マヌエル・ポンセ: ギター作品集 第3集

アレクサンドル・ツボルスキー

ナクソスジャパン

2018/03/23

(P)2015 Naxos Rights International Ltd.
(C)2015 Naxos Rights International Ltd.

アルバム購入

ファイル形式

金額

購入

WAV 96kHz/24bit

¥1,440

カートに追加

flac 96kHz/24bit

¥1,440

カートに追加

※表示金額は税込価格になります。

単曲購入

 

 

 

曲名

時間

金額

試聴

購入

1
ポンセ: ソナタ・メキシカーナ - I. Allegro moderato
0:03:55
¥257
カートに追加

アレクサンドル・ツボルスキー[ギター], ポンセ[作曲]

2
ポンセ: ソナタ・メキシカーナ - II. Andantino affettuoso
0:03:10
¥257
カートに追加

アレクサンドル・ツボルスキー[ギター], ポンセ[作曲]

3
ポンセ: ソナタ・メキシカーナ - III. Intermezzo: Allegretto, quasi serenata
0:01:22
¥257
カートに追加

アレクサンドル・ツボルスキー[ギター], ポンセ[作曲]

4
ポンセ: ソナタ・メキシカーナ - IV. Allegretto un poco vivace
0:03:33
¥257
カートに追加

アレクサンドル・ツボルスキー[ギター], ポンセ[作曲]

5
ポンセ: ソナタ・クラシカ - I. Allegro
0:06:02
¥257
カートに追加

アレクサンドル・ツボルスキー[ギター], ポンセ[作曲]

6
ポンセ: ソナタ・クラシカ - II. Andante
0:03:44
¥257
カートに追加

アレクサンドル・ツボルスキー[ギター], ポンセ[作曲]

7
ポンセ: ソナタ・クラシカ - III. Menuet - Trio
0:03:40
¥257
カートに追加

アレクサンドル・ツボルスキー[ギター], ポンセ[作曲]

8
ポンセ: ソナタ・クラシカ - IV. Allegro: Rondo on a Theme by Sor
0:03:29
¥257
カートに追加

アレクサンドル・ツボルスキー[ギター], ポンセ[作曲]

9
ポンセ: ギター・ソナタ第3番 - I. Allegro moderato
0:06:15
¥257
カートに追加

アレクサンドル・ツボルスキー[ギター], ポンセ[作曲]

10
ポンセ: ギター・ソナタ第3番 - II. Chanson: Andantino molto espressivo
0:02:56
¥257
カートに追加

アレクサンドル・ツボルスキー[ギター], ポンセ[作曲]

11
ポンセ: ギター・ソナタ第3番 - III. Allegro non troppo
0:05:28
¥257
カートに追加

アレクサンドル・ツボルスキー[ギター], ポンセ[作曲]

12
ポンセ: ロマンティックなソナタ 「シューベルトを讃えて」 - I. Allegro non troppo, semplice
0:08:22
¥257
カートに追加

アレクサンドル・ツボルスキー[ギター], ポンセ[作曲]

13
ポンセ: ロマンティックなソナタ 「シューベルトを讃えて」 - II. Andante
0:05:30
¥257
カートに追加

アレクサンドル・ツボルスキー[ギター], ポンセ[作曲]

14
ポンセ: ロマンティックなソナタ 「シューベルトを讃えて」 - III. Moment musical: Vivo
0:03:14
¥257
カートに追加

アレクサンドル・ツボルスキー[ギター], ポンセ[作曲]

15
ポンセ: ロマンティックなソナタ 「シューベルトを讃えて」 - IV. Allegro non troppo e serioso
0:07:21
¥257
カートに追加

アレクサンドル・ツボルスキー[ギター], ポンセ[作曲]

  • Info
  • Credit
20世紀前半のメキシコで活躍した作曲家でピアニストのマヌエル・ポンセ(1882-1948)。現在では彼の名は、あの愛らしい「エストレリータ(小さな星)」のみで知られているようですが、実は新古典派の作風によるいくつかの協奏曲や、このアルバムに収録されたギター曲など、優れた作品を数多く残しているのです。
彼はメキシコで初期の音楽教育を受けた後、ボローニャとベルリンに留学します。そして一度は帰国し、母校で教鞭を執りますが、また各地を巡ったあとに、1925年に再度渡欧、パリ音楽院のポール・デュカの元で作曲をもう一度学ぶこととなります。この時にギター奏者のアンドレス・セゴビアと知り合い、ギター音楽の魅力に開眼するのでした。彼らの最初の出会いの際、ポンセはセゴビアに短い曲を贈ります。そしてその小品は後にソナタ・メキシカーナの第3楽章になったのでした。
1926年に書かれた第2番のギター・ソナタはスペイン市民戦争のために失われてしまいましたが、その翌年に書かれた第3番のソナタはロマンティックな雰囲気を持ち、幾分ドビュッシーやショパン風なメロディの中にスペイン民謡の香りが漂うものとなっています。
そして1928年の有名な「シューベルトを讃えて」と「ソナタ・クラシカ」の2曲は、ポンセの全ギター作品を代表する名作であり、擬似バロック風な構成と明らかにモダンな響きのコントラストが見事な、遊び心に満ちた作品となっています。長い間良い意味でのセゴビアの呪縛から逃れることのなかったこれらの作品ですが21世紀になった今、ツボルスキーの新たな演奏解釈の登場に喝采を送りたいものです。
【マヌエル・ポンセ: ギター作品集 第3集/アレクサンドル・ツボルスキー/ハイレゾ】

関連アルバム

一緒に購入されている楽曲

 | 

 |   |