Funk That Jazz

Mimmo Langella

SMOOTHNOTES

2016/03/12

(P) S2S Inc.
(C)GBMUSIC

アルバム購入

ファイル形式

金額

購入

flac 96kHz/24bit

¥900

カートに追加

WAV 96kHz/24bit

¥900

カートに追加

※表示金額は税込価格になります。

単曲購入

 

 

 

曲名

時間

金額

試聴

購入

1
Follow Me Now
0:05:10
¥300
カートに追加

Mimmo Langella[アーティスト], Domenico Langella[作詞], Giovanni Imparato[作詞], Domenico Langella[作曲], Giovanni Imparato[作曲]

2
Sco
0:06:09
¥300
カートに追加

Mimmo Langella[アーティスト], Domenico Langella[作曲]

3
Up Two
0:05:57
¥300
カートに追加

Mimmo Langella[アーティスト], Domenico Langella[作曲]

4
the Gig_una Razza
0:04:09
¥300
カートに追加

Mimmo Langella[アーティスト], Domenico Langella[作詞], Coleman Marcello Mario[作詞], Domenico Langella[作曲], Coleman Marcello Mario[作曲]

5
the Harmony of the Soul
0:06:56
¥300
カートに追加

Mimmo Langella[アーティスト], Domenico Langella[作曲]

6
In the Air
0:05:12
¥300
カートに追加

Mimmo Langella[アーティスト], Domenico Langella[作詞], Coleman Marcello Mario[作詞], Domenico Langella[作曲], Coleman Marcello Mario[作曲]

7
Come On
0:04:04
¥300
カートに追加

Mimmo Langella[アーティスト], Domenico Langella[作詞], Coleman Marcello Mario[作詞], Domenico Langella[作曲], Coleman Marcello Mario[作曲]

8
Jean Paul
0:07:05
¥300
カートに追加

Mimmo Langella[アーティスト], Domenico Langella[作曲]

  • Info
  • Credit
ブルージーな渋味が増したファンキー・ギタリストの2ndソロ

'98年イタリアにて設立された良質のジャズ、ブラジリアン、ラウンジ・ミュージックを届けてくれるレーベル”SMOOTHNOTES”より、ジャジーでブルージーでファンキーなギタリスト、ミムモ・ランジェラの’08年に発表された2枚目のアルバムがハイレゾで登場!
フランク・ギャンバレ、ジム・ホール、スコット・ヘンダーソン等に影響を受けた彼は、現在まで3枚のリーダー作を発表するする等のソロ活動の他に、イタリアのヴェテラン・ヴォーカリスト、ニーノ・ダンジェロのバックやTV番組のオーケストラやサウンドトラックへの参加等、イタリアを中心に精力的に活動中のギタリストである。アルバムの主な参加メンバーは、SMOOTHNOTESからリリースされている前作にも参加しているグイド・ルッソ(B)、パスクワーレ・デ・パオラ(Dr)、そしてスペシャル・ゲストとしてなんとミムモのギターの師である世界最高峰のギタリスト、スコット・ヘンダーソンが参加!
前作同様、太くてファンキーなボトムを元にしたファンキーなナンバーが中心のアルバムであるが、前作品との最大の違いは彼のリード・プレイにブルージーさが増した事。粘っこいチョーキングを中心にとてもタメが効いたブルース魂をたっぷり聴かせてくれる。とはいえジャズもルーツに持つ彼の事、時折見せるアウト・フレーズにジャジーな匂いを十分に感じる事ができ、独特で個性的なフレーズをたっぷりと堪能する事ができる。時折入るヴォーカル(ラップ?)もアルバムのとてもいいアクセントになっている。そしてなんと言ってもS・ヘンダーソンのプレイが圧巻!ナチュラルな歪みと無駄のないピッキングでの素晴らしいトーンと、アームを多用した変幻自在のフレーズにずっと耳が釘付け!聴き所はS・ヘンダーソン参加の3、5曲目「Up Two」「the Harmony of the Soul」、イタリア語のラップが新鮮な6曲目「In the Air」、スピード感溢れる8曲目「Jean Paul」。
黒くて重厚なファンキー・サウンドに、ブルージーな香りがふんだんに盛り込まれた、オススメのファンキー・ジャジー・ブルース・アルバム!

Mimmo Langella (guitar)
Antonio Fresa (rhodes, organ)
Guido Russo (bass, electric upright (3, 5))
Pasquale De Paola (drums)
Guests :
Scott Henderson: guitar (3, 5)
Marcello Coleman: vocals (4, 6, 7)
Giovanni Imparato: congas and vocals (1)
【Funk That Jazz/Mimmo Langella/ハイレゾ】

関連アルバム

一緒に購入されている楽曲

 | 

 |   |