ラッスス:エレミアの哀歌/レクイエム

コレギウム・レガーレ

Signum Records

2016/07/29

(P)S2S Inc.
(C)Signum Records

アルバム購入

ファイル形式

金額

購入

flac 48kHz/24bit

¥1,500

カートに追加

WAV 48kHz/24bit

¥1,500

カートに追加

※表示金額は税込価格になります。

単曲購入

 

 

 

曲名

時間

金額

試聴

購入

1
Lamentatio Prima~聖木曜日のための預言者エレミアの哀歌より
0:08:37
¥150
カートに追加

コレギウム・レガーレ[アーティスト], Orlande de Lassus[作詞], Orlande de Lassus[作曲]

2
Lamentatio Secunda~聖木曜日のための預言者エレミアの哀歌より
0:08:37
¥150
カートに追加

コレギウム・レガーレ[アーティスト], Orlande de Lassus[作詞], Orlande de Lassus[作曲]

3
Lamentatio Tertia~聖木曜日のための預言者エレミアの哀歌より
0:08:52
¥150
カートに追加

コレギウム・レガーレ[アーティスト], Orlande de Lassus[作詞], Orlande de Lassus[作曲]

4
オリーブ山で
0:04:10
¥150
カートに追加

コレギウム・レガーレ[アーティスト], Orlande de Lassus[作詞], Orlande de Lassus[作曲]

5
Tract: Absolve, Domine
0:03:00
¥150
カートに追加

コレギウム・レガーレ[アーティスト], Orlande de Lassus[作詞], Orlande de Lassus[作曲]

6
Introitus: Requiem aeternam~レクイエム 「死者のためのミサ」より
0:06:29
¥150
カートに追加

コレギウム・レガーレ[アーティスト], Orlande de Lassus[作詞], Orlande de Lassus[作曲]

7
Kyrie eleison~レクイエム 「死者のためのミサ」より
0:03:35
¥150
カートに追加

コレギウム・レガーレ[アーティスト], Orlande de Lassus[作詞], Orlande de Lassus[作曲]

8
Graduale: Si ambulem~レクイエム 「死者のためのミサ」より
0:05:30
¥150
カートに追加

コレギウム・レガーレ[アーティスト], Orlande de Lassus[作詞], Orlande de Lassus[作曲]

9
Offertorium: Domine Jesu Christe~レクイエム 「死者のためのミサ」より
0:06:20
¥150
カートに追加

コレギウム・レガーレ[アーティスト], Orlande de Lassus[作詞], Orlande de Lassus[作曲]

10
Sanctus~レクイエム 「死者のためのミサ」より
0:04:40
¥150
カートに追加

コレギウム・レガーレ[アーティスト], Orlande de Lassus[作詞], Orlande de Lassus[作曲]

11
Agnus Dei~レクイエム 「死者のためのミサ」より
0:03:19
¥150
カートに追加

コレギウム・レガーレ[アーティスト], Orlande de Lassus[作詞], Orlande de Lassus[作曲]

12
Communio: Lux aeterna~レクイエム 「死者のためのミサ」より
0:03:34
¥150
カートに追加

コレギウム・レガーレ[アーティスト], Orlande de Lassus[作詞], Orlande de Lassus[作曲]

13
「見よ人間よ」
0:03:21
¥150
カートに追加

コレギウム・レガーレ[アーティスト], Orlande de Lassus[作詞], Orlande de Lassus[作曲]

  • Info
  • Credit
伝統ある聖歌隊から派生したクワイアの、荘厳な歌声を味わえる珠玉のアルバム!

1997年に設立され、クラシックを中心に厳選された良質の音楽を提供し続けているイギリスのレーベル「Signum Records」より、イギリスのクワイアグループ「コレギウム・レガーレ」のアルバムがハイレゾで登場!

「コレギウム・レガーレ」というのは、ラテン語で「キングス・カレッジ」という意味であり、「キングス・カレッジ合唱団」の男声パートの大学生の中から選抜されたメンバーで構成されたグループある。(現在は、グループ名を「The Kings’ Men」と改め、活動している。)「キングス・カレッジ合唱団」は、1441年にヘンリー6世によってキングス・カレッジ(ケンブリッジ大学)が創設された際に、学校内にある荘厳なチャペルの中で行われる日々の礼拝のための聖歌隊として作られたのが始まりである。聖歌隊の伝統は今もなお脈々と続いており、彼らは学内にある聖歌隊学校にて奨学金を得ながら学び、礼拝の際の重要な役割を果たしている。

伝統ある聖歌隊から派生したクワイアである「コレギウム・レガーレ」の国内外の演奏活躍は盛んであり、ヨーロッパをはじめ、アメリカ、オーストラリア、香港、日本と世界の各地でコンサートを行っている。レパートリーはグレゴリア聖歌から最近のヒット曲まで大変幅広く、音楽の800年の歴史を包含するスタイルは聴衆に深い感動と驚きを与え続けている。
指揮は、1982年以降キングス・カレッジ合唱団と深い関わりを持ち、世界で名高いオーケストラや合唱団と数々のステージを重ね、合唱界における重鎮であるステファン・クレオブリー。

オルランド・ディ・ラッスス(Orlando di Lassus 1532-1594)は、後期ルネサンスのフランドル楽派の作曲家。16世紀末のヨーロッパでは最も有名で最も影響力のある作曲家であり、2000曲あまりの多種多様な作品を生み出した。
1~3曲目に収録されている『聖木曜日のための預言者エレミアの哀歌』は、ラッススの特徴であるポリフォニー様式を象徴するような、音の重なりを十分に感じ取ることができる。4~6曲目の「レクイエム 「死者のためのミサ」は男声合唱の独特のサウンドと世界観に思わず聴き入ってしまう。

世界屈指ともいわれる伝統ある歌声で、深い感動に包まれる1枚。
【ラッスス:エレミアの哀歌/レクイエム/コレギウム・レガーレ/ハイレゾ】

関連アルバム

一緒に購入されている楽曲

 | 

 |   |