アルバム購入

ファイル形式

金額

購入

flac 96kHz/24bit

¥1,466

カートに追加

WAV 96kHz/24bit

¥1,466

カートに追加

※表示金額は税込価格になります。

単曲購入

 

 

 

曲名

時間

金額

試聴

購入

1
E. グレグソン: 弦楽四重奏曲第1番 - I. 劇的に - 速く、活き活きと - 表情豊かに
0:09:44
¥275
カートに追加

ナバラ四重奏団[アーティスト], エドワード・グレグソン[作曲]

2
E. グレグソン: 弦楽四重奏曲第1番 - II. コラールによる幻想曲
0:10:39
アルバム販売のみ
カートに追加

ナバラ四重奏団[アーティスト], エドワード・グレグソン[作曲]

3
E. グレグソン: 弦楽四重奏曲第1番 - III. 早すぎず、しかし活き活きと
0:06:32
¥275
カートに追加

ナバラ四重奏団[アーティスト], エドワード・グレグソン[作曲]

4
E. グレグソン: ジヴェルニーの庭(コールアングレと弦楽四重奏版)
0:06:25
¥275
カートに追加

アリソン・ティール[コールアングレ], ナバラ四重奏団[アーティスト], エドワード・グレグソン[作曲]

5
E. グレグソン: 三部作(2020年ヴァイオリン版) - No. 1. ディオニソスの対話
0:05:50
¥275
カートに追加

ベンジャミン・マーキス・ギルモア[ヴァイオリン], ポール・ハインドマーシュ[ヴォーカル], スティーヴ・ポートノイ[stamping foot], エドワード・グレグソン[作曲]

6
E. グレグソン: 三部作(2020年ヴァイオリン版) - No. 2. 愛の悲しみ
0:03:53
¥275
カートに追加

ベンジャミン・マーキス・ギルモア[ヴァイオリン], ポール・ハインドマーシュ[ヴォーカル], スティーヴ・ポートノイ[stamping foot], エドワード・グレグソン[作曲]

7
E. グレグソン: 三部作(2020年ヴァイオリン版) - No. 3. 無窮動
0:03:44
¥275
カートに追加

ベンジャミン・マーキス・ギルモア[ヴァイオリン], ポール・ハインドマーシュ[ヴォーカル], スティーヴ・ポートノイ[stamping foot], エドワード・グレグソン[作曲]

8
E. グレグソン: ミサ・ブレヴィス・パーチェム - ベネディクトゥス(アルト・サクソフォンと弦楽四重奏版)
0:03:20
¥275
カートに追加

ロブ・バックランド[アルト・サクソフォン], ナバラ四重奏団[アーティスト], エドワード・グレグソン[作曲]

9
E. グレグソン: 弦楽四重奏曲第2番
0:16:08
アルバム販売のみ
カートに追加

ナバラ四重奏団[アーティスト], エドワード・グレグソン[作曲]

  • Info
  • Credit
1945年、イングランド出身の作曲家エドワード・グレグソン。王立音楽アカデミーで作曲とピアノをアラン・ブッシュに師事、作曲部門で5つの賞を獲得しました。その後は優れた作曲家として、BBCフィルハーモニックやロイヤル・リヴァプール・フィルハーモニー管弦楽団、ボーンマス交響楽団やハレ管弦楽団などから委嘱を受ける他、さまざまな著名ソリストのために協奏曲を作曲、また吹奏楽や金管アンサンブルのための作品も多く、2016年にはブラック・ダイク・バンドに作品を提供するなどこの分野の貢献度の高さも知られています。1970年代から80年代にかけての彼の作品は、どちらかというと抽象的なコンセプトに基づくものが多かったのですが、近年、とりわけ21世紀になってからは、表現力に磨きがかかり、情感豊かな作品が増えています。批評家に「厳格さと静謐さを併せ持つ、驚くべき作品」と絶賛された弦楽四重奏曲第1番や、超絶技巧を駆使した「三部作」、まろやかで色彩的な音使いが美しい弦楽四重奏曲第2番など、現在のグレグソンの心情を端的に表すかのような曲が並びます。
【グレグソン: 室内楽作品集/ポール・ハインドマーシュ, ロブ・バックランド, アリソン・ティール, ベンジャミン・マーキス・ギルモア, スティーヴ・ポートノイ, ナバラ四重奏団/ハイレゾ】

関連アルバム

 | 

 |   |