アルバム購入特典付

・アルバム購入特典に歌詞は含まれません。
・特典内容については、jpg画像、pdfのテキストブックレット等、各アルバムによって内容は異なります。

ホルスト: 交響曲 「コッツウォルド丘陵」/他

アルスター管弦楽団, ジョアン・ファレッタ

ナクソスジャパン

2014/10/22

(P)2012 Naxos Rights International Ltd.
(C)2012 Naxos Rights International Ltd.

アルバム購入

ファイル形式

金額

購入

flac 96kHz/24bit

¥1,466

カートに追加

WAV 96kHz/24bit

¥1,466

カートに追加

※表示金額は税込価格になります。

単曲購入

 

 

 

曲名

時間

金額

試聴

購入

1
ホルスト: ウォルト・ホイットマン Op.7
0:07:21
¥262
カートに追加

アルスター管弦楽団[演奏], ジョアン・ファレッタ[指揮], ホルスト[作曲]

2
ホルスト: 交響曲 ヘ長調 「コッツウォルド丘陵」 Op.8 - I. Allegro con brio
0:03:34
¥262
カートに追加

アルスター管弦楽団[演奏], ジョアン・ファレッタ[指揮], ホルスト[作曲]

3
ホルスト: 交響曲 ヘ長調 「コッツウォルド丘陵」 Op.8 - II. Elegy: Molto adagio (In Memoriam William Morris)
0:08:35
¥262
カートに追加

アルスター管弦楽団[演奏], ジョアン・ファレッタ[指揮], ホルスト[作曲]

4
ホルスト: 交響曲 ヘ長調 「コッツウォルド丘陵」 Op.8 - III. Scherzo: Presto - Allegretto
0:04:54
¥262
カートに追加

アルスター管弦楽団[演奏], ジョアン・ファレッタ[指揮], ホルスト[作曲]

5
ホルスト: 交響曲 ヘ長調 「コッツウォルド丘陵」 Op.8 - IV. Finale: Allegro moderato
0:05:59
¥262
カートに追加

アルスター管弦楽団[演奏], ジョアン・ファレッタ[指揮], ホルスト[作曲]

6
ホルスト: 冬の牧歌
0:09:01
¥262
カートに追加

アルスター管弦楽団[演奏], ジョアン・ファレッタ[指揮], ホルスト[作曲]

7
ホルスト: 日本組曲 Op.33 - I. Prelude: Song of the Fisherman
0:02:30
¥262
カートに追加

アルスター管弦楽団[演奏], ジョアン・ファレッタ[指揮], ホルスト[作曲]

8
ホルスト: 日本組曲 Op.33 - II. Ceremonial Dance
0:01:33
¥262
カートに追加

アルスター管弦楽団[演奏], ジョアン・ファレッタ[指揮], ホルスト[作曲]

9
ホルスト: 日本組曲 Op.33 - III. Dance of the Marionette
0:01:39
¥262
カートに追加

アルスター管弦楽団[演奏], ジョアン・ファレッタ[指揮], ホルスト[作曲]

10
ホルスト: 日本組曲 Op.33 - IV. Interlude: Song of the Fisherman
0:00:47
¥262
カートに追加

アルスター管弦楽団[演奏], ジョアン・ファレッタ[指揮]

11
ホルスト: 日本組曲 Op.33 - V. Dance under the Cherry Tree
0:02:00
¥262
カートに追加

アルスター管弦楽団[演奏], ジョアン・ファレッタ[指揮], ホルスト[作曲]

12
ホルスト: 日本組曲 Op.33 - VI. Finale: Dance of the Wolves
0:01:46
¥262
カートに追加

アルスター管弦楽団[演奏], ジョアン・ファレッタ[指揮], ホルスト[作曲]

13
ホルスト: インドラ Op.13
0:15:46
¥262
カートに追加

アルスター管弦楽団[演奏], ジョアン・ファレッタ[指揮], ホルスト[作曲]

  • Info
  • Credit
ホルストといえば、「イギリス音楽の代表格」の作曲家ですが、実は様々な国の文化の影響を受けている人でもありました。Op.7の序曲は1899年、彼が王立音楽大学を卒業した頃に作曲されたもので、当時の作曲仲間に刺激を受けながらも、まだ自らの独自性を開発しきれていなかったホルストらしく、思い切りワーグナーの影響が見受けられる明るく朗らかな作品となっています。また、当時傾倒していた社会主義を唱えたウィリアム・モリスに触発されて作曲したのが「コッツウォルド」であり、こちらはイギリス民謡も多様されています。それ以前の「冬の牧歌」(1897)は学生時代の習作です。アルバム中、最も注目されるのは、日本の振付師、伊藤道郎から委嘱を受けた「日本組曲」で、こちらは全編を通じて日本民謡が使われているというもの。日本人ならたまらない音楽であることは間違いありません。交響詩インドラはインド哲学からインスパイア作品。彼の父の2度目の妻が神学者であり、その影響も多分にあることでしょう。

●レビュー
Fanfare, November 2012
""In the superb sound provided by the Grammy-winning producer and engineer, Tim Handley and Phil Rowlands. Definitely a winner.""

●録音
Recorded at Ulster Hall, Belfast, UK, 11?12 October 2011
Producer: Tim Handley
Engineer: Phil Rowlands
【ホルスト: 交響曲 「コッツウォルド丘陵」/他/アルスター管弦楽団, ジョアン・ファレッタ/ハイレゾ】

関連アルバム

一緒に購入されている楽曲

 | 

 |   |