シューベルト:五重奏曲 イ長調 D.667 「ます」

Fine Arts Quartet

S2S

2017/03/04

(P)Countdown Media GmbH
(C)S2S Inc.

アルバム購入

ファイル形式

金額

購入

flac 96kHz/24bit

¥1,050

カートに追加

WAV 96kHz/24bit

¥1,050

カートに追加

※表示金額は税込価格になります。

単曲購入

 

 

 

曲名

時間

金額

試聴

購入

1
Quintet in A Major, D. 667 "The Trout": I. Allegro vivace
0:09:07
¥400
カートに追加

Members of the Fine Arts Quartet[アーティスト], Harold Siegel, Double Bass[アーティスト], Frank Glazer, Piano[アーティスト], Michael Steinberg, Conductor[アーティスト], Franz Schubert[作曲]

2
Quintet in A Major, D. 667 "The Trout": II. Andante
0:07:25
¥400
カートに追加

Members of the Fine Arts Quartet[アーティスト], Harold Siegel, Double Bass[アーティスト], Frank Glazer, Piano[アーティスト], Michael Steinberg, Conductor[アーティスト], Franz Schubert[作曲]

3
Quintet in A Major, D. 667 "The Trout": III. Scherzo. Presto
0:04:15
¥400
カートに追加

Members of the Fine Arts Quartet[アーティスト], Harold Siegel, Double Bass[アーティスト], Frank Glazer, Piano[アーティスト], Michael Steinberg, Conductor[アーティスト], Franz Schubert[作曲]

4
Quintet in A Major, D. 667 "The Trout": IV. Andante. Theme & Variations
0:08:07
¥400
カートに追加

Members of the Fine Arts Quartet[アーティスト], Harold Siegel, Double Bass[アーティスト], Frank Glazer, Piano[アーティスト], Michael Steinberg, Conductor[アーティスト], Franz Schubert[作曲]

5
Quintet in A Major, D. 667 "The Trout": V. Finale. Allegro giusto
0:06:54
¥400
カートに追加

Members of the Fine Arts Quartet[アーティスト], Harold Siegel, Double Bass[アーティスト], Frank Glazer, Piano[アーティスト], Michael Steinberg, Conductor[アーティスト], Franz Schubert[作曲]

  • Info
  • Credit
アメリカのベテランカルテットと実力派ピアニストが共演を果たしたシューベルト作品

活動期間は長くないながら日本でも熱狂的な支持者を持ち、伝説のレーベルとしてカルトな人気を誇るアメリカのレコード・レーベル「Everest Records」の数あるライブラリーの中から、結成70年のキャリアを誇る弦楽グループ、ファイン・アーツ・カルテットの1958年に発表された作品がオリジナル・マスターよりハイレゾで復刻!

ファイン・アーツ・カルテットは結成して70年というキャリアを誇り、メンバーが入れ替わりながらもグループの伝統と・文化を守り続け、素晴らしい弦楽ハーモニーを聴かせてくれている弦楽4人組。これまでに200を越える作品をリリース、ラジオでの定期演奏やテレビ出演(エド・サリバン・ショーへの出演も!)や世界28カ国270都市での公演など、ワールドワイドな活動をしてきたグループだ。

今作で取り上げられているのは、フランツ・シューベルト作曲の『ピアノ五重奏曲イ長調 D667』。シューベルトが22歳のときに作曲され、ピアノ五重奏曲としては最後の作品となった。

ピアノで参加しているのは、アメリカ出身のピアニストであるフランク・グレイザー。2015年に100歳の誕生日を迎える1か月前に逝去したピアニストで、この作品の収録当時は43歳。21歳でデビューした当時から、シューベルトやバッハ、ショパンを得意としていた演奏家だ。

ファイン・アーツ・カルテットとのコラボレーションでは、展開毎にしっかりとした役割分担を行い、聴かせ処のポイントをいくつも作ってくれている。ピアノとヴァイオリンが競い合うように名演を聴かせる第1楽章は、今作のハイライトといえよう。

安定感抜群の演奏と、緊張感みなぎるソロ。この二つの要素を堪能できる1枚だ。

Under license of Countdown Media GmbH

※古いアーカイブになりますので、一部アナログマスターに起因するノイズが含まれております。あらかじめご了承下さい。
【シューベルト:五重奏曲 イ長調 D.667 「ます」/Fine Arts Quartet/ハイレゾ】

関連アルバム

一緒に購入されている楽曲

 | 

 |   |