ショスタコーヴィチ交響曲第1番 ヘ短調 作品10

ルクセンブルク・フィルハーモニー管弦楽団, グスタボ・ヒメノ

PENTATONE

2018/09/14

(P)2017 PENTATONE Music B.V.
(C)2017 PENTATONE

アルバム購入

ファイル形式

金額

購入

flac 96kHz/24bit

¥2,500

カートに追加

DSF 2.8MHz/1bit

¥3,000

カートに追加

※表示金額は税込価格になります。

単曲購入

 

 

 

曲名

時間

金額

試聴

購入

1
ショスタコーヴィチ:交響曲第1番 ヘ短調 作品10 Allegretto Allegro non troppo
0:08:47
¥540
カートに追加

ルクセンブルク・フィルハーモニー管弦楽団[アーティスト], グスタボ・ヒメノ[アーティスト], ドミトリー・ショスタコーヴィチ[作曲]

2
ショスタコーヴィチ:交響曲第1番 ヘ短調 作品10 Allegro Meno mosso
0:04:55
¥540
カートに追加

ルクセンブルク・フィルハーモニー管弦楽団[アーティスト], グスタボ・ヒメノ[アーティスト], ドミトリー・ショスタコーヴィチ[作曲]

3
ショスタコーヴィチ:交響曲第1番 ヘ短調 作品10 Lento Largo(attacca)
0:09:27
¥540
カートに追加

ルクセンブルク・フィルハーモニー管弦楽団[アーティスト], グスタボ・ヒメノ[アーティスト], ドミトリー・ショスタコーヴィチ[作曲]

4
ショスタコーヴィチ:交響曲第1番 ヘ短調 作品10 Lento Allegro molto
0:09:43
¥540
カートに追加

ルクセンブルク・フィルハーモニー管弦楽団[アーティスト], グスタボ・ヒメノ[アーティスト], ドミトリー・ショスタコーヴィチ[作曲]

5
ショスタコーヴィチ:スケルツォ 嬰ヘ短調 作品1
0:05:13
¥540
カートに追加

ルクセンブルク・フィルハーモニー管弦楽団[アーティスト], グスタボ・ヒメノ[アーティスト], ドミトリー・ショスタコーヴィチ[作曲]

6
ショスタコーヴィチ:主題と変奏 作品3
0:15:25
¥540
カートに追加

ルクセンブルク・フィルハーモニー管弦楽団[アーティスト], グスタボ・ヒメノ[アーティスト], ドミトリー・ショスタコーヴィチ[作曲]

7
ショスタコーヴィチ:スケルツォ 変ホ長調作品7
0:03:56
¥540
カートに追加

ルクセンブルク・フィルハーモニー管弦楽団[アーティスト], グスタボ・ヒメノ[アーティスト], ドミトリー・ショスタコーヴィチ[作曲]

8
ショスタコーヴィチ:5つの断章 作品42
0:11:00
¥540
カートに追加

ルクセンブルク・フィルハーモニー管弦楽団[アーティスト], グスタボ・ヒメノ[アーティスト], ドミトリー・ショスタコーヴィチ[作曲]

  • Info
  • Credit
手に汗握る大熱演!ヒメノ率いるルクセンブルク・フィルによるショスタコーヴィチ・アルバム!

ショスタコーヴィチ(1906-1975):
①-④交響曲第1番 ヘ短調 Op.10(ⅰ.8’47”+ⅱ.4’55”+ⅲ.9’27”+ⅳ.9’43”=32’52”)
⑤スケルツォ 嬰ヘ短調 Op.1(5’13”)
⑥主題と変奏 Op.3(15’25”)
⑦スケルツォ 変ホ長調Op.7(3’56”)
⑧5つの断章Op.42(11’00”)

グスターボ・ヒメノ(指揮)、ルクセンブルク・フィルハーモニー管弦楽団
セッション録音:2016年6月/フィルハーモニー・ルクセンブルク

今世界が最も注目する若手指揮者の一人、スペイン、バレンシア生まれのグスターボ・ヒメノがPENTATONEレーベルより本格的なデビュー・ディスクをリリースします。ヒメノは2001年にロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団の首席打楽器奏者に就任。その後、音楽家として更なる研鑽として指揮を学び、その才が見事に花開いた若手筆頭格の音楽家です。2012-13年、2013-14年のシーズンには、ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団でマリス・ヤンソンスの副指揮を務め、2014年1月にヤンソンスの代役としてコンセルトヘボウのデビューし、一躍世界から注目される指揮者となりました。当ディスクは2015年より音楽監督に就任したルクセンブルク・フィルハーモニー管弦楽団との本格的なデビュー・ディスクで、ショスタコーヴィチの交響曲第1番と管弦楽作品をとりあげました。
RCOの打楽器奏者として長きに渡りヤンソンスと共演してきたヒメノは、ショスタコーヴィチの実演も数多く、指揮者として活躍の場をひろげてからも、得意とする作品としてショスタコーヴィチをとりあげてきました。レニングラード音楽院作曲家の卒業制作である交響曲第1番(1924-25)。ショスタコーヴィチはこの曲の初演で一躍作曲家として名声を博し、《ソビエト国家が育てた天才》と讃えられました。打楽器奏者出身であるヒメノは、抜群のリズム感とテンポ感で、実に歯切れのよい演奏を展開しております。ベネルクス3国の一画、ルクセンブルクの名門ルクセンブルク・フィルの音楽監督として同団と新たな時代を切り開きます!



【ショスタコーヴィチ交響曲第1番 ヘ短調 作品10/ルクセンブルク・フィルハーモニー管弦楽団, グスタボ・ヒメノ/ハイレゾ】

関連アルバム

一緒に購入されている楽曲

 | 

 |   |