アルバム購入特典付

・アルバム購入特典に歌詞は含まれません。
・特典内容については、jpg画像、pdfのテキストブックレット等、各アルバムによって内容は異なります。

ショスタコーヴィチ:交響曲 第 11番 「1905年」

菊地知也, アレクサンドル・ラザレフ, 日本フィルハーモニー交響楽団

EXTON

2020/08/02

(P)Octavia Records Inc.
(C)Octavia Records Inc.

アルバム購入

ファイル形式

金額

購入

flac 192kHz/24bit

¥3,900

カートに追加

flac 96kHz/24bit

¥3,300

カートに追加

WAV 192kHz/24bit

¥3,900

カートに追加

WAV 96kHz/24bit

¥3,300

カートに追加

DSF 2.8MHz/1bit

¥3,300

カートに追加

※表示金額は税込価格になります。

単曲購入

 

 

 

曲名

時間

金額

試聴

購入

1
交響曲 第 11番 ト短調, 作品 103 1905年: 1. The Palace Square
00:14:49
アルバム販売のみ
カートに追加

菊地知也[アーティスト], アレクサンドル・ラザレフ[アーティスト], 日本フィルハーモニー交響楽団[アーティスト], Dmitri Shostakovich[作曲]

2
交響曲 第 11番 ト短調, 作品 103 1905年: 2. The 9th of January
00:19:06
アルバム販売のみ
カートに追加

菊地知也[アーティスト], アレクサンドル・ラザレフ[アーティスト], 日本フィルハーモニー交響楽団[アーティスト], Dmitri Shostakovich[作曲]

3
交響曲 第 11番 ト短調, 作品 103 1905年: 3. In Memoriam
00:08:44
アルバム販売のみ
カートに追加

菊地知也[アーティスト], アレクサンドル・ラザレフ[アーティスト], 日本フィルハーモニー交響楽団[アーティスト], Dmitri Shostakovich[作曲]

4
交響曲 第 11番 ト短調, 作品 103 1905年: 4. The Tocsin
00:15:03
アルバム販売のみ
カートに追加

菊地知也[アーティスト], アレクサンドル・ラザレフ[アーティスト], 日本フィルハーモニー交響楽団[アーティスト], Dmitri Shostakovich[作曲]

  • Info
  • Credit
ラザレフと日本フィルが初めて2003年に共演したのが、ショスタコーヴィチの交響曲第11番でした。その評価は高く、指折りの名演として知られています。当盤はその再演として2015年3月に演奏されたライヴを収録したものです。
語り草となる演奏から12年経ち、名演を超える名演が生まれました。
のびやかに歌い上げる弦楽器、力強く響かせる金管・打楽器、洗練された響きを奏でる木管楽器は、ラザレフの指揮によってさらなる高みへ上りつめました。
この待望の再演は、ラザレフと日本フィルが築いてきた関係性が強固なものになっていることを、改めて感じさせることでしょう。ぜひあなたの耳で最高のタッグによるコンビネーションを体感してください。

※「アルバム購入特典」はデジタルブックレット(PDF)と当作品のジャケット写真データ(jpg)です。
【ショスタコーヴィチ:交響曲 第 11番 「1905年」/菊地知也, アレクサンドル・ラザレフ, 日本フィルハーモニー交響楽団/ハイレゾ】

関連アルバム

一緒に購入されている楽曲

 | 

 |   |