに喝采を送りたい。

若き2人の名手による新鮮で、感動的なラフマニノフとグリークの世界を堪能できる贅沢な1枚!

Daniel Grimwood (piano)
Jamie Walton (cello)
【Rachmaninov: Cello Concerto & Grieg: Cello Concerto/Jamie Walton & Daniel Grimwood/ハイレゾ】

関連アルバム

一緒に購入されている楽曲

 | 

 |   |