マリピエロ/ゲディーニ/カゼッラ: チェロと管弦楽のための作品集

ドミートリー・プロコフィエフ, ニコライ・シュガーエフ, ヴァレンティン・ウリューピン, ロストフ・アカデミー交響楽団

ナクソスジャパン

2022/04/08

2022 Naxos Rights (Europe) Ltd.
2022 Naxos Rights (Europe) Ltd.

アルバム購入

ファイル形式

金額

購入

flac 44.1kHz/24bit

¥1,466

カートに追加

WAV 44.1kHz/24bit

¥1,466

カートに追加

※表示金額は税込価格になります。

単曲購入

 

 

 

曲名

時間

金額

試聴

購入

1
G.F. マリピエロ: チェロ協奏曲 - I. Allegro moderato
0:04:09
¥275
カートに追加

ニコライ・シュガーエフ[チェロ], ロストフ・アカデミー交響楽団[アーティスト], ヴァレンティン・ウリューピン[指揮], ジャン・フランチェスコ・マリピエロ[作曲]

2
G.F. マリピエロ: チェロ協奏曲 - II. Lento
0:07:19
¥275
カートに追加

ニコライ・シュガーエフ[チェロ], ロストフ・アカデミー交響楽団[アーティスト], ヴァレンティン・ウリューピン[指揮], ジャン・フランチェスコ・マリピエロ[作曲]

3
G.F. マリピエロ: チェロ協奏曲 - III. Allegro
0:05:19
¥275
カートに追加

ニコライ・シュガーエフ[チェロ], ロストフ・アカデミー交響楽団[アーティスト], ヴァレンティン・ウリューピン[指揮], ジャン・フランチェスコ・マリピエロ[作曲]

4
G.F. ゲディーニ: 2つのチェロと管弦楽のための協奏曲「オルメネータ」(1951) - I. Allegro molto moderato e tranquillo -
0:09:28
¥275
カートに追加

ニコライ・シュガーエフ[チェロ], ドミートリー・プロコフィエフ[チェロ], ロストフ・アカデミー交響楽団[アーティスト], ヴァレンティン・ウリューピン[指揮], ジョルジョ・フェデリコ・ゲディーニ[作曲]

5
G.F. ゲディーニ: 2つのチェロと管弦楽のための協奏曲「オルメネータ」(1951) - II. Caccia nell'olmeneta: Allegro vivace
0:02:41
¥275
カートに追加

ニコライ・シュガーエフ[チェロ], ドミートリー・プロコフィエフ[チェロ], ロストフ・アカデミー交響楽団[アーティスト], ヴァレンティン・ウリューピン[指揮], ジョルジョ・フェデリコ・ゲディーニ[作曲]

6
G.F. ゲディーニ: 2つのチェロと管弦楽のための協奏曲「オルメネータ」(1951) - III. Molto adagio -
0:11:42
アルバム販売のみ
カートに追加

ニコライ・シュガーエフ[チェロ], ドミートリー・プロコフィエフ[チェロ], ロストフ・アカデミー交響楽団[アーティスト], ヴァレンティン・ウリューピン[指揮], ジョルジョ・フェデリコ・ゲディーニ[作曲]

7
G.F. ゲディーニ: 2つのチェロと管弦楽のための協奏曲「オルメネータ」(1951) - IV. Allegretto quieto
0:08:10
¥275
カートに追加

ニコライ・シュガーエフ[チェロ], ドミートリー・プロコフィエフ[チェロ], ロストフ・アカデミー交響楽団[アーティスト], ヴァレンティン・ウリューピン[指揮], ジョルジョ・フェデリコ・ゲディーニ[作曲]

8
A. カゼッラ: 夜想曲とタランテッラ Op. 54 - 夜想曲
0:04:17
¥275
カートに追加

ニコライ・シュガーエフ[チェロ], ロストフ・アカデミー交響楽団[アーティスト], ヴァレンティン・ウリューピン[指揮], アルフレード・カゼッラ[作曲]

9
A. カゼッラ: 夜想曲とタランテッラ Op. 54 - タランテッラ
0:01:55
¥275
カートに追加

ニコライ・シュガーエフ[チェロ], ロストフ・アカデミー交響楽団[アーティスト], ヴァレンティン・ウリューピン[指揮], A. カゼッラ[作曲]

  • Info
  • Credit
このアルバムに採り上げられた3人の作曲家は、いずれもチェロとのかかわりが深く、マリピエロの甥リッカルドはミラノ・スカラ座のチェロ奏者を務め、ゲディーニは自身が幼い頃からチェロを学んでいます。またカゼッラは父、叔父、祖父がチェリストという家系に生まれており、子供時代からチェロを弾いていましたが、ピアノのほうが才能があることがわかり、転向したという経歴を持っています。そんな3人のチェロのための作品は、どれもソリストとオーケストラが協力して様々な雰囲気を探求するもので、チェロのみが名人芸を発揮することはありません。マリピエロとゲディーニの曲は、どちらも18世紀のコンチェルト・グロッソ風の雰囲気を持っており、ソリストとオーケストラの立場は対等なものとして書かれています。またカゼッラの作品は協奏曲を書くためのオーケストレーションの練習的な作品で、やはりチェロとオーケストラのバランスに大きな注意が払われています。1988年モスクワ生まれのチェリスト、シュガーエフの演奏で。
【マリピエロ/ゲディーニ/カゼッラ: チェロと管弦楽のための作品集/ドミートリー・プロコフィエフ, ニコライ・シュガーエフ, ヴァレンティン・ウリューピン, ロストフ・アカデミー交響楽団/ハイレゾ】

1 ニコライ・シュガーエフ[チェロ], ロストフ・アカデミー交響楽団[アーティスト], ヴァレンティン・ウリューピン[指揮], ジャン・フランチェスコ・マリピエロ[作曲]

2 ニコライ・シュガーエフ[チェロ], ロストフ・アカデミー交響楽団[アーティスト], ヴァレンティン・ウリューピン[指揮], ジャン・フランチェスコ・マリピエロ[作曲]

3 ニコライ・シュガーエフ[チェロ], ロストフ・アカデミー交響楽団[アーティスト], ヴァレンティン・ウリューピン[指揮], ジャン・フランチェスコ・マリピエロ[作曲]

4 ニコライ・シュガーエフ[チェロ], ドミートリー・プロコフィエフ[チェロ], ロストフ・アカデミー交響楽団[アーティスト], ヴァレンティン・ウリューピン[指揮], ジョルジョ・フェデリコ・ゲディーニ[作曲]

5 ニコライ・シュガーエフ[チェロ], ドミートリー・プロコフィエフ[チェロ], ロストフ・アカデミー交響楽団[アーティスト], ヴァレンティン・ウリューピン[指揮], ジョルジョ・フェデリコ・ゲディーニ[作曲]

6 ニコライ・シュガーエフ[チェロ], ドミートリー・プロコフィエフ[チェロ], ロストフ・アカデミー交響楽団[アーティスト], ヴァレンティン・ウリューピン[指揮], ジョルジョ・フェデリコ・ゲディーニ[作曲]

7 ニコライ・シュガーエフ[チェロ], ドミートリー・プロコフィエフ[チェロ], ロストフ・アカデミー交響楽団[アーティスト], ヴァレンティン・ウリューピン[指揮], ジョルジョ・フェデリコ・ゲディーニ[作曲]

8 ニコライ・シュガーエフ[チェロ], ロストフ・アカデミー交響楽団[アーティスト], ヴァレンティン・ウリューピン[指揮], アルフレード・カゼッラ[作曲]

9 ニコライ・シュガーエフ[チェロ], ロストフ・アカデミー交響楽団[アーティスト], ヴァレンティン・ウリューピン[指揮], A. カゼッラ[作曲]

関連アルバム

 | 

 |   |